2021.1/31(日)

松屋、5時。
「狐」から数十人の若者が出てくる。5時までやっているのだ。
女の子が「今日はイケメンおらへんかったな」いう言い方で帰って行っていた。戻って2時間作業。頭が悪くなったと痛感。郵貯、関田&竹村入金を確認。ミスドに行く。番茶、卵、鶏モモ肉を買って昼、Sに原稿を打ち直して貰いに行く。そして、またうどん。
奈良井さん、片山さん。あとは爆睡6時間。
僕個人は「貧困の文化」「文化の貧困」の中を生きる。
これからも変わり映えしないだろうが、仕方ない。
ゴミの中に潜ったまま生きよう。ずっとそうして来たのだから。
背伸びも要らない。上底もだめ。
これまでは、上底、背伸び、虚飾がやや過多だって?まあ、いいさ、質素に暮らそう。巷の子として。

ページトップへ

2021.1/30(土)

ボワトーさんの写真展へ。
極楽寺には顔を出すだけ。
八文字屋のお客さんは昨日は塚田ユカリ先生ひとり、今日はエリオ先生ひとりだけでした。エリオさんとは、日本で最初に死刑になった菅野スガのことを少し喋ったが、瀬戸内晴美の50年以上前の小説「遠い声」の記憶だけでほとんど何も覚えていなかった。今、イタリアで株が上がってきたと言う。エリオが図書館で本を借りると言っていたので、教えて貰わなければ。金関のデモにエリオが顔を出した時は、偶々かも知れないが、少人数で年寄ばかりで寂しくなったという。その点はイタリアと逆という。イタリアでは、若者が中心と。
今日も20:00に八文字屋は閉店しました。
2、3日不調なのでルーティンを保たねば。
客はエリオのみ。

ページトップへ

2021.1/29(金)

8時に起きても何も出来ない。でも、家で寝る方が楽!
松屋。コレクション。
塚田先生が来ただけ。

ページトップへ

2021.1/28(木)

松屋、朝飯定食売切れとのこと。
ひとつ借金を返す。
ターニャパーティでレコードプレーヤーを貰うが、音を出せずじまい。
橋本猛さんの病床から送られてくる浅川マキの“YUGURENO MANNAKA”を聴き、“夕凪の時”“それはスポットライトではない”を聴き、1977年11月19日の浅川マキを聴き、おれは直ぐ近くにいたのになにをしていたのだろう?とふと思ったら、こっちは4月30日に写真集を写真を止める記念に出し、高史明、松田道雄の支援を得て、京都新聞でひと月近くフォト&エッセイを連載しながら、度々、奈良通いをしつつ「ベスト・キッズ」のパット・モリタの娘のミドリさん(彼女が甲斐写真をエバーグリーン州立大に持って行った)と中山容さんと僕とで苦労しながら、ジェームス・エイジー(写真はウォーカー・エヴァンズ)の“Let's praise this famous man”の輪読会もやっていたのだった。とても非現実的な日々で中川五郎猥褻裁判支援&岩国の「ほびっと」裁判支援のために10月15日の「ただの人の優しい裏切り」@同志社学館ホールで柄でもないのに矢面に立たされ司会役で数百人の聴衆を前に大失態を演じたのを思い出した。出演者は、いいだもも、ヨネヤマママコ、伊藤一葉、中川五郎だった。岡林信康は(連絡を忘れているのに)来るものと思い込んでいたが、彼は高倉健とのブッキングしていた。終わった後二重の失敗をやらかしていたのが発覚して大ショック。ヨネヤマママコの信用は失うわ、半年の自慢の撮影もパァー。こっそり第二写真集を出すぞ!意気込んでいたが、一気に意気消沈。マキ@西部講堂どころではなかったんだと思い出した。マキに関しては197310月末、その前に大阪の地下街で立ちんぼで自分の詩集を売ろうとしても全然売れず沈んで日大の元全共闘議長秋田明大がほんやら洞に日参していたが、僕と中尾ハジメは丁度、ほんやら洞から引いて比叡平に大工通いをしていたので、すれ違いで会えずに終わるという事があり、オイルショック騒動を挟んで、その後、マキはある男に騙されてほんやら洞に来れば岡林信康に会えると思い、3日間、1日2回のライブをやったのに、岡林に会えず、マキがガッカリするという一幕もあり、僕ら的には申し訳ないとは思っていたが、西部講堂の事は、頭の中にこれっぽっちもなかったのだった。その一年後くらいに西部講堂でユージン・スミスの「水俣展」をやったのだった。マキ@ほんやら洞の少し前に、京大の演劇部「猫の壺」の鵜飼哲、蜷川泰司、木村紫光の各氏らの第一回ほんやら洞公演もあった。
その前後の事を「ほんやら洞の青春」(月曜社・予定)にスッキリ書くのに少しばかり手間取っている。実は写真集出版直前の奈良通いの最終日に崖から飛び降りてカメラを地面に強打し壊れていたのをその日(4月18日)以降、写真をやめたといつつ壊れたカメラで内緒で10月15日まで撮り続けて現像せずに冷蔵庫に保管してた自信作の五百数十本のフィルムをまとめて現像したら全てアウトというショックなことがあったのだった。ヨネヤマママコの楽屋裏でのスッポンポン写真もステージ上の演技写真も全て。その後、ママコさんはぼくが秘蔵しているものと思い続けて、あれをだして頂戴よ!と15年後にも連絡があったくらい珍しいショットだった。

