1. 甲斐庄楠音さん(1977)

ページトップへ

2. 鴨川のペンギンたち(1988)

ページトップへ

3. 朝のおつとめのサトル君(1977)

ページトップへ

4.鞠つき(1976)

ページトップへ

5. 生きている?死んでる?本物や!(1979)

ページトップへ

6.「見ざる聞かざる言わざる」くずれの大原女(1973)

ページトップへ

7. 銀行員と少女(1978)

ページトップへ

8. ゴム段あそび(1976)

ページトップへ

9. 路地裏の姐御たち(1976)

ページトップへ

10. いまでは迎賓館の内に消えた木立(1976)

ページトップへ

11. ダンボール回収の合間の一服(1976)

ページトップへ

12. 出町恒例の歳末売り出しアピールのチンドン屋の面々(1976)

ページトップへ

13. 自慢のぬいぐるみと散歩(1975)

ページトップへ

14. ゆく春を惜しむ老人と介護者(1994)

ページトップへ

15. お稚児さん(1980)

ページトップへ

16. 風呂敷マントに身をまといドスをきかせる少年(1978)

ページトップへ

17. 銘水汲み帰りのAKI君(1993)

ページトップへ

18. お座敷前の身支度に余念なし(1992)

ページトップへ

19. 毎日が引っ越し(1976)

ページトップへ

20. うらめしげに雨とカメラに目をくれる子ども(1975)

ページトップへ

21. 白人僧侶、出町デルタで何を瞑想する?(1996)

ページトップへ

22. ヤスで魚を狙う少年(1989)

ページトップへ

23. 氷屋さん(1975)

ページトップへ

24. 市電待ち(1975)

ページトップへ

25.「オーッ(法雨)のおっちゃん」へ喜捨(1994)

ページトップへ

26. かつて京都市長選にも立候補した幡新(2001)

ページトップへ

27. 一服する焼き芋屋さん(1976)

ページトップへ

28. 性のチビ暴走族たち(1977)

ページトップへ


29. 子犬をもらってくれと力説するおばさん(1976)

ページトップへ

30. 傘投げ遊び(1978)

ページトップへ

31. ろおじ(路地)(1993)

ページトップへ








お知らせ&イベント

(4/5更新)

開催中のイベント
4/3〜4/16 Andreas Kressig「パンダルマ / PANDARUMA」展 @八文字屋

カイ日乗(2/1〜29)を更新しました。
★2020年のKYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭は秋開催になりました。詳細はWebsiteをご覧下さい

●月刊「ふらんす」(白水社)連載

2018年10月号より始まった甲斐扶佐義(写真・文)「京都ノスタルジア - ほんやら洞・八文字屋の人々-」の連載は、2020年3月号で終了します。

●『日本カメラ』11月号の飯沢耕太郎さんの「歩く写真評論家」に「京都詩情」展の評論が掲載されました。

●「GRAPHICATION2 No.16」(電子版)に、「対抗文化のなかの『ほんやら洞』」が掲載されました。(下の画像をクリックするとWEB版をご覧いただけます)

・PCで閲覧する場合は、富士ゼロックスHPから、パソコンでご覧になる場合はこちらから電子版16号(2018年6月号)」のリンクをクリックするとWEB版がご覧になれます。

・無料アプリ(電子書籍版)のダウンロードについては、下記URLをご参照ください。タブレット端末やスマホでご覧いただけます。
http://www.fujixerox.co.jp/company/public/graphication/g2/

CNNのネット記事にほんやら洞のインタビューが掲載されました。

●ご注文受付中!
お問い合わせフォームまたは、メールにて
・お名前
・ご連絡先(住所・電話番号)
・希望の本のタイトル、商品名
・数量
をお知らせください。

お振り込みは下記まで↓

*クリックすると画面を拡大します。