2020.8/31(月)

今日水漏れ問題のケリを付けたいと思っていた日で、曲がりなりに僕の手から離れた日でめちゃ嬉しくて、今晩はKGのフライヤー配布で終わっても良いと思っているところに、エリオが来て、かつては「経済同友会仲間?」の2人(山田拓広さん、山本恵さん)が初めて一緒に来店。そして話題も良かった。エリオの話は改めて報告するが、エリオは僕の記念日を酒を献杯して祝ってくれるというので、早い時間には日本酒は普段飲まないようにしているが、日本酒で乾杯。
今朝のテレビの話も上手く行きそうだし、KGのクラウドファンディングもたった今終了で、成功!
おめでとう!!

今晩は来八客も少ないと思い「ろくでなし」「石丸商店」等にKYOTOGRAPHIE京都国際写真祭2020(9月19~10月18日)のフライヤーを持参。
但し、甲斐の「鴨川逍遥」(タネ源壁、出町弁天さん北石垣、出町柳駅前の川端通の3ヶ所は9月10日~10月31日。京都駅ビル10F空中径路での「美女100人」は通常のKGの日程と同じ。
9月19日~10月18日の八文字屋での展示は、KG+の企画として現在、京都在住のフランスの作家、セバスチャン・レゼーさんが「裸のランチ」の作家・詩人ウィリアム・バロウズへのオマージュ展「インターゾーン」開催。
帰路、鴨川でチャリを漕ぐぶんには汗をかかないシーズンにやっとなった。
吉田に入ってから、少し汗ばみはするが、夜やっとしのぎやすい季節がきたか。
岡本ビル1Fの「たか」は今週は、月曜~木曜日は休んだ。金土日は営業。

ご要望に応えて、明日から、焦げ写真、一部、3度目だけど、入れ換えて展示します!9月15日で次のKG+の展示に備えて、全面取り外し。

ページトップへ

2020.8/30(日)


誰も客がない時に考えるべきこと、なすべきこと。
そういった事に直ぐに取り掛からなくなったということは歳をとったということ?
坊主の時間帯に姉と喋る。
篤義兄が喋れも歩けもしないことが判明。
姉が、八女の真由美姉に連絡して、真由美が見聞に行き、ひどい状態で放置されているのが判明して、由布市の姉が何故こんなことになっていのか!!?と嘆く。
小学校1年の時、別府の町を歩き、疲れで膨れ顔をした彼の表情がありありと思い浮かんで来る。その頃から父とそっくりのガンコ者だったこと。篤義がアジアへ仕事に行く時に嫁が箱に入れた大量のコンドームを渡していたといこと。なのに淋病に罹り嫁も苦しんだという話を姉の口を通して僕は初めて知る。
姉は、母や父そして園田富枝婆さんのこと両親の結婚前後の状況も噴き出すように喋る。僕も思い出し、姉の店「ポケット」で会った富枝婆さんの従兄弟の「トモアン」の写真を僕が撮ったことを久しぶりに姉に喋ったが、姉は覚えてなかった。農作業でこき使われた千鳥叔母さんのこと、母が奉公先の医師の家からの奉公あけがなく苦しんだこと、前の郵便局員たちの嫌なセコハラ発言を浴びせられたという母から聴いて以来、石垣に生え広がったノウゼンカズラを見る度に母の辛い奉公生活を思い出した、と。「オイッチニの叔父さん」こと和彦のことも喋る。

