2017.4/30(日)



母の命日は5月11日(72歳で死)で、父の命日は7月16日(来年が13回忌)と兄姉に聴く。
一乗寺、吉田寮、鴨川と行く。ギャラリーでのファイル帳に入れる画像をあらまし決定する。作業はいつも通り、Sに頼む。
八文字屋トップは、奈良井さん。周平さん、チーちゃん、広島修道大の西村さん(30年ぶり来店)ご夫妻、理化学研の西村勇人さん。浅利ちゃんは、9:50入り。

ページトップへ

2017.4/29(土)



ルネ休み。
来週、京都西校・八文字屋間をチャリで荷物を運ぶのに、荷籠もライトもなく、ブレーキ、チェーン、ペダル等も傷んでいるのが判明。
修理しても1万円以上掛かるというので、13500円でチャリを買い換えた。今度はブルー。
チャリで事故った場合、自分の怪我に対しては上限10万、ひと様を怪我させた場合の上限1000万円でという保険に入るのに、更に2500円要るという(FBに以上を記述すると、夜、YOさんが家で溜まっているじゃり銭が丁度2500円あったので、使って下さいと持参)。
ぼくはしょっちゅう怪我しているので、多分、身を救うことになるのは分かっているが、保険に入らなかった(本当は入りたかった)。座頭市。雨。ルパンの店。
芸術センターに行くも、何処で、末富さんの作品展をやってるかわからず。
小学生4人の活き活きした動きを捉えるシャッターチャンスがあったのに逃す。
原稿書きの生活ペースを完全に壊している。
八文字屋トップ客は、カオリン&ウッチー。暫くして、坪川さん、Megumi Yoさん来店。マサユキ&アレックスも。Yoさんが誕生日というので、ウッチーがhappy birthdayを歌う。西村玄考、ロイも。深夜、田中直子さん、馬淵哲さん、伊藤耕太さんが来て、朝まで。

ページトップへ

2017.4/28(金)



ルネ。座頭市。エーコの「プラハの墓場」をコレクションで読む。ヴィクトリアは友人とKibe(神戸の間違い?)に行くとのこと。
帰宅は、4:15になってしまった。
それでも、三上&稲山の両氏、カイの悩み解消の手立てを考えてくれた吉田孝光氏、NHKのヤギシタ君、禅文化研究所主幹の西村氏&福井さん、石原明子&ノッコ、イタリアの美女連、山形君、エリオ&連れの女性らが来店でヴィクトリア欠場を補って楽しい夜となった。最後は酔った奈良へ帰る比叡山辺りの教師。

ページトップへ

2017.4/27(木)



ウンベルト・エーコの「プラハの墓地」買う。
夜、Sが色校に来いとメール。
久しぶりにコレクションでコーヒー。京都新聞の井上さんの連載を読む。ラチもないことを書いている。
色味悪いが、仕方がない。
パチャンガでタコス。
八文字屋は、木曜日、超暇。
早稲田大の富高有紗という平成8年生まれの女の子、ろくでなし経由でくる。後藤君の息子、啓介君が友人3人を連れて来る。枚方で獣医をやっている。オイタさん、稲山さん来店。不明客二人。
それ以降、12:00まで客なし。
深夜に、琢ちゃんそして最後に段ちゃんくる。琢ちゃん記事掲載の「現代思想」が出たと持参。
終わったのは、3:30。朝まで、座頭市を見る。

ページトップへ

2017.4/26(水)



雨で鬱陶しい。S豆腐モノクロ再選択。24点に絞り込む。
ベ・サンスンが後輩連れで顔だけ出す。
バイトの浅利ちゃんは9:30来店。奈良井さん10:00に来て30分いる。
浅利デーも神通力喪失か?と思っていると、「ろくでなし」のバイトを連れた増田さん、オイタさん、R大のSさん来店。深夜、共同通信(論説委員)の小山鉄郎さんがやって来て、夜明け前まで「ほんやら洞通信」復刊について語りあう。篤太郎、森まゆみさん、磯崎新さんも組み込めるか?と。

