2017.3/31(金)



フライヤー出来上がる。
ヒルゲートで谷口淳一先生の個展を見る。
ヴィクトリア休みで超暇。
ウッチー&カオリン&ふうちゃん来る。神田さんと鮎川いずみは親戚と「新必殺仕事人」の映像を神田さんFBにUP。

ページトップへ

2017.3/30(木)



大家の請求激しい。
いろんなことが鬩ぎ合う厳しい日々が、、まだまだ続く。
最後まで、そうなんだろうな。
深夜、冨樫とゆうじさん、意気投合する。
深夜、ヨシレイさん&島井佐枝さん&パンテル敏子さん来店。

ページトップへ

2017.3/29(水)



昼前、フライヤーチェック。
昼前から動きっぱなしで疲れた。4:30からの木戸衛一グループの飲み会、ひとり(昭和堂の鈴木編集長が)欠けたのは、痛かった。鰤大根、肉じゃが、鳥肝のたいたん、焼きなす、丸干し、巻き寿司を夕方からの平和学会の面々に供した。何種類を準備したのは、実に久しぶり。
ロベルト・ユンクの息子で結構親しくしているペーター・ユンクが大叔母さんについての伝記的フィクションを出版してベストセラーになっていると聴く。ロシアに共感を持ち、スパイだった時代が、あったとか。
浅利ちゃんバイト。奈良井さん、鹿さん二人連れてくる。R大のSさん。佐藤寛子。深夜、NHKのヤギシタさんら4人。甲斐ドキュメンタリーを作りたいという。「崇仁の走り」もチェックしていた。作りたいと思っているディレクターは、8月に転勤という。鹿さん、チーちゃんが働く旅館に落語を聴きに行ったことがあるのに、八文字屋での旅館の支配人さん画像を見て気付いたという。佐藤寛子さん久しぶり来八。不明外国人客4人。
ダウン。

ページトップへ

2017.3/28(火)



また、やってしまった。
レオ、久しぶりに鴨川で会う。
ヨシレイさんの都合で、ヨシレイさんとのデート、延期。
写真(撮影・本作り・個展・ネガ探し)、八文字屋の営業そして原稿書き生活と軸が三つあり、その相互間のベアリングに不具合が発生して久しい。三つの軸を縮めて、ベアリングにもオイル(ベアリングが金かオイルが金か?)を補給という段階。元来、全てにおいて混沌としている。
Sとフライヤー校正。
杉村さん、永澄さん、立教関係者同伴。奈良井さん、出張から戻る。福井さんが覗いて帰る。夜中、段ちゃんが最後。

ページトップへ

2017.3/27(月)



また、朝帰り。帰宅6:30。
昨日、一昨日とSが、この半年分の画像チェックをして鴨川展で使えそうなのをご苦労なことだが、約500点ピックアップしてくれて助かる。それを僕が80点に絞る。
が、本当は、デジカメ画像だけで数年分ストック、何万点かあり、その内、フェイスブックに全くアップしてないものだけで数千点はある筈。それ全てチェックしたら、大傑作が誕生するが、資力もいる。モノクロは200万点のネガを焼失したが、十分な探索は終えてないが、10数万点は生き延びたようで、その内、鴨川周辺のは1000や2000できかないと思う。45年間の内のどの時代のがサバイバルしたか不明にしても、今の段階では数百点確認している。
ヒルゲート展、古い傑作展で行くか、全て未発表カラーで行くべきか、ちょっと悩ましい。2,3日で結論を出さねば。展示は、おニュー?モノクロ傑作はファイル?
ギャラリーとしては売っていきたいと強く希望しているので、傑作は欠かせない。ミックスかな?もう少し会場が広ければなぁ、なんてアホなことを考える。
古阪先生の送別会の二次会?竹山聖教授、牧紀男防災研教授が先発隊で来て、布野修司さんも10ヶ月ぶり。アンコ写真の件、僕の名前が欲しかっただけとのこと言う。魚谷繁礼氏自身の画像ありときく。
どんちゃん騒ぎになって行く昨夜の布野修司さん、竹山聖さん(建築家・京大)、牧紀男さん(京大防災研)グループの飲み会が長引き、そこに堀口徹さんが五十川涼子さんという楽美術館学芸員、香港在住のベルギーの建築家(竹を駆使)らが合流した。