山崎正和の訃報を聴いて彼と同期だった北沢さんのことを思い出す。
北沢さんのことをフェイスブックに少し書いたら、反応があり、黒川のことも書く。

「黒川は、小学校時分からほんやら洞で可愛がっていました。中高はバイト。大学では、彼はほんやら洞を根城。高校時代、数学ができないので、僕の奈良女のガールフレンドが家庭教師。イサムと北沢は火炎瓶闘争で捕まるが、イサムは岡中時代、田宮二郎と野球部でバッテリーを組んでいた。田宮二郎の中高の1番親友は、八文字屋の最初の大家の大西四郎。昔、「はる坊」と言って、ルニー、ヨシコと並んで木屋町の戦後三大バー。川端康成が一番可愛いがった「はる坊」の弟が大西四郎。はる坊は、従軍女優のひとりで戦後「東山ダンスホール」といえば、祇園、先斗町では70歳以上の芸妓の間では「はる坊」の名前が出るほど有名。木屋町三条のフランス料理の「コムシェソア」の女性ははる坊の妹。「大関」と関係深し。四郎の娘は、同志社時代は鮎川いずみ(1973年は吉田拓郎事務所のカメラマンの恋人でほんやら洞客)の私設秘書。そこからコーネル大学の院に行き、江崎玲於奈の息子の「友人君」と同期。先輩にアメリカ文芸批評の巽孝之がいた。私事だが、その頃、四郎の娘と僕は付き合っていた。
鴨沂高校に戻れば、名は失念したが、戦後性教育で有名な教師がいましたよね。ここでは、共産党の査問委員の中岡哲郎の事は上洛。北沢と同期生に、桑原武夫の娘、フタバ餅の黒本がいたりして、朱雀高校には、火炎瓶とうそうの頃、育児百科の松田道雄の息子もいました。今年自死した黒川の弟、猛君から6年前に僕は招待され、ウィーン、ザルツブルグ、ハンガリーを回りました。」
ロマン・ヴィシニァックの写真集「消滅した世界」はAmazonで購入可能なようです。
https://www.amazon.co.jp/Vanished-World-Roman-Vishniac/dp/0374520232

ほとんど何も出来ず。

ページトップへ

2020.8/29(土)


10:30までグッタリ。
中村の寿司。その後もダウン。

大久保さんという人から写真集の大量の注文があったが、絶版本多し。

17:00前にタイカレー。
19:10八文字屋オープン。ルーター忘れる。19:20に税務署男、冷やかすのみで例の如く覗き入らず。
22:00になっても坊主。
誰も客がない時に考えるべきこと、なすべきことに直ぐに取り掛からねばならないことがあるのに、そうならないということは歳を食ったのだなと痛感。
開店36年で土曜日の坊主は初めてと思っていたら、飛行機の整備士をやめて出町柳でゲストハウス「鯉幟」をやっていた店長が明後日、奥さんの実家に帰って、りんご園を始めると報告に来る。

ページトップへ

2020.8/28(金)


朝、久しぶりに雨。
2歳上の八女の兄の状況には厳しいものがある。
NHKの寺田さんより電話。8月31日に会うことにする。
昼飯、冷麦。
恵文社に行く。
加藤啓さんより「図書新聞」30部恵送。
ひらがな館。
安倍の退陣会見少し見るも、アホらしい。

出町の暗闇から京大の佐古田君から声をかけられる。
八文字屋オープンと同時に、スマホ忘れ下戸男(勝野君と小学校の同級生)が飲める男と回収に来てノンビリする。
セバスチャン・レゼーが9月19日からのKG+のウィリアム・バローへのオマージュ展@八文字屋の搬入予備計測に来る。
そこに「これで母を京都へ同伴するのは最後かもしれない」との予感で上洛したついでに石井窓呂氏来店。セバスチャンに紹介(隣には、細川護煕色紙あり)。2人が喋っているところに浩樹ちゃんが「今から、先斗町のスターダストでのライブの席を取っているので、良かったら、千津さんにコッチに来て!」と伝言してと言って出て行く。無理だろう、と伝える。庭師の勇一君久しぶり。入れ違いに「紫野の会」@キエフ帰りの岡本千津さん登場。「子どもたちをよろしく」という映画が上映され、その感想を述べる会を前川喜平さん、寺脇研さん、伊藤塑衣子さんを迎えて、木戸衛一さん、森下光泰さん、元京都新聞の千葉ちゃん、森恭彦さん、伊藤公雄さんらとの食事会の帰り。両伊藤、森さんは来ず。この会の来店のせいでエリオ定位置取れず。
そこに「カイさんの部屋を掃除してあげようか?」と柊屋のひろみちゃんが来て、森岡パパ&奈良井来店。パパ、ひろみちゃんを口説くも虚し。大人、ひろみちゃんをもう一軒誘う。西田大智さんと森下さんが遭遇して暫く話す。
もう帰るとFBに記すと、2:10に市川芳枝さんとインド男を連れて浩樹さん。4:00過ぎまで。
市川芳枝さんとの付き合い、オモロイかも。

ページトップへ

2020.8/27(木)