ページトップへ

2021.1/27(水)

時短給付金の書類を出したのだが、税務署への申告書類が違うと言ってきた!
そんな馬鹿な!?他も全て、これで通しているのに!
朝小雨そぼ降る。
昼、帰宅。
Sに久しぶりに会う。
やり方が悪いというよりコピーを何枚も紛失していた。
姉、相当不調。
めん亭に行く。色鉛筆を買う。
琢ちゃん、エリオ、冨樫が客。
明日、ターニャの誕生日。パーティ。

ページトップへ

2021.1/26(火)

何故かぐったり。Good Artのフライヤー落掌。
午前中2度も外に出る。それくらい苦しい。
進展なし。
英恵さん来店。
8時以降の来訪者多し。
すべて断る。

ページトップへ

2021.1/25(月)

三宅さん、ボワトーさん、奈良井さんで終わり。

ページトップへ

2021.1/24(日)


9時にご飯を食べ、八に戻る。
同じような自分の文章にいやになる。
琢ちゃん、奈良井さん。で終わり?
K-Keiが辛かった。

ページトップへ

2021.1/23(土)

エバーノート打ち出し、量の多さに愕然とする。
コレクション。
田中さんが小芋とイカのたいたんをプレゼント。
ターニャがセルゲイ同伴。
「愚かさと戦え」と落書きして帰る。
2時半寝る。

ページトップへ

2021.1/22(金)

ルーター充電に1時間。
ストレスが。
6時起床から7時まで起動させようとする。
ルーターを変更しろということか?
松屋で朝食。シャケ+とろろ+ご飯大盛り。
夕方、稲山さんが、同女の最終講義を終え寄り、西川浩樹さんも仕事がらみでした。

ページトップへ

2021.1/21(木)

弁護士事務所から手数料取り損なったと電話。直ぐ入金。
久しぶりに安物の蛍イカ、安寿司。
2時八入り。電気点検。
今日は、田中君、秀美さん、冨樫ちゃんの3人が来てくれ、少し地団駄したけど、これから頑張ろう。
後半は、無利子無担保の4千万円の貸付金問題、バイデンのアメリカの話で盛り上がりそうだったが、向かうべきとこに向かう。
姉は、ここ1週間ほどずっと寝て過ごしている。心配だ。

ページトップへ

2021.1/20(水)

大野晋「日本語以前」加藤典洋「村上春樹は、難しい」藤原辰史「縁食論」を買う。
中村勝さん(2・3年前に死んだ京都新聞編集委員)と山科、西京区を取材している夢をみてた。「中村さん、もう一度記者をやりたくなっただろう」というと「うん。こんな歌も知らなかったな」と天童よしみの「熱か、熱か」や“Those are the days”がどこからとなく聴こえて来て、五条堀川辺りには暗渠かと思えるくらい低いクリークがあり、わたし船のような公共機関と古い市バスが同居しており、山科は山々の盆地で「中村さん、こういうロケーション取材しなかったなぁ」と言い、若い記者に「こういう山々をバックにして中村勝さんと一緒に撮ってくれ」と頼む。そんなやり取りをしている間に中村さんは特養ホームから出る気を起こす、そんな夢だった(笑)。僕も若返っていた(夢、笑)。