ページトップへ

2017.4/25(火)



鴨川で一休み、天神さんへ。収穫なし。猿回し見る。家で休んでから初寒梅館クローバーシアターへ。クレモンティーヌ監督映画「ロベール・ドアノーが愛したパリ」は、仕事で観れなかったが、クレモンティーヌに挨拶だけしてHATAOを残して、八文字屋へ。

7:30に韓国からの客あり、他、10:30まで客なし。遅く、福井さんが「坊散歩」講座に加わってくれと「みよしのみたらし団子」持参。
その後、吉岡洋教授と末冨さん(20年前に、伴清一郎、蔵丘洞の丘さんらと来店、亭主は、京大数学教授、永江敬祐にパリの部屋提供)と中原中也記念館館長の中原さんらグループ、ヴィクトリアグループ、南禅寺の豆腐持参の野村幹太君、ゆうじさん、濱地君来店。深夜、堀口徹さんがオーストラリアの建築家カップル同伴。

ページトップへ

2017.4/24(月)



座頭市を4本観る。
原稿進まず。HATAOと連絡つく。ドアノーの孫娘クレモンティーヌが会いたがっているとのこと。
坊主を恐れたが、梶田さん、段ちゃん(+takuちゃん)、野村君、そして遅くイギリスのテキスタイルをやっている女性を五条のゲストハウスでバイトの枚方の男くる。新道弘之さん、富田潤さん、草間喆雄さんの作品を見せる。
3:00過ぎに帰宅。座頭市を4時過ぎまで観る。

ページトップへ

2017.4/23(日)



変な夢を見ていた。村元武さんのプガジャ本の第二弾が出たのに、自分の「ほんやら洞の青春」出版が遅いのを悔やみつつ、中川五郎ライブに行く。会場は広くて、大抵のオーディエンスは中川五郎の名をしらない。仕方なくディラン訳をふくめて大仰な説明をする。
Sとルネ。ヒルゲートの写真チェックをしてから淳風小学校へ向かう。
快晴。本来ならノンビリと撮影に専念したい光線。ヨドバシでペーパー&インクで多大な出費。これに更に業者に出す4~5万円が加わる。帰りに1枚気に入った写真とれる。ぐったりする。
7:00過ぎにバンソンの数学の後輩のチャールズ来店。12:00過ぎまでいる。
浅利ちゃんバイト。
万馬券取った周平さんが来て、いつになく騒々しい。チャールズが体調に変調をきたし「少し黙って欲しい」とお願いしても留まることを知らず。奈良井さんはバイクツーリングで舞鶴にいき、ホタルイカの佃煮持参。
冨樫も顔を出す。
3:10には帰宅。

ページトップへ

2017.4/22(土)



4:30に目を覚ますが5:00まで店にいる。
2日続けてほんやら洞が登場する荒唐無稽な夢を見る。昨日は、二階の床も落ちてないほんやら洞の中に中尾ハジメや山極さんらと居ながら、ほんやら洞を秋には再建する決意したり、今日は、都築響一さんらがほんやら洞でミニグループ展をやっており、もっと大々的にやりたいと言いだす始末の夢。少しエロチックな夢。それから朝帰り。
鴨川で溺れそうな学生救出部隊の消防車が三条河原に来る。
6:00に寝る。
11:00ルネで飯。「人類学の時代」(現代思想)で山極さんvs中沢新一の対談あり、山下さんが居ず、買わず。
身体は一月以上疲れきっている。やりたいこと、やらねばならぬこと、何も出来ず。
1時間53分の座頭市を見る。夜も46分の座頭市を見る。
造形芸大覗く。アンドレアス展行くもむなし。鴨川のホームレス作品を塩小路まで見に行くが、これまたがっかり。
8:15フランス人KG見学客3人、砂布均&ミコウアン、長野県の村長の曽我さん(5月12日で12年務めた村長をやめる)は明日の同志社での山森先生のベーシック・インカムを控えての来店、オイタさんは女の子からヴォガに呼び出されて行く。今週から「弱法師」の工事に入った武田好史さん、大分出身の青年が同志社、立命大の友人らとともに8人で来てくれる。