「武器としての『資本論』」フェルナンド・ペソア「アナーキストの銀行家」入手。
今日も疲れたまま。
八文字屋は、19:40オープン。
今日も坊主を覚悟。
三上、福井さんのみ。

ページトップへ

2020.8/26(水)

八文字屋で宮大工のダグラス・ウッドラフさんと掴み合いの喧嘩をして、ダグも本人も足が遠のいていた三木カントリークラブの立松さんが亡くなっていたと西川浩樹さんに聴き、びっくり仰天。
八田淳さんと京都教育大の同級生でなかったかしら。(星野高志郎氏解説。立松俊二は、1967年、昭和42年度の入学生。京都教育大学に名前が変わった次の年の、特修美術科工芸1回生です。京都造形大で長く頑張って、これも昨年に亡くなった平瀬敏明と同級生。八田淳は一年上の洋画です。立松が1回生で、私は専攻科生でした。5年ほど前に京造の近くで一緒に飲んだのが最後だったかな。彫塑の山田貞和(内山)と同期で、内山が京都で個展をやった時に合いに来た時、一緒に彼の家の近くで3人で飲んだ。内山は私が教えたせいで「八田淳快個展」を見に来た。八文字屋の存在は知っていたが、内山はその時が初めてだった。甲斐さん覚えてますか?三宅氏も知己とは。三宅氏、共通の知ってる人多すぎますなあ。)

大隈道雄(日経BPの今出桜子さんの紹介)、エリオが来てスタート。
山田拓弘さんが来て「女の肖像」「笑う鴨川出町編」を買ってくれる。
丸ちゃんの旦那の弁護士、小川聡さん(元京大オケのピアニスト、理学部院卒)来店。
浅利ちゃんバイト、京大建築の松原元実さん、菱田吾郎君ら5人来店。K-Kei、深夜、西川浩樹さん来店。小川聡さんの東海高校の先輩。小川さんの弁護士事務所のお世話になったことあり。ハンガリーの音楽家話で意気投合。
1番最後の来客は、3:00に閉店というと、イヤがったが、入って来た来店数回目の「今、75連休中」というお客さん。

ページトップへ

2020.8/25(火)

5:00前起床。
やや肩が凝っている。
5:00松屋¥460定食に行く。
まだ暗い。街も死んでいる。中沢さんに返さねばならないマグネット使用プリントを外し、他のプリントをかける。
展示写真を少し変えて、6:30に帰路につく。7:30帰宅。
70年代の中尾ハジメの公私にわたる悩みを描けば、良い。ほんやら洞、ボゲット、キム、さむ、甲斐を描ける。大胆にフィクションでタイトルは「ある詩人の肖像」だ。「ほんやら洞の青春」の後は、これ。猛、北沢、も描ける。
その前に、1977年の出町、ほんやら洞を描かねば。「断章 ほんやら洞」シリーズ。
京大ルネが「追憶のほんやら洞」を20冊くらい在庫を抱えているのに感動(5部買い取る)。
9月21日の佐藤さんとのトークショーは、16:00~17:00(KGの今朝の会議)。
原稿進まず。本当にこの2ヶ月は落ちこんでいた。
1日に5時間書ける生活にせねば。
田中利和君が来て、鳥取日帰りの琢ちゃんくる。
酒をのめない同志社大神学部生の男性(広州市出身のTomohiro Mukaiさん)が福間さやかさんと山下ミサさんを同伴。さやかさんは、今年KGのボランティアを希望している。
福井さん&舞さん。
ダンユウ(山田)さんにあった後、西川浩樹さん、ブタペストで¥2600するワイン持参して振舞う。西川浩樹さんと鉄板道場に行き、朝まで積もる話をする。75歳のタテマツさんが亡くなったこと、パリの共通の知人の消息、亡くなった女性の話から、京都とハンガリーとの文化交流の可能性について考えをつきあわせる。

ページトップへ

2020.8/24(月)