ページトップへ

2017.3/26(日)



6:00起床、八文字屋。10:30までウダウダ。
ルネ行き帰宅12:15
久しぶりに入浴、洗濯。
3:00S宅。バックアップ画像チェック。
八文字屋7:30オープン。浅利ちゃんバイト休み。大須賀さんグループ来店。
人見さんより、電話。
フライヤー、至急と。
来年、KGと付き合うのだったら、カイ「鴨川絵巻物」風写真展、スポンサーがつけば、500メートルでも面白い個展は可能だと、言おう。
KG事務局が、本来なら、こういう個展にも目を向けて、スポンサーとりをやってくれるべき?だけど、僕が積極的に口説くべきか?陽の目を見れば、来年でも、再来年でも話題沸騰は請け合いだけど、僕には金がない。大風呂敷を広げても不毛?
純粋、会場と金だけの問題。
僕に中国から個展の声が掛かったら、この案を提案しょう。今出川から団栗橋間の光景だけでも随分面白い。
今回は、ヒルゲートは狭いので、その一端を展示するか、違うものにするか、まだ考えあぐねています。
僕に100万円位、余裕があれば、やる。
ちょっとクレヴィスに掛け合ってみるか。

ページトップへ

2017.3/25(土)



天神さん来店に行く元気なし。
何も出来ず。
八文字屋18:00オープン。
山拓さん、18:30来店。
段ちゃん20:00来店。R大のSさん21:00、ヨシレイさん21:30(昨夜京都着)、佐藤守弘さん22:30、エリオと大須賀グループ23:0023:30韓国の翻訳家キムさん&デザイナーのハンさん。
3:00閉店。

ページトップへ

2017.3/24(金)


何もできず。

ルネで飯を食っていると、これまでに何度もいちゃもんつけたり、顏を見るなり睨みつけてきた端正な顏つきのおっちゃんがいた。
今日は、飯を食った後、本を読んでいると、突然、テーブルの前に座っており、こっちのカメラを触った。「キャップしろ、ボケ、常識だろ」と言い、レンズをこっちに向けた。勿論、やりかえしたが、鬱陶しい。
病気なんだろう。
ウィルからメール。返答で妙なこと?責任を他人に転嫁する文面を送ったとSから叱られる。僕的には、そう変でなく、文面を短縮しただけなのを、深読みすれば、そうと解釈出来るかもといった程度なのだが。
ヴィクトリア45分遅れ。Rowanさんのサヨナラパーティをやっても良いか?と先にメールあり。
トップ客は、作曲家の三上晋司さん。Rowanさんの友人も8:00から随時来店。
オイタさん来店は、明日か明後日と思っていたが、今日来て、準備出来てない。
客は、20数人の留学生。パーティ無関係客は、上記二人以外は、吉田寮で個展をする写真家の野村君、タカさんのみ。
3:30まで。海人彦、卒業写真をアップ。

ページトップへ

2017.3/23(木)



朝帰り。不調。国会中継にはガッカリ。
今日は海人彦、卒業式?
パチャンガでSとタコス。
客は、琢ちゃん幽霊、段ちゃん、海坊主だけと寂しい。
冨樫来店で国会中継話題で来るかかと思ったが、なし。
バンソン帰国。奈良井さん、出張。
暇で、粘ったが、結局、酔って、ネガチェック作業は進まず、朝6:30まで暖房を点けず眠ってしまうことになった。

ページトップへ

2017.3/22(水)



8:00起床。
充電100%になってない。
気がつけば、映画ひとつ観る余裕のない仕事(生活)をしている。銭湯にも行きたいなぁ。
歪なもんだ。仕方なし。

茨木のり子詩集収録「配達夫」内「はじめての町」読む。次のくだり、いいなあ。

はじめての町に入ってゆくとき
わたしの心はかすかにときめく
そば屋があって
寿司屋があって
デニムのズボンがぶらさがり
砂ほこりがあって
自転車がのりすてられてあって
変りばえしない町
それでもわたしは十分ときめく
で始まり、
わたしはすぐ見つけてしまう
その町のほくろを
その町の秘密を
その町の悲鳴を
、、、、
、、、、
、、、、
、、、、
お天気の日なら
町の空には
きれいないろの淡い風船が漂う
その町の人たちは気づかないけれど
はじめてやってきたわたしにはよく見える
なぜって あれは
その町に生れ その町に育ち けれど
遠くで死ななければならなかった者たちの
魂なのだ
そそくさと流れていったのは
遠くに嫁いだ女のひとりが
ふるさとをなつかしむあまり
遊びにやってきたのだ
魂だけで うかうかと
、、、、
、、、、
好きだな、こんな詩。