ページトップへ

2017.4/21(金)



昨夜の時点では、今日は五ヶ所ふらつく心算だったが、身体全体が重く、動く気が起こらない。
もっとも、ふらついて居れる状況ではないのだが。愛知の山田庄司さんよりコピーが届き、清水さんからプレゼントの服が届く。HATAOから不明伝言あり。
7:00に稲山さん、8:00に三上さんが来る。
ヴィクトリアは9:30に入る。その前にフランチェスカと友人3人来店。後は、杉村さん&広瀬純さん、野村君、奈良井さんが来る。アミット、オーストラリアのアンドリュー&奥さん、坪川さん&山本君、バネッサ&ヴィクトリアの母、オーストラリアからの一見カップルも。杉村さん&広瀬純と入れ替わりに永澄さん&小川佐和子さん(京大人文研の助教)がくる。稲山さんがゲストルーム「カエデ」に帰り、最後の客、建築家の吉原健一が来店し1:30に閉店。

ページトップへ


2017.4/20(木)



ヨシレイさんに会って、肖像をモノクロ、デジタルともに撮る。
夜、石川文洋さん、4年ぶりに来る。稲山さん、冨樫、ポポちゃんに喜ばれる。 静かにゆっくり喋れて良かった。
和見の親、ゆうじさんも邪魔していたが、途中から静かになる。

ページトップへ

2017.4/19(水)



朝イチ、ヨシレイさんが、封筒が落ちてなかった?とメールよこす。結構、大金を昨夜、タクシーかどこかに落とした模様。
八文字屋開店記念日。
吉田寮の写真展を覗く。
「京都市内在住の八文字屋のお客さん時間的に余裕のある方で「ほんやら洞の青春」(月曜社刊行予定)の下書きをペーパーに打ち出してくれる方居ませんか?
エバーノートに書いていたら、全て繋がったり、重複したままになって、原稿用紙300枚以上が繋がっています。出版社等に頼めない仕事です。何本かのボトルでチャラということで。
めちゃ大変ならギャラをかんがえます。
それを継ぎ接ぎにして使用したいのです。」
以上をFbに書き込む。直ぐに3人、反応。結局、愛知の山田庄司さんにお願いする。
トップ客は、西本願寺のお坊さん3人。ついで、実に久しぶりの後藤嗣人君が明学院の神田教授、生産性本部の高松部長同伴。「八文字屋の美女たち」「Beautiful Women in Kyoto」を後藤君が高松さんプレゼント。

ページトップへ

2017.4/18(火)



八泊が続き、体調不良も続く。
林海象さんから今晩、店に行くとのメッセージあり。鴨川で、オイタさん&奥さん&奥さん&孫に遭遇。
八文字屋を掃除しようと思っていたが、Sから誕生日祝いでご馳走すると電話。葵橋で待ち合わせ、ギャラリー108に顔を出し、寿司をご馳走になろうとおもったが、何処の回転寿し屋もいっぱい。マルイ8Fの美濃吉で定食。
開店前にアンドレアスが来てこげたプリントパネル「別れのプラットホーム」が欲しいというので、格安で売る。
八文字屋のトップ客は、20年前同志社大生時代に「美女365日」を買ったという向日町のバイク屋の青年が友人と初来店。次いで五条のゲストハウスで働く大阪の青年も初来店、このふた組は直ぐに帰る。時間を置いて坪川さんがエリオと待ち合わせで誕生日のお祝いのワインをくれる。昆布アレルギーで苦しんでいる由。吉田寮で写真展「吉田寮」をやっている野村幹太君についで、鹿さん、冨樫&ポポちゃんも来る。冨樫は久留米の田主丸の大吟醸饗(もてなし)持参。野村幹太君と冨樫は話し込む。
山拓さんも友人と来店。八文字屋でエリオに遭遇するのは、初めて。後ろの席には井上先生(ものづくり大学)が友人と来る。
そして、工藤丈輝さん登場。「エロス&タナトス」のアルドも。役者かろ、揃ったところで相当酔っ払っているヨシレイさんの登場。卵にロウソクを挿してhappy birthday to youを歌う。繰り返し。最後に秋田のからみ酒の青年を連れてシャコちゃんも来る。
3:30に閉店。