9時半、松屋そしてセブンイレブン、郵便局。
大家の保険金入る。
ヒルゲートで佐藤能史さんに会う。
ヒルゲートも超暇。
3時八文字屋。
昨日の千津さんにカツを入れられ、初めてカミュの「ペスト」を読みはじめると引き込まれる。ヤバい。
奈良井さんのみ。
2時帰宅。

ページトップへ

2021.1/19(火)


6時松屋。戻って2時間寝る。
11時業務スーパー。
11時過ぎの木屋町通に粉雪舞う。
34~37年前には八文字屋に住んでいたのを思い出す。
もっと元気だった。
千津さん、エリオ、山拓さん来店。
千津さんは2つの用件にちゃんと応えてくれる。
僕はスッカンピンな日々(笑)。
カミュのペストか。53年前のシジュホスの神話がアカンかった。
今日は、姉と喋っていて懐かしいことば「ピーカン」を聴いた。
大分はピーカンらしい。
ついでに、姉が軒下に干していた干し柿の大半がぬすまれ、レモンの木も実がなっていたのだが、酷い折られ方をしているという。
不景気下では色々起こる。
21時帰宅。初めて。

ページトップへ

2021.1/18(月)

3時40分起床。
2、3回寝直して7:30に八文字屋を出て、松屋、ミスタードーナツ、鴨川。
Sにドーナツを差し入れ。後、散歩。15:30小出洋平さん来店。
浅利ちゃんのメール。
「同じフロアで陽性者出たから水曜日休みますね…もちろん濃厚接触者じゃないんだけど、会社が大騒ぎしてるのよ。笑
甲斐さんごめんねーーー
…じゃあしばらく出るのはやめときます。仕事早く終わるときに顔だすね」

ページトップへ

2021.1/17(日)


木戸衛一さんが大晦日来八出来ず、ごめん!のメッセンジャー。
9:15の出町ふたはにはもう行列。
ミスタードーナツも満席。
仕方なく河原でiPad弄り。コレクション。森見登美彦はコレクションも登場させているのか。
家で1時間半寝て八文字屋へ。
業務スーパー1200円の買物。書初めの書を八文字屋で飾る。
ナオコさん、ほんやら洞を再建するならジェロームにアパートを売らせて応援するという。ジェロームが京都に居つかないようなので、ヨットを買って、ヨット遊びをしておけと言って居るのだという。郷田の嫁、宮川さんと付き合いあり。宮川さんは今熊野でゲストハウス経営予定と。ジェロームは中原昌也の「子猫が読む乱暴者日記」(河出文庫)に興味を示し、買おうかな、と。
英恵さん、アスタルテ書房で塚本邦雄の斎藤茂吉本を買ってくる。お母さんは一関出身(東京女子大卒)お父さんは1950年の早生まれでぼくと同じ歳(東工大卒・東洋工業の社長まで上り詰めて)クラシックギターの日々で「母に弾圧されている」と。2人は駆け落ち。奈良井さんは来月から年金を貰う方向に舵切る直すつもりという。そのため?に明日、バイト探しに行くと言う。暫し、横になり、首を労わる。
8時、外で客の気配あり。無視。
ジェローム&なおこさん。¥1300+カレンダー¥3300、金井英恵さん¥6600。河出さん¥1200、奈良井さん¥1000。
姉、短大の同期生のボケ話。
1:15に八文字屋泊。

ページトップへ

2021.1/16(土)

気がつけば10時前。慌てて、松屋。食べている内に雨。雨の中をみかん、バナナ、蕪買いに行き、Sの家へ。金井さんが八文字屋は何時オープン?とメール寄越す。
午後、ヨシレイさんのプレゼントの參鶏湯等、有田家からのジンギスカンの準備。白ワインを家に忘れているのに気づき、取りに帰る。
センター試験中。レオ、宗ちゃん、段ちゃんが来る。皆、手土産持参。
5時頃に田中さんが八文字屋は何時オープン?と電話をして来る。煮あなご入りのパックを残して帰った。
八文字屋は19時直前にオープン。客なし。

ページトップへ

2021.1/15(金)

火災6年。
秀美さん600、塚田エリコ先生700。
佐久間文子「文学界事件簿」(文学界創刊1000号記念特大号 2021.2)をいっきに読む。どれくらい準備をして書いたのだろうか?大変な力作。事件は「『近代の超克』と日本の『n・r・f』」「『第三の新人』の名付け親になる」「石原慎太郎の衝撃」「『政治少年死す』の封印」「『火花』で初の増刷」の五つの事件について見事な考察を加えた。
俺は、この4日何もしていない。
何も出来ず。

