写真集は他の書店やAmazon、楽天などのネットショップでもご購入いただけますが、甲斐扶佐義または八文字屋をご支援いただける方は、このホームページより直接ご注文いただけますと大変ありがたいです。(このホームページよりご注文いただいた場合、送料は別途いただいております。何卒ご了承ください。)


6/30 発売!


怪甲斐ワンダーランド ー ほんやら洞・八文字屋

Kwai Kwai Wonderland : Honyarado, Hachimonjiya

写真・文/都築響一
手描き/いしいしんじ&ひとひ
編集・発行/甲斐扶佐義
発行所/八文字屋
頒価/1,500円 *送料別途(+200円)
発行日/2020年6月
(A5判/中綴じ/フルカラー/40ページ)

--

コロナ禍に喘ぐ甲斐に救いの手を差し伸べてくれた都築響一さん(写真&文)、それに呼応してくれたいしいしんじさんの手描き文を交えて、この小冊子が誕生しました。
また、5月〜6月にかけて八文字屋募金に協力してくださった皆様のご芳名を、感謝の気持ちをこめて記載させていただきました。

このホームページにてご注文


京都ほんやら洞の猫

写真/甲斐扶佐義
発行所/エディション・エフ
定価/1,500円+税
発行日/2019年3月
(A5判/144ページ)
ISBN 978-4-909819-04-8

エディション・エフさんのホームページからもご注文いただけます。

このホームページにてご注文楽天で購入Amazonで購入

on reading

写真/甲斐扶佐義
発行所/光村推古書院
定価/1,200円+税
発行日/1997年8月

本書に収めた〈よむ・よむとき・よめば・よめ〉と、章立てされた90点近い写真は、1点を除き、いずれも1975年から1997年までの間に京都市内の私の生活圏で撮影したものだ・・・

ご注文ページへ

ツー・ショット

写真/甲斐扶佐義
発行所/光村推古書院
定価/1,200円+税
発行日/1997年8月

双児、姉妹、美女、ファミリー、カップル……私は毎日自分の生活圏でこれらの写真を撮り続けており、ここ10年程はその枚数が1日100枚をくだることはほとんどない・・・

ご注文ページへ

狸橋の子どもたち


写真/甲斐扶佐義
発行所/八文字屋
頒価/1,800円(税込)
発行/1991年6月

ご注文ページへ

2007年版 京都愛しの美女たち


写真/甲斐扶佐義
発行所/ほんやら洞
頒価/1,500円(税込)
発行/2008年7月
(B6判/並製/写真100点)

ご注文ページへ

1997年版 八文字屋の美女たち


写真/甲斐扶佐義
発行所/八文字屋
頒価/3,000円+税
発行/1998年6月
(B6判/並製)

ご注文ページへ

KIDS

写真/甲斐扶佐義
発行所/八文字屋
頒価/2,000円(税込)
発行/1991年7月


ご注文ページへ

ほんやら洞と歩く 京都いきあたりばったり

写真/甲斐扶佐義 文/中村勝
出版/淡交社
定価/1,800円+税
発行/2000年6月

京都新聞紙上での中村&甲斐コンビの大人気連載をまとめた第2弾!

解説:鶴見俊輔、井上章一

中村さんの文章は、甲斐さんのまなざしを、こまやかに、文字をもってほりのこした。写真に反写真をひそませる写真。新聞に反新聞をひそませる新聞。二つのジャンルが相互のりいれするところからうまれた、おもしろい文集だ・・・

ご注文ページへ

京都猫町さがし

写真/甲斐扶佐義
出版/中公文庫
定価/590円+税
発行/2000年11月


猫を探すと見えてくる町の素顔...。京都出町の喫茶「ほんやら洞」と木屋町の酒場「八文字屋」、二つの店の主人でもある写真家が、長年にわたり撮り続けてきた膨大な猫写真の中から選んだ150点・・・