ページトップへ

2017.4/17(月)



15日入金の日。カード紛失で慌てる。
昼から雨。
今日も何も出来ず。ここのところずっと病気みたいな生活。
夕方、Sにオイタさんがスキャンした画像70点分を届ける。
19:30オープンするも、雨が続き、客なし。
新風館で舞踏の後の工藤丈輝さんのみ。
深夜、琢ちゃんが来て、誕生日祝いにシャンパンを買いに走ってくれる。
横になっていると、「ろくでなし」「剣」帰りの工藤さん顔を出すが、帰って貰う。
朝まで八文字屋。

ページトップへ

2017.4/16(日)



疲れ癒えず。
ルネ。
デモ、パーティにも顔を出さず。
夕方から掃除に専念する。
何にもする気が起こらない。
不発と思ったが、名古屋から2度目の女性、双子のユーちゃん&クーちゃんの「大五郎」の仲間の5年に一回来店の岸本君、玄ちゃん、K_Keiさんが比較的早く来て、常盤での「路地裏スケッチ」帰りの星野さんが来て、浅利ちゃんを呼び出す。オイタさん&奈良井さんも他所で飲んでから来る。冨樫もKG+のオープニングパーティの帰りにチョイ寄り。
やはり、KG+のパーティ帰りの理化学研で青ちゃんの知人の西村君がJR勤務の藤安淳さんと仲間と来店。メインギャラリーで働く永井麻実さんも遅く来る。
3:00帰宅。

ページトップへ

2017.4/15(土)



朝から雨。
ルネ。
不調変わらず。
いくら寝ても寝たらない。
雨を避けて橋の下で花見の続きをしているグループ3組あり。
昨日の八文字屋の!様子をFbにUPしたので、それを見て来る客があるかもと、思ったが、さにあらず。
19:00に冨樫。ポートフォリオを持参もやや空しい感じだが、それを打ち消すべく自分に言い聞かせる言葉をそのまま吐く。
工藤丈輝の話をしているところ、本人(49歳)がエミさんという嫁と顔を出す。
段ちゃん来る。御池橋の下で花見をしていたという。危うく車椅子が川に落ちそうにもなったという。
不発かな?と思っていると、マルグリッド&ヤニック、佐枝ちゃん、ラファエル、セバスチャンらがジャーナリスト10人ほど同伴。British journal of photographyのアシスタント・エディターのイザベラ・ラッドワンスカ ザーンさんという美女もいる。
一見さんもある。隣のキョートフォーラムの山田さんも顔を出す。グァテマラの女性、琢ちゃんも。
3:00帰宅。

ページトップへ

2017.4/14(金)



8:30起床。郵便局、ルネ、出町では古本、菜の花、メザシ、ホタルイカの干物買い。

鴨川で、ノンビリするも、疲れ、癒えず。
夕方、ルネ、さるあ庵?にSと。写真チェック。
八文字屋では、三上さんが待つ。
ヴィクトリア、お母さんの調子が悪くて、58分遅れる。
9:40まで、三上さん、高知から初来店の中山理子さんのみ。ヴィクトリアが、アミット、フランチェスカが来ると言っているけど「参ったな」と、イタリア人グループ、奈良井さん、エリオ&エンブラ&アレクシア来店。酒が切れたが、辛うじてポン酒一本買う現金しかない。嵐山の「音や」流れは三島邦夫さんのみ。客は数人しか居なかったと言う。アミットが来ても、ビールは切れたまま。そこにマルグリッド&ヤニック・パジャ夫妻がフランスのキューレーター、写真家を同伴。そこで、やっと鈴木さんに先払いして貰い、生樽買いに走る。出ている間に、五条近辺でゲストハウス「サクラ」をやっていると言うカップル来店。3:00過ぎまで、営業。それでも、月曜日クリアする域まで達せず。
4:00帰宅。