御所の桃の花を見てきた。人出なし。
明日、I書店から参考資料が返却されるが、まだ進展はなかろうが、手紙を期待。
京都カイ的名所図絵と気持ちは傾いている。何処からも出版の依頼がなくとも、カイ的名所図絵を作るつもり、それには、一にフットワーク、二にもフットワーク。現場に足をはこばねば。
この春こそは、動かねば、人生も終わりだ。秋までに精神的経済的余裕(ストック)作りが必要。R大のS先生が京都に居られるはもう少しなので、寸暇を惜しんで、名所見物しているし、バンソンにしても日本中の庭園見物している、そこまで行かなくとも、京都で数千人の美女を撮影した場を回わり、場所の記憶を書区という企みが!必要。野坂昭如の「東京16契」が目標?何年ほ念願の他府県行きを果たしてない。ターミナルターゲット?これからは回る。
バイトは浅利ちゃん。
梶田さんがトップで暫く誰も来ず。特に常連は。チーちゃんも鹿さんも来ず。
仕事は捗らず。
遅く、S先生、植田元気君&知人、エリオ&坪川さん、バンソン、冨樫と深夜客のみ。エリオの庭師志願を聴く。

ページトップへ

2017.3/21(火)



朝からルーター不調。
八文字屋大家に6.1。
ルネでネガチェック。
ネガ探し。
DM、ポスターの原稿。
持って行ったが、留守。電話も通じない。
やっと山を越えたと思った時は遅かったようだ。
一月連絡取らんかったからな。
事態は想像できる。
19:00八文字屋オープン。
僕はひとりでは何も出来ない。慎重に誰か探さねば。
茨木のり子の詩は励みになる。
O連絡。雨の中、走る。コードを貰う。OK。
田中直子さんから「今、戦争の兆しに心いたむ作家たち」に出展しないか?5000円、とのメールあり。その程度の余裕すらない生活。
この生活はやく返上したい。
8:15再度オープン。
山拓さん、ニューヨークで、素人の手になる無様な日本庭園が展示された悲しみを語る。
稲山さん、斎藤先生同伴。東北学院大学の学生がまとめた幽霊に支えられる人々についての本の話をする。斎藤先生、明日、健康診断で直方に帰るとか。
呉ジンカンさん、久しぶり。瀬々敬久監督のつげ忠男原作映画のポスター持参。
ろくでなし経由で武蔵美出身の福島郡山出身の絵描きさん、来店。稲山さんと話し込む。
奈良井さん、鹿児島出張日帰り後、お土産持参。
チーちゃん、職場の支配人同伴。助かる。何時も応援してくれ助かる。
バンソン、チョイ寄り。最後は冨樫。KGのイベントへの取り組みを喋る。
3:20帰宅。

ページトップへ

2017.3/20(月)



6:00くらいから一時間おきに目をさます。
原稿進まず。
昼、久しぶりに三角州で寿司を食う。
買い物に行き、S宅で5週間ぶりに食事。中村勝さんと1年4ヶ月ぶりに電話で喋る。近々、見舞いに行く約束をする。
ルーター、相変わらず、不調。
立命大のアゴン先生、明日卒業式の学生ら9人引率。
海坊主、奈良井さん、琢ちゃんのみ。
雨なので、2:00前に引き上げる。

ページトップへ

2017.3/19(日)



何もできず。

夜も浅利ちゃんなのに、不発。オイタさん、鹿さん、周平さんも来ず。遅く、激務を終えて、K-Keiが来る。

龍大の杉村さんの後任の増田さんがくまもと高専のベルグソン専門の長野友也さん同伴がトップでゆっくりしてくれて息を継ぐ。立命大留学生グループが唯一の卒業生ウェイブ。三島邦さんもちびちびやり、最後にK_Keiの挑発で、西村玄光と弾けて、2:30まで。バンソンは、立命大留学生グループが若すぎて?ともかく、混ざることが出来ず、早々に退散。奈良井さんは、ルパン帰りで、寝に来る。3月27日まで来ないとのこと。