ページトップへ

2021.1/14(木)

松屋、鴨川、会場、ルネ(月刊誌と古井由吉の「書く 読む、、」)、コレクション、自宅、ルネ(食事)、業務スーパー。
16:00八文字屋開店。家賃965円不足と電話。
17:25 松場光ちゃん、陣中見舞い。修論と退官教授との読み合せ(来年3月まで)で大変という。
琢ちゃんが18:55に滑り込みセーフ。信州スキー旅行とおウチの秘話開陳。
20:00にターニャが4人できたが、アウト。
売上は600+7000円。

ページトップへ

2021.1/13(水)

家賃給付金入る。八文字屋の家賃入れる。
松屋。
セブンイレブン、今日からイートイン使用不能。
血圧172/96。脈90。体温36.5度。体重99.9kg。(脈はこんなにあるはずなし。体重も100.9から1kg引いただけ。)
介護保険料を払いに行こう。
時短給付申請。
陣内由香さんよりカンパ。
ルパンとこに顔を出す。琢ちゃんいる。末川協さんとすれちがう。
16:10入店。
ダラダラする。
当面は、高血圧を騙し、騙し、月曜社の原稿をやりきるだけだ。
徹底的にハイペースでいこう。でないと、出来ない。
今日はひと仕事終わったので飲む。閉店9時。

1月11日までは休業補償の形で時短要請で21:00閉店だった??
明日からは緊急事態宣言で飲み屋は20:00閉店。
昨日、今日はその合間。要請もない。宣言による規制もない。
酒飲みは隘路を縫って飲み屋(例えば、八文字屋)で飲むのは、昨日、今日しかない(笑)。
いや、京都は昨日、今日も21:00閉店要請があったか!?
お客。奈良井1000円、K-Kei 3600円、エリオ1800円。浅利。
八文字屋泊。

ページトップへ

2021.1/12(火)

8時に目を覚ますも起きれず。
外の路地にはうっすら雪。京大の猫も緊急避難?でやや高い木の切り株の上に掛けている。
八文字屋の大家の保険会社、未だ入金せず。林弁護士は来週も入金が無ければ、別の手を講じるとメールあり。
10時20分松屋。
桑原さんから今日から時短給付金に関しては受付開始したよ!早く手続きしろという。

Kさんの感想。
「甲斐さんの日記走り読みさせていただきました。生々しいですね。こんなふうだったのかなあと想像したくな臨場感があります。ぶしつけな言い方ですが面白いと思いました。編集者や記者としてというより個人的な感想になってしまいますが。
まだ20代ですか甲斐さん。何かを探しているようなところ、打算的な若手にうんざりするこちもある今の僕からすると、うらやましさも感じます。
こういう世界をあまり知らないであろう今の若者はどう読むんでしょうかねえ。
キムさん、スティーブン、サムうんぬんかんぬんと固有名詞が沢山出てくるので、整理して読むのに時間はかかります。注釈に巧みさがないと、ほんやら洞の世界に即座には入っていきにくいということは感じました。
実名だから迫力があるわけですが、名前を勝手に出されてしまったと怒る人がいないか。気がかりではあります。
登場人物たちが自分で描くとまた別のものになるかもしれないので、そこはどうなのかなあ。」

時短給付金用に何の資料が不足かチェック。
ヒルゲート寸見。
神屋君来店。ユー・クーのユーとピンのことを聴く。好きな作家はだれと面倒くさいことを訊いて来るので相手にせず。少し可哀想だったかな。
佐古田晃朗君、保存写真の画像を送ってくれる。
狭間の姉に電話をする。八女にいる兄(1年1月上)は数年前からパーキンソンで全く会話は成立せず、時々「あー、あー」と吠えるだけで、連れ合いは1日8回襁褓を替えるだけで草臥れ果てているらしい。
僕が直に聴く話ではないが、遠方にいる高齢の姉、兄たちは何か手伝える訳ではなくもどかしいと姉は言う。それぞれ、明日の我が身に何が起こるやもしれないので、兄嫁に労りの声を掛けるしか出来ない。良い医者と介護士が居れば状況が違うというが、仕方ない。
今日、まだ、原稿を書けてない。
10時過ぎの外人客断る。
2時帰宅。

ページトップへ

2021.1/11(月)