8:00暑くて目を覚ます。
12:00ルネ。
S、工事業者の人とタネ源、弁天さんに挨拶の「阿闍梨餅」持参。
13:15から八文字屋入り。
ダラダラすごす。ヨシレイさんに近況を訊く。
夜、22:00過ぎに佐枝ちゃん、フィリップ・ベルゴンゾさんがちょい寄り。500円ずつ。
佐枝ちゃんが「嵐のまえの静けさね。今年のKG+は凄いよ」という。また、家はシルヴァンがリビングを乗っ取って困っているとも。ベンゴンゾさんの田中のギャラリーは、KG+がスタートとも聴く。
それだけ。12:30に閉店。
日割家賃として¥15000は必要なのに、¥1000とは辛い。

ページトップへ

2020.8/23(日)

ダウン。
元田中でシマコに遭遇。
トップは私設図書館帰りに玄ちゃん。
浅利ちゃんバイト。K-Kei来ず。同女の塚田カオリ先生、片山さん、奈良井さん来る。福井さん。
西川さんは、ソウルのマイちゃんと1時間喋ったあとに来て、お土産の各種サラミを皆の試食に供す。4:00すぎまで。

ページトップへ

2020.8/22(土)

ブタペストに居るはずの西川氏が来るとメール。
Sが動画を撮る。八文字屋の展示作品をバックにKG用の3分動画のために10分撮る。光が安定せず。仕方なし。讃岐うどんに行く。雷鳴轟くもさして降らず。
エリオ来店。片山さんを呼び出す。田中君&東北仲間の建築家同伴。
遅く、西川さん来店。仕事の概要を聴く。
4時まで。辛し。

ページトップへ

2020.8/21(金)

昨夜は暑過ぎて八泊。
原稿進まず。
サエちゃんのインタビュー・録画。
府大生2人。森岡パパが来たので
奈良井さんを呼び出す。不明2人。佐古ちゃん&ガールフレンド、琢ちゃん。
早く閉める。

ページトップへ

2020.8/20(木)

久しぶりにエッチな夢を見続けていた(笑)。夢の中の初期アクションを浅利ちゃんに垣間見られていたらしく浅利ちゃんから「あら、お姉さん、今日は終了!?」と笑われる。
三上さん、早い時間に顔を出す。山領先生の奥さん、山領まりは有名な絵画の修復士で最近亡くなったという。「無言館」の窪島誠一郎が所蔵作品を修復して日曜美術館に出たばかりだったという話と岩波の「思想」の資本主義特集についての見解をひとくさり開陳して直ぐに帰る。
エリオが来て、片山さんを呼びだす。
片山さんは熱中症で2日間ダウンしていたという。
中智紀ディレクターともう1人の先輩ディレクター(NHK京都放送局)と京都観光政策の危機的状況について喋る。
遅く、山形君来る。

ページトップへ

2020.8/19(水)


林海象さん、19:45来店。松竹の西田というプロデューサー同伴。和見も呼び出す。
オイタさん、奈良井さんも来る。
浅利ちゃんバイト。
ナッちゃんも知人と久しぶりに来店。

ページトップへ

2020.8/18(火)

「鴨河原を彷徨い、豊後を幻視する」はどうか?
3時間眠れる。
KG販売用のポスター、ポストカード確定。

出町展用のイントロ文が来て、自分が書いた文を再度チェック。
ボチボチ、自分の仕事に専念せねば。
山香の豊田哲治さんから葡萄を送られる。感謝!
琢ちゃん来店。
深夜、今まで、チーちゃんと飲んでいたとシカさんくる。

ページトップへ

2020.8/17(月)


今日、明日、坊主覚悟。
ヴィクトリアからメール。とても悲しげ。VicVicちゃんの居るレバノンは港の壊滅的状況のなか食糧危機は相当深刻という。80%を港に依存していた。回りを見渡せば、シリア、イスラエル。
日本に居る僕らは何が出来るのだろう?
VicVicちゃんは、恐ろしい状況で、早くなんとかしないことには、と焦っている。

20年越しの珍しい到来物あり。おまんたばやし所有「京都猫町さがし」稀覯本を古本屋経由で回収(笑)。
有難し。実に珍しい。
ターニャの同級生、オーストラリアのイケメン、シャルロットと2回目のデート。府医大生(D?血液学研究?)明日、ターニャ来店を予告。
伊藤さん「怪甲斐ワンダーランド」「追憶のほんやら洞」買う。
琢ちゃんはお盆の子どもとの充実した暮らしぶりを開陳。チーちゃんと飲んだ後に鹿さん来店し、2時間のんびりしていく。