ページトップへ

2017.3/18(土)



有馬敲が夢に出るなんて初めて。
「堀川通り」という本を作っているのだけど、東堀川について書いてくれそうなライターを紹介してくれない?僕は、西堀川について書くのだけど。
ジェフもあの辺に住んでいるよね。ああ、あんたで良いわ、書いてな。
ギャラについても訊かず引き受けた。どうせ何時もと一緒、ただ働きをやらせようて魂胆だろ。
要するに、河原町から川端までの堀川(二条~三条)辺りの文化史的エピソードを雑文化すればよい。
で、甲斐荘楠音、フェノロサ夫人、滝沢馬琴、榊原紫峰、オランダ商人宿、村山槐多、鴨川内の卒塔婆、旧白川と鴨川の合流地点あたりの関わりでも書こう。
でも、やはり、ギャラを、、、と思ったら、目が覚めた。

ルネには、相変わらず、敵意丸出しのオヤジいる。
H情報掴めるかと京都新聞見るが、わからず。左京郵便局に不在通知の郵便物(保険の請求書?)を取りに行く。
帰りは、高野川、糺ノ森を通るつもりが、逆に農学部を通り戻っていた。
家のWi-maxの充電器が使い物ろにならなくなっていて、仕方なく堀田善衛の本を読む。
14時間後に開通。
トップは、市口恵さん&息子の智幹さんがきて「猫町さがし」を買い、写真を撮ってくれと言う。
その後は、客途切れる。遅く京大の留学生アレックスグループ数人、カオリンズ、大西精肉店で働いているシンガー&パートナー、、中村さん、段ちゃん、琢ちゃん、バンソン。閉店4:309:30まで寝崩れる。
しんどい。

ページトップへ

2017.3/17(金)



しばらく、カイ日乗をUPしてないので、「生きているか!?」と北大の渡辺浩平先生からメール。
また、オープン時に釣銭7円しかない。
しかも、ずっと客なしで焦る。遅く、再生医療研の中村先生が来て、学会帰りの後飯塚僚先生がくる。助教もきたので、三上寛等を掛けると、後で来たバンソンが嫌がって帰る。その前に奈良井さんチョイ寄り。
ミヤコさんは楽器を取りに来てすぐ帰る。連れないもんだ。来るのは、ノー・フィーの琢ちゃんくらいなもの。
3:00閉店。

ページトップへ

2017.3/16(木)



今日からエンジンをと思うも、寝不足。
一番客は、名古屋の森一生さん(写真館)、春道君&OLGA(オーリャ)オーリャさんは写真集を初めて開けたページに恩師?のシルヴァンが写っているのにびっくり。段ちゃん(一緒に、ダチョネ節、昭和維新の歌、テレサ・テンの歌等を聴く)、3:00まで居たバンソンは世界の友人に、ニヤニヤしながら、メール。美空ひばりの「日本歌謡史を歌う」をながすと、ご満悦。

ページトップへ

2017.3/15(水)



確定申告提出。
ちくま文庫で小沢信男の東京本を探しに行くがみつからず。ヒルゲートも人見見当たらず。マロニエの5F覗くもイマイチ。
Sが休みで、今、仕事のキリがいいので、お茶しようとTel。
持ち金は1200円しかないので、と断る。岩波に書類を送る。
八文字屋オープン時は、氷、卵を買った後で、釣り銭は7円しかない。
浅利ちゃんバイト。
奈良井さん防火委員でこれず。
森元斎の知人でアスベスト館にもいたという鹿児島ラサール→東大→東京理科大教授の後飯塚僚さんが本庶佑らの学会ついでに来店。R大のSさん、ほんやら洞に予てより行きたいと思っていたが、行けなかったという女性ふたり来店。マフラーを忘れて行く。
ヴォガのオープニングにオイタさん、鹿さんが行き、帰りに寄る。段ちゃん来てくれる。みやこさん、月末ライブやらせろと来る。楽器忘れて帰った。

ページトップへ

2017.3/14(火)