ページトップへ

2017.4/13(木)



また、6:20まで八文字屋で寝てしまった。
アメリカに行くのに、飛行機が遅れ、TVに出損なうという夢を見ていた。こんな日が続くと、わが写真戦線(?笑)異常あり。
でも、毎年、四月はこんなもの、ということを思考に織り込むのを忘れていた。
メールを送るも20無効。
「坊主との闘い」と記したら、段ちゃんが来てくれる。
その前に高林さんが、フランスの友人と。ロシアからテレビ放送を見てターニャ&ミーシャ来店。撮影。モスクワに来たら、案内をしてあげると言ってくれる。無料琢ちゃん来店。
段琢話を聴いていて久しぶりにR・D・レインを思い出す。
2:00帰宅。1時間youtubeを見て寝る。

ページトップへ

2017.4/12(水)



8:30八文字屋にて起床。カウンターの若い酒を飲めない学生が酒を溢し、ポケットの中のハンケチを出し、鼻水垂れた顔とカウンターを拭き、これをゴミ箱に捨てて下さいと、ひと塊りのゴミを手渡す。見れば、札の色が滲んでいる。
「お金を捨てたら、あかんじゃないの」と突きかえすと、千円札が数十枚入っていて、感謝されるという夢を見た。どういう夢?
11:00ルネ。
南座行き。
浅利ちゃんバイト効果(失礼!)は、R大のS先生のみ。遅く奈良井さんも来たし、鹿さんもチョイ顔出しだが。そうそうに閉店。といっても、後ろにひっくり返ったまま。

ページトップへ

2017.4/11(火)



「思想の科学」がまだ出ている夢を見ていた。
伏原納知子さんが「カイさん、思想の科学、出ているのを知っている?」と言う。見れば、巻頭に若々しい草間喆雄さんの写真が出ており、僕のページも数ページある。写真満載。で、ルネの山下さんに言って調べてもらったら、1982年の号だった。なんだ、これは、フェイクか?と思って暫くすると目を覚ます。
夢だった。それに絡めて、「西陣ほ」が紛らわしいサイトを作っていた。
今日も雨。
2:00まで寝る。
Fbのイベント招待に数の限度があり、ちょっと失敗。
吉田孝光さんが19:00に来て、21:00過ぎにスキャン画像を持参、それ以降、深夜まで誰も来ず、これで終わりかと思っていたら、谷川渥さん、西川浩樹さん、日経の檀上さん、ゆうじさん、山本タカシさん、更に段ちゃんが来てくれてホッとした。

ページトップへ

2017.4/10(月)



リキ入らず。
原稿すすまず。
稲山さん、7:00来店。
8:00前にメールがあり、
都市構造研究所の雛元昌弘さんに初めてお会いした。いろんな顔を持つ方で、コンサルタントとして八文字屋の生き延びる術についても意見を戴いた。何れも、既に僕も考察、実行ずみ。要は、僕のやる気と元気。氏もほんやら洞に来店していたそうで「もっと早く会いたかった」と仰ったが、荻野晃也、中尾ハジメ、藤田一良、長沼節夫、古田武彦氏ら各氏と親しくこれまで面識がなかったのが、不思議なくらい。ペンネームで「最終推理狭山事件 浮かびあがる真犯人」「スサノオ・大国主の日〈ヒナ〉国 霊〈ひ〉の国の古代史」の著書もあり、「季刊 日本主義」に「維新をめぐる『二つの大義」について」「『ひの国』の安全保障論・私論 古代~現代を通底する『和』と『戦』の論理」等を掲載している。
いずれも関心を大いに唆られる論考だ。
青ちゃんの紹介で横浜から二人、NHKのヤギシタ君が来たくらいのもの。
稲山さん、八泊。
1:30閉店。