9時起床。9時半松屋そしてセブンイレブン。
で。ジャン・ポールさんに会う。ミスド。Sとラーメン。
宇波彰が亡くなったか。分からない世界のことを読みやすく書いてくれていた。
姉、昨日よりあるいたとのこと。
ヨシレイさんが、ヘルマン・ニッチュの映像を送ってくれた。
「昔、ベネツィアかどこかのアートフェスティバルで、パフォーマンスの記録写真とビデオが大きいサイズですごいスケールで展示されてて、圧倒されて、これでいいんだと思ったのです。」
出勤路でいつものお兄さんは身軽になって帰って来ているのを発見。やはり、この辺りに愛着があるのだろう。
17時八文字屋開店。
大分の姉の知人、意識不明で「6日間」も自宅でたおれていたという。そんな訳はないはずだ。
アイタ!ギャラリーヒルゲートの「折々の作家たち展」は、明日からだと思っていたが、今日からだった。大失態。
今日も結局、お客さんは週に一回来て2,3時間、京都の知人の医師、病院の問題点、原発問題解決に関して処方箋を自分は持っているとビール一杯を舐めながらほぼ独り言で喋って行くフリーの医師Cさん1人でした。結構、キツイですね(笑)。
2時20分帰宅。

ページトップへ

2021.1/10(日)

起き抜けに松屋、セブンイレブン、賀茂川葵橋、自転車屋Eirinへ。
葵橋付近は12時半でも流れは滞留し凍てついていた。
自転車のライトは3日前から作動しなかったので、交換¥1145。
八文字屋のトップ客は、今日もカレンダーを買いに来た塾講師の伊藤雅子さん。ついで、奈良井さんこ、そしてK-Kei、玉ちゃん、浅利ちゃん知人の黒ちゃん。奈良井さんは木曜日に金曜日から首!と宣告を受けたという。酷いもんだ。でも、明日は、違う口に面接に行くと言う。
草壁カゲロヲ、今日から草壁豊とし、ヴォガ退団を宣言した。
浅利ちゃん入り。
姉少しウォーキング。

ページトップへ

2021.1/9(土)

氷点下の朝の散歩。風景の番人よろしくジャン・ポール・ルパップ先生が会場前ベンチで何やら作業中だった。声を掛けると「おお、よかった!今、寒気で身体が震えてているとこだった」と言って鼻水垂らした顔をあげた。
「わかったよ。台湾の火事の背景。怖くて震えていた。ベルギーとフランスの非常に優秀な学者がヨーロッパの6つの製薬会社を背景にした学者組織から追放されて台湾で研究していたんだ。マラリアに効く薬の開発等をやっていたのだが、それが爆破されたんだ。28年前の血友病の薬の開発問題で起こったこと同じことが起こったんだ。で、今、記事を書いているとこ。ちゃんと書くには膨大な資料を博捜する必要があるけど、判ったんだ。判るでしょ。例の金融筋の動きね。コロナが簡単に解決するのを拒んでいるんだ」
僕は今、この時、変な陰謀論に巻き込まれてたくないので、どこに発表するの?と訊いて、今日はわかれた。