朴ちゃんの友だちのチャンさんは相当、不満が溜まっているようだ。
アメリカの大手金融機関に勤務していたが、思い立って勉強して長崎医大かどこかを出てしばし北海道で医者をやっていた。が、コロナがらみ?かなんかでやめて帰洛した。でも、4週間経っても仕事が見つからないのだろうか。憂さ晴らしを今日も2時間やっていた。最後には、帰っていただいた。
山掛けマグロ丼食って帰る。

ページトップへ

2020.8/16(日)

猛暑。ダウン。松屋朝飯。カレーテイクアウト。
2:50に今日も八文字屋オープン。
原田学さん&繭子さん?、中沢さん、共同通信の西出さん、北村信幸さん&絵描き女。なか卯(いくら丼)、業務スーパー。
今朝、京大で五山送り火を待望する立て看板があったと勝野君から聴く。
長らく、殺風景だったので、噂を聴いて、思わず、ニンマリ。
浅利ちゃんバイト。K-Kei、奈良井さん、オイタさん帰宅後チーちゃんも。
姉からカボス&トマト&プチトマト(アイコ)届く。
やっと普通に食える80%?

ページトップへ

2020.8/15(土)

朝から熱暑。
大木さんから入金。
Sの扇風機を壊し、弁償。
昼、志村ふくみ学校の主婦学生、毎日の小出さん来店。
「追憶のほんやら洞」をマルゼンで買い、ハンコを押す。
久しぶりにミンミン、フランソアに行く。ママと喋り、バイトの京大のヨーロッパ史のレジの院生撮影。夜は、千津さん&Sのみとおもいきや福井さんがチョイ寄り。

ページトップへ

2020.8/14(金)

サエちゃんの弟さんとFB友だち。
山田風太郎の「後千杯のメシ」ではないが、末期の目で行こう。
生き辛い老人の目線で八文字屋を描く。
流行りの上ずった観点は避けて、社会の本質を抉って書いていこう。
去年の今頃も借金に継ぐ借金の底の底付近だった。この10年、20年を遡って考えてみると、今年の8月はラッキーだと思う。コロナ禍の下で、なんとラッキーな男だ。

ずっとお盆だからと言って特別にお盆休みについて反省することもなかった。ずっと金もなかったから、帰省もしなかった。子どもが出来ても子どもたちの親として、子どもに夏休みを、お盆を楽しませる事は皆無だった。
親が居る間は、親を喜ばせるために帰省した。それだけのことで、子ども本位に考える事はなかった。子どもの母親の車の運転で帰省し、連れを楽しませる事もなかった。その際、杵築のキャンプ場に泊まったこともあった。その帰りは悲惨な思い出しかない。松山の南で忘れ難い事件もあった。僕が溺れ掛かったのだ。2人の子どもの水泳訓練のせいで、僕は九死に一生をえただけで、2人の子どもを楽しませることがほんとに少なかった。今や、子どもと一緒に動くことさえない。日向太を勘六山の水上勉さんの別荘に1994年に連れて行ったことがあったっけ。
歳かなあ、こんなことを考える事を考えるのは(笑)。

コロナ禍下の沈んだ四条・三条木屋町通界隈の若者群像を如何に構造的に捉えるか。和見と喋った後に、カゲロヲ、冨樫、和見、松ちゃんの軌跡を考える。「下町のジュリー」を軸に街を描く作家よりも実相に迫れるか。
八文字屋。
今日も坊主覚悟も、内緒のアパレル会議の5人、映画話の美波ちゃん&黒川紀章の中銀の1972年築の家の住民の33歳の女性、高松樹ちゃん&子どもたちに沖縄に行かれて寂しい古関俊輔さん、エリオ、ヴォガの近藤和見さん&「トンボ」のママ?が来てくれた。
19:30頃に何時開店?行けたら行くとのメールよこしの青年こず。
後藤美波ちゃんを撮影。
3時頃に帰宅。

ページトップへ

2020.8/13(木)