ページトップへ

2017.4/9(日)



5:15就寝。
8:30起床。
早くから巡回?
久しぶりにマサホに会う。
2時間撮影で回り、Sから電話があり、飯を食い、さあ、鴨川写真だけピックアップしようと、PCにSが向かいあったのだが、Sとしても初めての不測のトラブル発生。PCを再起動しろとPCの指示があり、それに従ったら、SDカード収録の画像が全て(この2週間分)が消えてしまった。その後、再度、撮影に。
八文字屋、トップ客は、山拓さん。
競馬で勝って来店する予定だった周平さん、姿を現さず。
冨樫は、写真公社に相談して、7万円のプリンターを買ったとのこと。
ウクレレの森田先生、音楽仲間二人同伴。和見&カゲロヲ揃い踏みは久しぶり。深夜、マイちゃんから70年代同女の英語の教師だったジョン・クラークさんというシドニーの研究者を知らないか?とのメールあり。
彼女、台湾で研究発表を英語でやった由。寂しげなるがスケボーのロイ来店。
今日は朝から気張ったけど、不測の事態発生で朝から夕方迄の分とここ2週間?のiPadに残してないSDカード内の画像全て消えて、パァーッ。
今日は原稿に励むつもりだったのだが、路線変更が仇となりにけり。仕方なし。という訳で寝不足。
2:00には閉店したかったが、そうもいかず。
「美術京都」No.48落手。
第29回京都美術文化賞は、森田りえ子、松井利夫、ヤノベケンジの三氏だったんだ。
若林卯兵衛と榊原吉郎両氏の対談「伝統工芸のこれから」は後で、読んでみよう。

ページトップへ

2017.4/8(土)



もともと、火事になる前に、2015年からは、自分の晩年の仕事は二つと決めていた。一つは、美女の帰省先のアドレスが10000人近くあり、これを活用して、本人に会えずとも近辺を訪ね「全国美女巡礼」みたいな爺さん婆さんが登場する本を作るつもりだった。もう一つは、40数年の200冊日記と膨大なネガストックを絡めて、多分僕にしか出来ない様々な人たちが、エピソードと共に登場する面白い本を作るぞ!意気込んでいた。
芦原さんが財布をなくしたとの連絡あり。
前者はもう無理だが、後者は残っている材料でできる。これが、如何に面白いか、いまとなったら、その一端をまず示すしかない。面白ければ、食いつく編集者もいるはずなので、60歳代の残りは、FBもやめて、この作業に取り組むつもり。それくらいしか僕独自の取り柄はないでしょう。
いつまで続く週末の雨。
Vic Vicデイでも客を遠ざけた雨。
村上春樹の「騎士団長殺し」は暫く読まないでおこうと思っていたが、つい小山鉄郎さんの『イデア』に対抗する『私』ーー『悪』を見つめ、『恐怖』を超える21世紀小説」をつい読んでしまったので、その内に本作を読むことになるか。
でも、まだ春樹を読んでいる場合ではない。
でも、小山さん来店迄には。
今日もフランス人、ハイデルベルクからの「日本赤軍」の学者ティル(奥さんのヤスミンさんは元八文字屋バイト)、メトロでのライブ帰りの建築家兼ミュージシャンで締めくくった。
東京の新宿「猫目」のママ、美学者の谷川渥さんらはそれぞれすれ違いだが、「大物」揃いが密かに?犇めきあったという感じかな。
深夜、福井さん、友人と顔だし。

ページトップへ

2017.4/7(金)