確定申告書類書き終わるが、前年度の書類を持参しろとうるさいことを書いてある。マイナンバーも。Wi-max不調? iPad接続不調? 家で何も作業できず。

ティル&ジャーマン来店。小林奏子ちゃんはToxxiesの相棒と一年ぶり。
みんなが帰ったあと被りもののチーちゃん&浅利ちゃん来店。奈良からの帰り。
誰も居なくなってから、バンソン、アドリーヌ。

ページトップへ

2017.3/13(月)



48年ぶりに茨木のり子「りゅうりぇんれんの物語」を読む。
中国から狩られて炭坑での強制労働の末脱出。14年間、北海道内を転々とし、妻子が待つ村に帰還する物語。
読んでいると、高山佳奈子さんも食事に来た。昼会うと照れて早々に退散。
先日のM先生からメール話をすると「奥さんが怖いのよ」と。
八文字屋、不調、今日明日明後日がピーク?
岩波に送る書類出て来ない。
7:10オープン。ユウジさん、エリック・マタレーゼ、山拓さんが早く来てくれる。
その後の谷間がキツかった。奈良井さんが、顔を出したくらい。葦津も逃げて帰る。
バンソンはチョイ顔出し。谷川渥さんは三連ちゃん。ヤスミン山下が、凄いと力説。

ページトップへ

2017.3/12(日)



連日、ちょっとヤバイ。
朝4時5時に寝て、頭がスッキリするのが10時間後。さあ、仕事という段は、八文字屋行き時間。
再生医療研の中村先生に時間はないですよ!今日から懸案のもう一つの大分の歴史について書いてくださいよと、言われる。
確かにこの生活では無理。
20~30年前に書こうとしていた双葉山と稲尾和久の話を中村先生と喋っていて、もう大分県人でも稲尾、双葉山と言っても解らない若者が大半じゃなかろうかと、気づく。
京都に来て、もう49年になる。
自己憐憫にも自己誇示にも陥らず、早く、書き物から脱出せねば。
いつ身動き出来なくなっても不思議でないねと、中村先生は5歳若いが、その点で、意見は一致。

磯崎さんの母方の実家は、山香町立石の馬城金山の真ん前にある庄屋さんの、糸永家。僕の育った倉成又井金堂から歩いて10分。僕は、中高時代、糸永家が目の前の国道10号線をランニング。
小学校時分は、馬城の集落の子どもたちと印地打ちみたい?な石合戦で怪我人がでるほど、諍っていた。最後に、別府の石井組のさんちゃんが仕込み杖をもって登場で幕切れ(頭の中はそういうイメージ)、這々の体で逃げ帰りました。磯崎さんが、同年代だったら、、石合戦でやりあっていただろうなと笑う。
磯崎さんがまた、地図を描いてくれたのに、その「夢の抜け口」が帰った後、なくなっていた。

ページトップへ

2017.3/11(土)



今日もスロースターター。冨樫&22歳の誕生日にチンピラにハメられて150万円取られたという芸人、奈良井さん、不明留学生7人、岩波の編集者、永澄&NHK新人女性、京産の藤井さん(元京都新聞)&友人、再生医療の中村先生(杵築繋がり)、朝日ちゃん&岸さん&滋賀の男小学教師、白井聡さん&不明友人、造形芸術大の通信の写真の先生&教師、バンソン&アドちゃん、

ページトップへ

2017.3/10(金)