何も進まず。
弁護士にメールするも休み。
収入も無し。
世間は3連休らしい。
ウチとらは6週以上連休みたいなもんだ。
今日も当然のように坊主を予想。

客も無し。
しばらく忍の一字。
生まれ変わるに近いか(笑)。
25年の約束を果たす。
名古屋の伊藤さん、カレンダー2部買いに来る。

Yさん、日記を覗いてくれる。
「甲斐さん
1975年、1976年の日記、のぞき見してみました。
この甲斐さんの30歳前だから、驚くことも無かったけれど、まあ~楽しかったでしょうね。今となっては後悔や反省も愛おしいといったところ。
甲斐さんの生まれつきの豊穣な心身と、京都という地域にサポートされた時代、世代的混雑が妙な魅力を醸し出し。
カオス的時間がフレッシュで、滑稽(天真爛漫な)な記述がいいリズム。
私は1970年生まれだけど、バブルを日本で暮らしてない気がする。長野の真ん中360度山に包囲保護されて育ち、そのまま1989年のソウルに行ってしまったのは良かった。
父の姉は韓国の韓国人と結婚してすぐに、旦那がスパイ容疑で捕まりそれこそ大村刑務所に収監され、父が28歳のときに爺さんは韓国に帰ってしまたから、長男のちずはあちこち走って、姉の旦那を釈放させるところまで行ったが、やはり強制送還されて、、、などなど、甲斐さんの日記とだぶる事件も身近にあったのが、どこか親しみ深い。
人々たちは、計算や犯罪と遠い所で生き延びようとして、甲斐さんの20代は、自由とはなんぞやの、、しかもそれを極めるのに手段方法は厭わない時代の流れもあったでしょう。しかも甲斐さんとその周辺の人たちの、行動ともなえ知的欲求度ははんぱ無かったでしょう。京都の日差しを浴びながら。
もう私の世代でも大分違う、浅い経験しかでき得ずにいてね、
豊かさとは何だろうと思うのです。
私が中島みゆきが好きな理由のひとつに、彼女は個人的な場所と社会的な場所を繋げては放射させる力があって、しかもそのリピートが止まずにいることがあります。甲斐さんもそういうタイプの表現者ですから、写真作品、出版、展覧会、人間活動の生なましい交流の場を酒という泉の元に経済活動、そして何と言っても、普遍的な個人の物語りの披露(そこに共鳴と引導の響きあり)をする事で、ひとびとを愛撫するような行為までに到達できる。
甲斐さんがいいんじゃないかなと思ったら、するのがいいと思います。

ええ~っと、日記を読んだあとに正直、「やっぱり甲斐さんは典型的男だな。」とあちこちの記述で思い、また、女性関係の記述では、やけにスローモーションになってしまった。
私が同じ場所でおなじ時間に会ってたら良かったのにと思うことも今までありましたが、ま、良かったよ、今で。
苦しかったと思う。

それから、この後、
この日記を読んで暫く時間を過ごした後、私が好きな、共鳴してるアーティストを久しぶりに思い出しました。リンクを何か送れたらと思います。上手く行くかな。後で送ります。
それでは。」

ページトップへ

2021.1/8(金)

南正人が亡くなったか。
2度しか喋ったことはなかったが
数年前、ここ、八文字屋でも歌いたい。なんで俺もっと早く八文字屋に来なかったのだ、と呟いてました。
8時起床。寒いので、家でウダウダしてた。
松屋、セブンイレブン。
会場。今日、午前中の散歩。
会場前にはジャン・ポール・ルパップ先生がいた。暫く邪魔せずにいたが、声をかけた。「挨拶、ありがとう。今、イギリスの首相の素性をみている。調べ上げてしまってないが、やはり『死の商人』の筋だな。どいつもこいつも酷い奴ばかりだ。日本、酷いの、解っているよ。逆コースだ。留学で来て寄宿舎生活で判ったよ。軍事教練と一緒だ。アランは解っていたよ。だけどね。民衆もだまされるのだ。騙されすぎだ。弁天さん前の展示の解説良かったね。あれ、どこに行った?相当考えて書いたでしょ。米軍も日本の権力もほんやら洞と地元住民が仲良くするのをイヤがっていたんだ。判るよ。今日、ルネの食堂開いているかなぁ?後で行く。
ミスド少し寒し。
散らかったネガ少し整理。
店に入ると煌々とスポットライトが点いていた!チョンボ。
北口さん、田中君しか来ず。
お釣りが無く、2人ともツケ。先日の増山さんも。
原稿進まず。

ページトップへ

2021.1/7(木)

浜田家に北前船の台帳が残っていたと京都新聞に載る。

五郎さんが読んでくれた。
「あけましておめでとうございます。コロナ感染拡大が終息したらぜひまた八文字屋などで歌わせてください。ほんやら洞日記、ぼくは登場人物をよく知っているので、とても面白く読めて、リアリティもありすぎですが、当時のことをよく知らない人が読むとどうなんでしょうか? 普遍的な感じもしますが。実名はすごいですね。大丈夫ですか?名前変えてもわかる人にはまるわかりですね。貴重なので何かいいかたちで残してほしいです。どう公表するか、やり方がとても難しいですね。」

久しぶりに家賃、管理会社より督促。
8時起床。10時松屋、セブンイレブン。
八文字屋。片山さんひとり。
36年で10:15帰宅は初めて。神林さんから不安とのメッセージあり。