9:00起床。
今日からマジFBから脱却。
Nakagawa Hokoさんにルネで会う。仏大、大工大の仕事が決まったと。前期が4コマ、後期が7コマ。
記念写真を撮ろうとしたが、バッテリーがないのに気づく。
八文字屋、トップ客はYoさん、三上さんの差し入れあり。
バイトは、Vic。
高林さん&芦原さん来店。アミット、ポポちゃん、フリオ&デンス(メキシコ)、ニコラス、深夜にヨ氏。
村屋に寄る。

ページトップへ

2017.4/6(木)



ルネ。
本3冊立読み。
ライナー・シュタッハ著「この人、カフカ? ひとりの作家の99の素顔」(白水社)“Ist das Kafka?99Fundstucke“
小沢信男「ぼくの東京全集」(ちくま文庫)
呉座勇一「応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱」(中公新書)
小沢信男の近影は、藤部明子さんが撮っていた。
巻頭の「落日譜」は1945年3月10日の東京空襲の後の海も山も間近に見える、人が焼け焦げた臭いの漂う焼け野原を歩く様が描く。1957年に書いたようだ。
ルネで、SにDVD渡し。
客なし。精神を整えられず。

ページトップへ

2017.4/5(水)



川内倫子のコレクターらしいフランシスさんにもっとプリントを見せようと準備。
7:00アンドレアスと来て、プリントに一瞥くれて帰る。
建築家の杉本安弘さん&前田忠直さん来店。増田友也の教え子2人。「増田友也生誕100周年記念シンポジウム『増田友也を語る』」のパンフレットをくれる。司会は、松隈洋さん。監修は、前田忠直さん、編集は、杉本安弘、人長信昭、朽木順綱、杉山真魚。
オイタさん、スキャン第三弾持参。
杉村昌昭さんが、信友さん、村澤真保呂さん、勝賀瀬さん、森元斎、増田靖彦さん、昭和堂の編集者、ライプチッヒ大学のシュテフィ教授ら12人できてくれる。アールブリュットの本(人文書院)は5月に出て、パーティは9月にやるとのこと。東本願寺の大須賀さんも巻き込まれる。浅利ちゃん、遅れて来る。珍しく鹿さん、来る。K-Kei、Shuheiさんは顔を出さず。上田ゆうじさん&晃久親子は長っ尻。チーちゃん来店。精華大学のテキスタイルの中川先生は、マロニエで個展中の武蔵美の知人シマヅヨウさんを同伴。奈良井さん、帰ろううとして、アドちゃんが来て、戻って来る。最後に、京楽のユキちゃんがお客と来て、ゆうじさんと喧嘩。

ページトップへ

2017.4/4(火)


1968年4月4日は、マーチン・ルーサー・キングが暗殺された日。

琢ちゃん、段ちゃんのみ辛い夜。琢ちゃん、春菊の胡麻和えを差し入れ。
大家には、今週は苦しいと伝える。
昨夜は、多少、予想が外れ、お客さんの数は少なかったが、感慨深い日になった。
まず、エリオが庭師志願に対して山田さんが誠意を見せてくれたとの報告に。ついで、アンドレアスがカイ写真購入目当てのフランシス同伴、永澄氏は大橋さん同伴、NHKのディレクターY君とT君はカイ番組を真剣に作ろうとしている様を示しにきた。客入りを案じる段ちゃん。
飲みすぎたな。
20代の向学心ある東大卒と立教大卒のNHKのディレクターと2時間喋って、僕が 今脱稿しようとしている本の内容は、半分くらいチンプンカンプンかも知れないな、どうしよう、やり直しだな、と思う。食いつきはいいのだが。

ページトップへ

2017.4/3(月)