ルパンの顔を見る。同時代覗く。
昼八覗く女性あり。
久しぶりに自分の脚の筋力で歩く感あり。それまではどうだったのか?
ほぼ機械的歩き?ロボット歩き?食欲は?痰と下痢は多分、一連のウィルス。
坊主覚悟のとこ、冨樫、タケボウ・カゲロヲについての達見を述べる和見来店し、永澄・大橋晶子・藤岡(元京都・現NHK+中2の女の子、NHK政治部支配の問題議論)、新宿ゴールデン街元前田の隣マスター(鳥立つ?)で救われる。
後で考えたら、和見の意見オモロイ。マッちゃんが生きていたという、カゲロヲ、タケボウ、冨樫目線の京都論の地図も頭の片隅に置いておこう。2時帰宅。
今日から、京都駅ビルスタッフ、この日乗は知らないが、FBチェック。

ページトップへ

2020.8/12(水)

不調続き。
小出さん来店。河原さんに返済。
祇園で川嵜さんに遭遇。放送大学の勉強をしているという。
チンドン通信社9月19日デルタ決定。
美女2点変えて欲しいとのリクエストあり。Toukoさん、圭さんを断腸の思いでカット。
夕方、雨で少し涼しくなる。
勝野君、奈良井さん、田中さん来店。
宗ちゃんの次男がコロナに掛かったという。
浅利ちゃんが来てからはのんびりする。
夜、ヨッシー&鶴田一郎さんがきてから、浅利ちゃん。
2:00閉店。
やはり、寝付けず。

ページトップへ

2020.8/11(火)

昼、トップは冨樫、中沢さんの奥さん来店。モモちゃんかテルミさんに会えず、ヤケ糞でジンジャーエールのみ。他、客なし。
寝付けず。

ページトップへ

2020.8/10(月)

午後ノンビリ。
18:40にデカルコマリィさんら「椿井の女」のメンバー(詩人:高橋秀夫、人形師:和気美孝、Cb:木内健弘、d:マリィ)ら 来るのに合わせてジャストに行く。
後は、琢ちゃん、玄ちゃん、田中君が来てくれた。

ページトップへ

2020.8/9(日)

まだ飯食えず。
14:00八文字屋オープン。
昼、客なし。奈良井さん&ポスター、福井さん&友人カップル、20:00浅利ちゃん、K-Kei、片山さん来る。帰った後、モモちゃんくる。

ページトップへ

2020.8/8(土)

ミルトン、「同志社の卒業生ですが、ノーチャージで見て良いですか?80年代のほんやら洞しか知らないのですが」と言って、1分覗いて行く客あり。
その後、23:40まで客なし。
客は不明男女、玄ちゃん、田中君。疲れて1:40に閉店。

ページトップへ

2020.8/7(金)

怠い。
浅井さんの教え子4人&浅井さん、朴ちゃんの知人の医師、例によってくだくだ喋って行く。これがシンドイのだ。
高橋宗和さん&前田さんも来る。
段ちゃん19:00前から来る。
ムニコ、サッちゃん、遅くシルヴァン、ミカエルらくる。
大分合同新聞に出る。

ページトップへ

2020.8/6(木)

27年ぶりに浅井百合子さんの高校、大学の同級生の栗田カズキさんが来店。
四条通の「山一証券」勤務時に、1階フロア全体で甲斐写真展を企画してくださった方。
三宅章介さん教え子3人同伴。
高橋宗和さん経由で、思想の科学の元編集者清水澄子さんと少し交信。
映画作りの後藤美波さんが元吉田寮生の知人と来店。福井文雄さんが福島の女性と来る。片山さんも来て、しんどいのに、なかなか終わらない。

ページトップへ

2020.8/5(水)

名古屋から宇都宮さん来店。
東京の元NHKの高橋さん、比叡山帰りに来店。
浅利ちゃんなのに、奈良井、川㟢両巨頭休み。塚田ユカリさん、鈴木真澄さん、片山さんのみ。
夏に強いくらいしか取り柄はなく、去年まで自慢していたらしいが、今年はアウト。夕方、寿司もほとんど喉を通らず、深夜のカレーも半分残した。
痰が切れず、切れたところでペッペッとやりながらチャリで帰っていたら、相当ふらふらだったらしくパトカーが近づいてきた。
「ラリってるのではないでしょね」というので「コロナでもありません」と言って、以後、ふらふらせず、直線で帰宅。
その程度にはバテている。

ページトップへ

2020.8/4(火)