カバーデザイン/南伸坊

ご注文ページへ

インドちょっと見ただけ

写真/甲斐扶佐義
発行所/ほんやら洞
頒価/2,000円(税込)
発行日/2009年9月
(B5判、写真100点、112頁)

1997年12月、「マラーノ学者」である小岸昭先生に同行し、インドの「離散するユダヤ人」の足跡をたどる旅に出た。場所はカルカッタ、ゴア、ムンバイ、コーチン。ぼくはたった一度のインドにすっかり魅了されて、バカスカ、シャッターを切った。インド旅行帰国後、活用されずゴミの山の片隅にあった数千枚の写真がこのたび奇跡的に出現した。そのなかから好きな路上写真を選んだ。

ご注文ページへ

1972年春、京都最大の学生街に
風がわりな喫茶店が出現した。
店には行列ができ、
ミニスカ・ノーブラの女たち、
長髪に髭モジャ男が働く。
輪転機、旋盤が無造作に置かれた店の片隅で
愛を、わいせつを、原発を語り、
自作詩を朗読し、シンガーが新曲を披露する。
──「ほんやら洞」とは何だったのか?
2015年の焼失まで、
それぞれの時代に其処に通った68人が
それぞれの「ほんやら洞」を追憶する。

八文字屋で購入&注文すると、小口に
「ひとまず閉店」の押印付き!

追憶のほんやら洞

編著者/甲斐扶佐義
発行所/風媒社
定価/1,800円+税
発行日/2016年4月
(A5判変形/並製/304頁)
ISBN978-4-8331-3171-1

このホームページにてご注文楽天で購入Amazonで購入


寄稿者68名

〈執筆者〉
ジェローム・ブルベス(アニメーション作家、九州産業大学准教授)/宮沢章夫(劇作家・演出家・作家)/神田稔(アジア系アメリカ研究、移民研究、会社役員)/荻野晃也(伊方原発訴訟、狭山裁判、電磁波環境研究所)/依田高典(京都大学大学院経済学研究科教授)/中川五郎(シンガーソングライター)/やんそる(Books×Coffee Sol. 店長)/木戸衛一(大阪大学)/鈴木隆之(建築家、小説家、京都精華大学教授)/松隈洋(京都工芸繊維大学教授)/飛鳥井佳子(向日市会議員)/渡辺浩平(北海道大学教授)/西成彦(イディッシュ文学、立命館大学教授)/切通里香(フリーライター)/アンドレアス・クレシグ(インスタレーション作家)/谷川渥(美学者)/萩原健次郎(詩人)/佐藤由美子(トランジスタ・プレス)/世良田律子(フリー校正者)/津村喬(気功家)/浮田哲(テレビディレクター、羽衣国際大学教授)/浮田潤(関西学院大学文学部教授)/豊田勇造(シンガーソングライター)/白山映子(東京大学大学院教育学研究科博士課程院生)/清水哲男(作家)/田中国男(詩人、画家)/土肥真人(東京工業大学社会工学専攻准教授)/佐藤守弘(京都精華大学デザイン学部教員)/稲山聖修(日本基督教団泉北ニュータウン教会牧師)/高山富士子(ライター、フォークソング運動)/宮原麻美(中学校教師)/木須井麻子(元八文字屋アルバイト)/野口修(つくばみらい市議)/内村育弘(シンガー、電気屋)/柳生邦子(看護師、元毎日新聞記者)/賀川真(元学友会中央委員長、広告代理店経営)/瀧津孝(ライトノベル作家)/井上章一(国際日本文化研究センター)/加藤学(映像プロデューサー)/アリステア・スウェール(ワイカト大学人文学部メディア学科上級講師)/中村勝(元京都新聞編集委員)/三上晋司(作曲家)/渡辺修(時事通信記者)/永澄憲史(元新聞記者)/吉田孝光(絵描き)/ロジェー・ワルッヒ(映像作家、ピアニスト)/東義久(小説家)/申芳礼(美術家)/上田晃久(漫画家)/中川萌子(京都大学大学院人間・環境学研究科博士後期課程)/津田篤太郎(聖路加国際病院リウマチ膠原病センター副医長)/宮越明子(詩人)/飯田朔(塾講師)/草壁カゲロヲ(VOGA座長・役者)/呉昊(パリ第八大学、水墨画家)/脇坂崇平(理化学研究所・認知心理学)/中村真夕(映画監督)/石井窓呂(編集者、学芸員、脚本家)/扉野良人(僧侶)/忠田愛(画家、京都造形芸大・京都嵯峨芸大講師)/セレン・チャルク(京都精華大学マンガ研究科)/レオポール・ダアン(漫画研究)/呉ジンカン(総合マンガ誌キッチュ責任編集)/菅谷奈緒(プログラマー)/渡瀬千尋(会社員、主婦、パーカッショニスト)/牧野真平(WIREDライター)/浜田佐智子(ブックデザイナー、甲斐助手)/甲斐扶佐義(写真家、ほんやら洞・八文字屋店主)