昨夜は木曜日なのに、意外な展開をみせた。
おかげで1:30に終わろうと思っていたのに、3:00過ぎまでお客さんが途切れずいて、気がついたら、朝の8:00
まず、オーストラリア人カップル、スイス人ら混合グループ(後でヨシアキ君も加わる)が8:00ジャストに来て、エリック・アザン著自訳書「パリ大全」持参の杉村昌昭さんが来店。3年半で初版1000部のこの名著がまだ増刷に至ってない。出た段階でカイちゃんに上げておけば良かったんだが、FBでも何でも拾い読みして、感想を書いて欲しいし、次は5月にアール・ブリュットの古典を出すので、その会に来て欲しい、カイちゃんがアール・ブリュットのギャラリーで個展をやるのは素晴らしい、次に写真集を出すときにはオレに書かせろ等々は何時もスタンスだったが、話の中でビックリしたのは、元人文書院の編集長の落合さんが菅孝行を知らなかったと云う話や八文字屋を一代限りの店にさせないで欲しいという焦眉の課題の突き付けは笑ってきき流せなかった。
散髪したイケメンのイタリア人がイタリアの知人同伴したとおもったら、河合塾の新井勝憲さん、NHKの若きディレクターのヤギシタさんが若い東大卒の同僚同伴。圧倒的に若い世代(息子の世代)が現場にいるのをまざまざと見せつけられる思いがする。
最後には、石丸商店経由に、なんと、あの写真家ピーター・ビアードのアシスタントを務めていたLaneさんが登場(しかも、今、四条河原町のNOVAで英語の教師)。あれこれ、写真集を見て、来週、1週間ニューヨークに帰るので、ニューヨークでのカイ写真展を実現させるべく話を決めて来ると、写真集を2冊持っていく。訊けば、CNNのニュースを見ており、これだけのクォリティの写真群がニューヨークでやれない訳はないと、さんざん?喜ばせることも言う。
深夜、バンソンがSのメッセンジャーとしてのみ登場という変な夜。
吉田の大家にやっと入金済み。八文字屋は、今月分は、これでやっと。やあやあ言って来るが、ドッシリ構えて対応。
今日は疲れを癒すため?に鬼平二本見る。
今日、明日、明後日が勝負。
3:55帰宅。

ページトップへ

2017.3/9(木)



不調続き。家の大家に後5000円。
帳簿も片付けねば。
堀田善衛「若き日の詩人たちの肖像」(文庫上下)入手。
八文字屋の大家
「次の入金はいつ?」と煩い。
S宅に伝票取りに行く。
ルネで飯を食い店へ。自力で大胆に行こう。
8:00ジャストにカリーナの教え子で、出雲神道を研究しているスイス人、オーストラリア人のカップル、知人を同伴。
出張帰りの奈良井さん、早く来る。
神林さんからメール。
返信が滞って申しわけありません。
出てきたネガ、見たいですね、ぜひ。
今週、京都に寄るのですが、日曜日の夜は八文字屋は休みですよね。
4月初旬にも行く機会があるかもしれないので、それまでに、いた
だいた原稿に目を通しておきます。
ピーター・ビアードの元アシスタント、レーン氏に写真集を2冊預ける。
ニューヨーク写真展の目が出たかも。
八文字屋で沈没。

ページトップへ

2017.3/8(水)



フェイスブックに次のような八文字屋を振り返る文言を連ねる。
32年前に八文字屋を作るにあたって、変な言い方だけど、客のターゲットを3グループに設定した。

1:市民運動の流れ
2:周辺商店街(及びギャラリー客)経済局のコンサル紛いの仕事で、付き合いが多かった
3:常備する世界の日刊紙数紙の波及力が齎す層

1に関しては数年有効だった。
2に関しては10年実現した(自身が!写真家として、新聞連載エッセイストとしての活動による)
3は無効で「八文字屋通信」に切り替え、更に、写真集出版に切り替えた。

現状はどうか?

1:ほんやら洞伝説
2:八文字屋伝説
3:多国籍の外国人客(留学生及びカイ写真の波及効果)

現状の123はいずれも遠来客。
32年間営業していて欠けて行った客層は?
将来展望。
店主の耄碌に類するものは増幅するだろう。
年に2~3冊の本乃至写真集を地道に出して行くしか将来はないだろう。
短期的展望には、2、3欠損条件があるが、這いずって行くしかない。
それで潰れるのなら、仕方ない。
着火さえ出来ればと、地団駄を踏んでいるのが現状。着火迄は小回りを持って旨とする。

トップは、紀井さん&ドイツ人のテレサを連れた北斗君。紀井さん、久しぶりだったたが、ふたりにご馳走する。モンサントかぶれ気味な北斗君。ウッチー&カオリンも来てくれ、深夜、バンソン、元三条ラジオカフェの福井さん来店で、3:50まで。辛い。

ページトップへ

2017.3/7(火)



去年、珍しく連載小説を読んでいたが、二月、どうしても1000円しない雑誌を買えない時期(よくあることだ)があって、後半を読めなかった。通読は2~3ヶ月後になると思うけど、これを巡る黒川創・加藤典洋の対談(『岩場の上から』何が見えたか)を立読みした。加藤は流石、読み巧者だ(『新潮』4月号)。
バンソン先生が深夜、繰り返し言った。
「八文字屋のお客さんはいい人ばかりだ。特に、今晩、それから、先週の金曜日のお客さんたち。若い日本人も含めて」
バンソン先生は今晩11時に来八予定。
この10年の思い出深いお客さん、バイト、亡くなったフランスの親友のことを回想した。
バンソン先生は今晩(3月7日)の深夜、来店予定。
「必殺仕事人」のDVD関係のニュースの「江戸時代にあった職業としての鋳掛屋」コーナーに拙鋳掛屋写真使用にOKした。