不正があった!とんでもない不正だ!バイデンは中国共産党と密通している!
この証拠さえ暴露すればトランプは勝てる!という声がカウンターに座っている親しい客のスマホから聴こえてくる。
そりゃ、不正はあるだろう。ある意味、どこもここも不正たらけだ。
それでトランプが正しいと言うの?二階も誰も彼も中共と密通しているバイデン一派だ!
そんなことを言って、この100年以上も前からアメリカ政府がアメリカに集まる民衆をいたぶり続けた歴史が免罪されるのか?それに対する過酷な闘いが繰り返されたかを忘れるのか。
香港で民衆が中国政府に弾圧され、香港の息の根が止められようとしているのに、それに抗議の声明を出さないのが免罪されるのか?
国家史観が生き続けているのが堪らない。
対岸の火事を見物しながら、俺はどうしたら不利益を蒙らなくて済むかという思考に流されたのではまずい。まずすぎる。

姉と日向太、海人彦の事を喋る。

ページトップへ

2021.1/6(水)

朝起きたら日向太からメッセンジャー。コロナ禍にアメリカで巻き込まれたが、軽症だったと。保険に入っているかと逆に心配される。連れ合いも「元気で~す」とのこと。
なんやかんやいい、1月6日までに年賀状を出し終えるのは初めて? 
中小企業庁の書類、今度は上手く行きますように!
八文字屋。伊藤豊さん、増山実さん、奈良井さん、K-Keiのみ。
浅利ちゃんに昔の日記を読んで貰う。
今日一日サボった感じ。今日はややダラけた一日。
年賀状かき、45年前の書き物の公表の妥当性を親しい知人に打診、「日没」読みに終始。八文字屋は、今日も静かな夜でした。
作家の増山実さんが見えて、二人で2ヶ月間だけのささやかな秘密を守ろうと約束。奈良井さん、K-Keiも来て、3人丑年会を祝杯を上げ、Sが宮津から持ち帰った蟹の菓子にニギス、鯵の干物をみんなで食しました。
2:50に帰宅。

ページトップへ

2021.1/5(火)

4時半に目を覚ますが、再度横になり、ゆっくり目を覚ます。
9時に松屋。鴨川逍遥。大家からの郵便局入金確認も虚し。
帰って2時半迄寝て、八文字屋へ。
6時過ぎに三宅さんが顔を出す。富久さん&田村精太郎&女性来る。ガウチョのマスターの弟さん、ヒデタロウは顔を出すも入らず。精太郎は「橋の下大学」は自分と栢下がやったのだ!と言い募るが、運動をそう狭めて言うことはない。
才谷遼さん、高橋宗和さんにメール。
高橋さんが小俣さんにメールしろと言うのでやや長めのメール。

姉不調。
20:30客なし。されど、帰宅すれば寒し。
年賀状発見。半分書く。
2:20帰宅。

「こんばんわ。昨年母が94歳で亡くなり、新年のご挨拶は控えています。これで親族は、甲斐さんの同級生の真美姉さんと2人きりになってしまいました。マミたんとは、月に1~2度消息を、いや安否確認しあっています。元気です。
本の件は高橋宗和さんから聞いています。テーマや時代は、実に興味のあるところなので、読ませて戴きます。
このメールに書かれている方々は、私の青春時代に様々な影響を与えた人が多く、名前を伺ってとても懐かしい思い出されました。
コロナがひと段落したら、是非高橋宗和さんとぶらり京都の旅に出かけたいと思っています。
どうかお元気で、再会できることを楽しみにしています。」

宗ちゃんに76年日記を読んでもらったら、返事あり。
「甲斐さんの写真はその場の空気の刹那を切り取る良さがありますが、甲斐さんの文章はその時間の空気も含むショートムービーみたいで好きです。」

ページトップへ

2021.1/4(月)

鴨川逍遥展の保険にやっと入金。松屋、セブンイレブン。
大家の損害保険の入金、何故大幅に遅れている。
「ベルセルク」少し見る。
京都かららしい八文字屋やってる?メールはあるも即不来店で、もう来ないと思っていたカルティエの社長の宮地純ちゃんは連れ合い、友人と久しぶりに顔を出す。明日、鴨川ジョッキングで「鴨川逍遥」を見るという。同時刻に田中直子さん&伊藤耕太さんに飛び込む。 
エリオは最後に大阪のダンサーと来店。
何故か、何十年ぶりかの吐き気と冷汗出る。
八文字屋に2時沈没。
姉不調の様子。

ページトップへ

2021.1/3(日)