ほんやら洞日乗

著者/甲斐扶佐義
発行所/風媒社
定価/2,000円+税
発行日/2015年4月
(四六判/並製/660頁)

このホームページにてご注文楽天で購入Amazonで購入


*ほんやら洞炎上前後の385日の日記をまとめた、甲斐扶佐義初の文字本。

—ほんやら洞の二階の部屋がいまでもありありと目に浮かぶ。あの部屋は私の思い出の中では焼失してなどいない。あのままの姿で保たれているのだ。(ジャン=フィリップ・トゥーサン)

1972年、京都の学生街に岡林信康、中尾ハジメらが開店した喫茶店「ほんやら洞」。詩人、在野の学者、反戦運動家らの活躍の場として、内外の文化人から愛された伝説の“カウンター・カルチャーの拠点”であった。2015年1月、惜しくも火事で突然消滅した「ほんやら洞」最後の1年の激動を、写真家である店主が綴る。



70年代 京都 甲斐扶佐義写真集(電子本)

"70's Kyoto", Kai Fusayoshi (e-book)


写真/甲斐扶佐義
発行所/ペンシルランド
定価/824円
発行日/2017年9月
販売/Amazon Kindle
(55pages/日本語/English)


Amazon Kindleにて販売中!
Amazonの注文ページへ


*日本国外在住の方は、お住まいの国のAmazon.Kindleよりお買い求めください。

その他の写真集は、こちらの「ほんやら洞のホームページ」よりご覧ください。


*上記ほんやら洞のページの写真集は在庫切れの商品が多数あります。まずはお問い合わせください。








 

更新情報

(7/23更新)

●甲斐扶佐義写真展「ON THE ROAD」7/24〜8/1@Gallery SIACCA(銀座)の紹介記事が毎日新聞東京版に掲載されました。
●甲斐扶佐義展覧会情報を更新しました。(展覧会情報のページ)

(7/3更新)

カイ日乗(6/1〜30)を更新しました。

(6/30更新)

●小冊子「怪甲斐ワンダーランド」(写真/文 都築響一、手描き いしいしんじ、編集 甲斐扶佐義)を発行しました!ご希望の方は、こちらのページよりご注文ください。(頒価1500円+送料200円)ご入金後、発送させていただきます。

(5/22更新)

●「八文字屋募金」のページを作成しました。こちらのページよりカンパをお願いします。

近日のイベント・展覧会情報

●7/24(金)〜8/1(土)東京銀座のギャラリーSIACCAにて甲斐扶佐義写真展「ON THE ROAD」開催。大小さまざまな作品を展示予定。
5月よりギャラリーSIACCAでは「甲斐コーナー」で写真集、ポストカードを販売中です。
展覧会の詳細情報はこちら

お問い合せ&ご注文

こちらのお問い合わせフォームよりご注文ください。

お振り込みは下記まで↓

*クリックすると画面を拡大します。

PayPalでのお支払いもご利用いただけます。

カンパのお願い

八文字屋募金のページよりカンパをよろしくお願いします!


期間:5/22〜6/30