日々、ますます無能の人になっていく予感。
石丸、ろくでなし等にDMを持って行きたいが、坊主のまま、他店に行くのは気が引ける。
と思っているとヒデタロウ&女の子&生後5ヶ月の黒犬。
闇子、玉岩、百枝。初来店の20歳、22歳の女の子。
に闇子がご馳走。
1時で閉店。
搬入ややり残しの仕事があり、今朝6時過ぎに起きたので、少しシンドイ。
明日から8月16日までは昼の2時に八文字屋はオーブして、夜7時まで八文字屋はギャラリーで、その後2時間休み。8月10日の昼は休み。

ページトップへ

2020.8/3(月)

この4日間、風邪気味。
連日、開店と同時に、マシンガントークの4強来店。
当方の頭くちゃくちゃ。
5日からの展示のテキスト全然、手につかず。大幅にテキストはおくれる。
タネ源に挨拶に行く。
デルタに祐介さん&ルシールに会いに行く。
2020年KYOTOGRAPHIEでの甲斐扶佐義青空昼夜野晒し写真展「鴨川逍遥(Kamo River Wandering)」 @出町デルタ周辺3ヶ所は、9月10日~10月31日に台風にめげず敢行。KYOTOGRAPHIEのクラウドファンディングは継続中。
甲斐写真展期間、未定だが、サプライズイベントがあるかも。
並行して甲斐の「美女100人(100 Beauties)」@京都駅ビル10F空中径路100メートル展。

ページトップへ

2020.8/2(日)

身体中にサブサブが出来た気分。
食欲なし。
トップは渡辺茂樹さんが19:30~23:15の間いる。K-Kei、奈良井さんが来て、12:00頃みやこさん、来る。あとで20歳と22歳の女子大生来店。で、みやこさんが興奮して、2:00過ぎまで居る。

ページトップへ

2020.8/1(土)

少し風邪気味。
今日はスローな入り、にしよう。
課題は3つ。5日からの「封印された記憶」展の展示の準備(作品選択&テキスト作り)依頼された都市の肌理・痕跡・トマソンにかかわる新刊写真集への短いオマージュ原稿書き、弁護士に提出する八文字屋の大家との係争資料作り。
どれも疎かにできない。
2つ目のは、2020年前後の京都の都市空間(上中下左右京、東山)におびき寄せられたフラヌールの遊びが開示されている?写真集の解説。


1日ダウン。
トップは、冨樫で10:00までひとり。片山さんを10:00過ぎに呼び出す。ここの2人の会話の成行に任せる。金井さんから「開いてますか?」とメッセンジャーが入ったが気づかず。12:00に片山さん&冨樫に帰って貰い終わりと思っていたら、12:10にマダム胡蝶蘭からの客3人。「猫アレルギーが2人いるのですが」と来て直ぐ帰る。もうひとり「アーチストになりたい」というイケメン来る。
鰻を食って帰ろうと思っていたが、食う気起こらず。
寒気あり。

ページトップへ

次の月へ








 

更新情報

(10/13更新)

カイ日乗(9/1〜30)を更新しました。

(6/30更新)

●小冊子「怪甲斐ワンダーランド」(写真/文 都築響一、手描き いしいしんじ、編集 甲斐扶佐義)を発行しました!
ご希望の方は、こちらのページよりご注文ください。(頒価1500円+送料200円)

近日のイベント・展覧会情報

●KYOTOGRAPHIE 2020 京都国際写真祭のメインプログラムとして、「鴨川逍遥」展 9/10〜10/31(会場:鴨川三角州周辺3カ所 a.河合橋東詰歩道、b.タネ源、c.青龍妙音弁財天)、「美女100人」展 9/19〜10/18(京都駅ビル空中径路)開催中!
展覧会の詳細情報はこちら

●KYOTOGRAPHIE 2020 京都国際写真祭で行われたトークイベント「【対談】甲斐扶佐義×佐藤守弘」は、YouTubeでご覧いただけます。

お問い合せ&ご注文

こちらのお問い合わせフォームよりご注文ください。

お振り込みは下記まで↓

*クリックすると画面を拡大します。

PayPalでのお支払いもご利用いただけます。

カンパのお願い

八文字屋募金のページよりカンパをよろしくお願いします!

2020年



2019年




2018年




2017年




2016年




2015年





*2015年1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。