8時起床。
年賀状紛失。
松屋、セブンイレブン、会場そして八文字屋へ。
八文字屋。チャンさんに会って玄ちゃんは喜ぶ。片山さんは明日、2時間掛けて伊勢に行くと言う。ケイスケ君らコロナビール3人組(ケイスケ君は暫し京都とはおさらば)、奈良井さん、チーちゃん&鹿さん(玄ちゃんも含めヘリングチーム)合流。アリスというメキシコ女とスペイン人。チーちゃん、オッパイを出してチョイ踊り。
2時帰宅。
姉不調。明日、病院。

ページトップへ

2021.1/2(土)

3時半から9時半までぐっすり眠れた。
松屋、大国屋、セブンイレブン。
12:15に入店もしんどし。結局、エリオと片山さんが来店。片山の米欧州軍オーストラリア軍が中国を一斉攻撃するというまことしやかなデマを、また、喋る。エリオ「は、「ベルセルク」は文学としても自分の十指に入ると言う。
鈴木マサホさんが、鴨川逍遥写真展の紹介をしてくれる。
兄貴から姉に電話。「この頃、顔を見ないなぁ」と。おめでとうと言いたくて電話をしたはずだったろうに、気圧されてかよう言わん。
2時半帰宅。

ページトップへ

2021.1/1(金)

3時半寝つき、5時起床。8時まで寝直す。
「鴨川逍遥」には挨拶してきた。
姉と新年談義。兄が格好つけて、甲斐家の雑煮はアゴとカツヲ出汁といっているらしく笑ってしまった。
松屋朝食。
賀状。臼倉恒介、NHK寺田有希アナウンサー、武久出版の加藤啓、建築家川上聡、中村政温公認会計士、タウンタウン、山香町の豊田哲治、高橋宗和、高橋和孝・幸子、けやき法律事務所、有田洋造、稲田紀男(敬称略)。
鴨川登り。会場、セブンイレブン。写真収穫なし。
保険請求書あり。

昨日は大晦日ということで、つげ義春の大晦日に書いた「日記」周辺ばかり読んだ。
桐野夏生もつげ義春と原稿書きの合間にちょろちょろと読んでいる。
客はエリオだけ。売上は600円。エリオにバナナ、みかんをどうぞというと、今度貰い物のオレンジ、さつま芋がたくさんあるので、持ってくるわと言われる。お互いに同じような正月の過ごし方をしているようだ。

ページトップへ








 

更新情報

(4/11更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、4/12〜5/5まで、営業時間を20:00(L.O.19:00)までと変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(4/10更新)

カイ日乗(3/1〜31)を更新しました。

(4/3更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、4/5〜4/11まで、営業時間を21:00(L.O.20:30)までと変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(3/15更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、3/15〜3/21まで、営業時間を21:00(L.O.20:30)までと変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(3/10更新)

カイ日乗(2/1〜28)を更新しました。


(2/28更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、3/1〜3/14まで、営業時間を21:00(L.O.20:00)までと変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(2/10更新)

カイ日乗(1/1〜31)を更新しました。

(2/7更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、2/8〜3/7まで、営業時間を16:00〜20:00(L.O.19:00)と変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(1/20更新)

カイ日乗(12/1〜31)を更新しました。

(1/14更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、1/14〜2/7まで、営業時間を16:00〜20:00(L.O.19:00)と変更いたします。ご迷惑をおかけいたします。

(1/12更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請延長につき、1/12,13の営業時間を16:00〜21:00といたします。

(12/21更新)

●【八文字屋の営業時間について】
京都府の営業時間短縮要請につき、12/21〜1/11の間、営業時間を16:00〜21:00までと変更いたします(年末年始も無休で営業しています)。


(12/14更新)

●甲斐扶佐義「鴨川逍遥」写真展の会のページを作成しました。
詳細はこちらをご覧ください。

●甲斐扶佐義2021年カレンダー「出町ノスタルジー」12/22発売!予約注文受付中。
詳細はこちらをご覧ください。



(12/7更新)

カイ日乗(11/1〜30)を更新しました。

(6/30更新)

●小冊子「怪甲斐ワンダーランド」写真/文 都築響一、手描き いしいしんじ、編集 甲斐扶佐義(頒価1500円+送料200円)
ご希望の方は、こちらのページよりご注文ください

お問い合せ&ご注文

こちらのお問い合わせフォームよりご注文ください。
お振り込みは下記まで↓

PayPalでのお支払いもご利用いただけます。

カンパのお願い

上記の「ゆうちょ銀行」または「PayPal」でご送金をお願いします。

2021年


2020年




2019年




2018年




2017年




2016年




2015年





*2015年1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。