ページトップへ

2017.3/6(月)



まず、入金。
鋳掛屋の写真を使用させよ、と来る。

ページトップへ

2017.3/5(日)



日乗を書く夢を見る。
先月、いそがしくて、2週間、メモをエバーノートに残していたが消えて以来、放ったらかしだった。
それで、何十年ぶりかに欠落が出来た。
まあ、それはそれで良いか、八文字屋の仕事、書下ろしの仕事優先だと割り切ったつもりでも、夢に見る。

2:00誰も居なくなったので、ボチボチ帰る。
少なかったな、今日は。三島憲一さん、高山佳奈子さん、木戸衛一さん、オイタさん、チーちゃん、海人彦、Kei_Kだけだった。
今日、日向太が実質、フィアンセ披露パーティをBalの6Fでやったらしい。
4日、5日とも不発に終わる。

ページトップへ

2017.3/4(土)


伊藤公雄さんからフェイスブック友達リクエストあり。

明後日も夜はいそがしげ。2日で疲れるのは必定。
10:00から動く。
来週から、2,3日部屋の掃除で、去年の申告書を探し、確定申告の準備。
問題は、今晩。落ち込まないようにしなくっちゃ。
バンソン、昼夜来店。
久しぶりの井上章一さん「暫く飲み来れてなくてごめん!相変わらず綺麗どころは来てますか?」
三つ子の魂百までか。店があり、お互い元気な間は付き合えそう。岡本正史さん「先生30万部ですか?」「いえ、26万部です」「新聞広告では29万ですよ」と快進撃は続く。井上さん不調?二次会、三次会休む。
バンソン先生、箕浦舞さんとの「Beauty&Beast」写真を「流石!距離感が良い」と誉めてくれる。
日乗を書けなくとも、撮影は続けなければ。
坪川さん&後輩、段ちゃん、ヨ氏来店。
アルド、グループで、イギリス人、カナダ人、ドイツ人同伴。
マルグリット&ヤニック・パジャ。ナオトにはお引き取り願う。

ページトップへ

2017.3/3(金)



朝4:00帰宅はしんどい。
昨日は「撮影希望者」に踊らされた。姿を現さず。
伊藤公雄さんに会う。
八文字屋、レオ、ヴィクトールがトップ来店。
前日に続いて、稲山さん来店。京都外大のプルードン学者伊多波宗周さん&「お兄ちゃん」シュウマイ持参。草葉さん、花月の事務方の女性も。バンソン、アドちゃん、葦津ナオト、濱ちゃん。
明日は朝から深夜まで忙しい。

ページトップへ

2017.3/2(木)



朝イチのやりとり
「今日の撮影で金が入る予定。
今日、金を持参しなかったら、明日、振り込んでもらう。
どっち道、ぼくは、今日200円で、夜スタートする。
明日一番で振り込むので、今日、仕事をやって!
先方には7:00に送ると伝えている。
今日がリミットなので、今日を外せば、アウト。
後は、判断をまかせます。
KG+は、どうでもいいが、Johnの信用をなくします。
甲斐」
「では、今日の入金を確認したら」との仕事人からのメールに対して。
何処も厳しい状況は同じ。頑張ります!と。
千織さん、姿を見せず。ガッカリ。
人見ジュン子さんに、傑作ネガ発掘状況報告と5月のヒルゲートでの「鴨川周遊」展は、自分がこの25年間の京都での鴨川絡み展の中では、出色の個展になると思うと自画自賛に行ったが、留守だった。
坊主覚悟の木曜日、南山大学の一年生、サキさん&リタさんが、同大学の留学生に教えられ、西日本、青春18切符で3週間旅行途上に来八。
そこへ、田中利和さんが、後輩と来店して、ジョイント記念撮影。
1円アピールで砂布均、段ちゃん応答。
佐用南美ちゃん、ロシアのサンクト=ペテルブルク大学から同志社メディア学科の留学生、ジェニーさん同伴、アイルランド帰りの客、「カール・バルトの神論研究」(キリスト新聞社)持参の稲山さん。例の方式の琢ちゃん、ヴィクトリアの知人のラテン語研究者&サンクト=ペテルブルク大学から京大留学生、冨樫、奈良井さん、バンソン来店。琢ちゃんも、稲山本買う。
姉、花粉症に75歳になって初めてとのこと。