9:00起床。
また、フランチェスカ、リカルドに会う。
ここのところ、殆ど原稿書けず。芸術センターには行けず。
延寿堂の近藤玲子さんが夕方きて、二時間歓談。永田萠さんと仲良しとのこと。今江祥智さんも患者という。徳正寺が檀家寺で、お母さんの実家は、下京区の仏壇屋で負野さんという。応仁の乱の時に本願寺の仏壇屋んを背負って逃げたので、負野という苗字になったという。折田弁護士とも付き合いがあり、河原町二条の地下の店には、泥さんを呼んで講演をしたりしているという。八善工務店と親父さんとの関わりしらず。旦那さんの話面白し。三月書房の当代とはどういう訳か相性が悪いとか。親父さんとは良かったらしい。僕も同じだが、歳が近いのがよくないのかも。寺町二条界隈の話で盛り上がる。銅駝中学廃止の時は反対運動をやり、同盟休校をし、校長、市長、教育委員長、卒業にあたる3年生だけで、本能寺会館で話し合いをったという。古川町の織田薬局は、織田信長の子孫という。
アンドレアス、フラン来店。エリオ、NHKの2人、段ちゃんのみ。

ページトップへ

2017.4/2(日)



ルネ。
ダウン。KG+のフライヤー1000枚取りにヒルゲート行き。谷口淳一先生が20年前に来八の知人を紹介してくれたが知らなかった。
20:00にジャーマンが来て、京楽を冷やかしに行ったり、一頻りジャーマン・トーク(エロ話)を浅利ちゃん相手にする。またしても浅利ちゃんと二人っきりの時間多し。
昼間に時間はあったのに、店の仕込み以外は何も出来ず、10:00迄客なし。奈良井さんは疲れた様子。佐藤優子さん久しぶり。深夜、「鬱でも踊れ」のフライヤー持参の客、ジンジャー飲んで、3:00前に帰る。

ページトップへ

2017.4/1(土)



昨夜は、奈良井さんは深夜2:45に顔をだした。
昼下がりのグダグダ歩き。
買物、糺ノ森、恵文社、rondokreanto、ホホホ座まわり。梅棹マヤオさん早速「鴨川周遊」のフライヤーを張ってくれた。「ウチでもやってくれませんか?」と言ってくれたので「岩波の本が出たあたりに照準を合わせましょうか」という。
向かいの銀月アパートの枝垂れ桜、ボチボチかな。
オイタさん、S打ち合わせ。深田実希さん来店。5月10日にKBS京都で5分間中継するとのこと。
外国人グループ4人、シルヴァン&佐枝&高見沢こずえさん&旦那、奈良井さん、魚谷繁礼さん&友人。
ろくでなし、石丸商店に行き、八文字屋で沈没。

ページトップへ

カイ日乗



2018年


2017年



2016年



2015年


*1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。2015年以前の日乗は、ほんやら洞のホームページよりご覧下さい。








お知らせ&イベント

(9/17更新)

カイ日乗 7/1〜20まで更新しました。

★最新展覧会
9/1〜30 甲斐扶佐義・浜田佐智子写真展「ふたりが歩けば、犬・猫に…?」@集酉楽サカタニ

9/1(土)20:00〜 犬猫展記念パーティー @八文字屋

★「GRAPHICATION2 No.16」(電子版)に、「対抗文化のなかの『ほんやら洞』」が掲載されました。(下の画像をクリックするとWEB版をご覧いただけます)

・PCで閲覧する場合は、富士ゼロックスHPから、パソコンでご覧になる場合はこちらから電子版16号(2018年6月号)」のリンクをクリックするとWEB版がご覧になれます。

・無料アプリ(電子書籍版)のダウンロードについては、下記URLをご参照ください。タブレット端末やスマホでご覧いただけます。
http://www.fujixerox.co.jp/company/public/graphication/g2/

CNNのネット記事にほんやら洞のインタビューが掲載されました。


★甲斐扶佐義写真集「70年代京都」(Kindle 電子本)発売中!

LinkIconUnited States
LinkIconFrance

カイ日乗



2018年



2017年





2016年



2015年




*2015年1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。