ページトップへ

2017.3/1(水)



不調の2月を終えて、3月の仕事に猛進するしかないが、1人相撲にならないように心掛けよう。
「不徳の致すところで」と言い続けていると、一番身近に居て、分かってくれていると人まで、これがレトリックと思わなくて、核心を捉え損なったりする。ベストネガの大量発掘という千載一遇のチャンスを捉えて一気呵成に攻勢に出なくてならないのに、このチャンスを掴み損なうことになる。此の期に及んで、悲しい哉、側近がブレている。何故かソッポを向いて、この一番大切な時に役に立たない。それを非難する暇はない。
人生のラストチャンスに、なんとしてでも隘路を見出し、そこを潜り抜けねば敗北だ。
寝つきが悪く、眠ったのは8:00頃?
この数ヶ月の来し方を振り返り、ドジなルーティン返上の抜本的契機をどこに求め、最後の10年?をどのように自分らしく生き、ボケ進行を見据え、仕事仲間との関わりの振り幅どう上手く調整出来るだろうか等々思いつつ、もう今日は寝らんと、原稿書きに入ろうか?と思うが、夜のことを考えよす。

神林様
原稿遅れて、ごめんなさい!
徹夜でやっていて、ウッカリ40枚少しの原稿エバーノートで削除してしまい、再度やり直しています。
僕的には、取り敢えず、あと100枚書き、神林さんの判断、意見を仰ぐことになるかなと思っています。
個人的には3月中に完全脱稿して、出来ることなら、5月9~14日のKG+展(ギャラリー・ヒルゲート『鴨川周遊』)に間に合わせたいのですが。
神林さんも忙しいでしょうね。
もう一つ報告があります。
完全焼失と思い、2年2月以上、腐って見なかった焼跡からの救出ネガのチェックを1週間前に初めて開始したところ、ドバッと、なんと、なんと、素晴らしいネガがいきなり200点出てきたのです。
神林さんがこれまで見たこともない甲斐写真のイメージ群です。
燃えてしまったベストネガも多いですが、既出版のどの写真集と比べても遜色ない、というか、はるか良いと断言しても良いのですが、素晴らしい写真集が二冊出来そうで、感激に打ち震えています。
書き物も終わらない段階で、忙しい神林さんに、写真集もと言いづらいのですが、僕的にはいちにちも早く写真集の形で陽の目を見たいので、まず、4月中には100点、全く金がないのですが、プリントを用意します。
神林さんとこがダメなら、パリの出版社にあたるつもりです。
去年から、カイ写真集の出版及び販売に労を取ってくれているパリの国会図書館の現代美術写真部門の責任者、パスカル・ボスさんが、4月の終わりに、プリントの確認にきます。
それ次第で、5月末から9月半ばまで開催するフランクフルトのISOLAギャラリー展行きのついでに、パリの出版社にあたる予定です。
取り急ぎ、近況まで。
甲斐

フィリピンの伊藤さん、チーちゃん、オイタさん来店。
でも、不発と言うべき。

ページトップへ

カイ日乗



2018年



2017年



2016年



2015年


*1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。2015年以前の日乗は、ほんやら洞のホームページよりご覧下さい。








お知らせ&イベント

(11/7更新)

カイ日乗 9/1〜30まで更新しました。
イベント情報更新しました。

★「GRAPHICATION2 No.16」(電子版)に、「対抗文化のなかの『ほんやら洞』」が掲載されました。(下の画像をクリックするとWEB版をご覧いただけます)

・PCで閲覧する場合は、富士ゼロックスHPから、パソコンでご覧になる場合はこちらから電子版16号(2018年6月号)」のリンクをクリックするとWEB版がご覧になれます。

・無料アプリ(電子書籍版)のダウンロードについては、下記URLをご参照ください。タブレット端末やスマホでご覧いただけます。
http://www.fujixerox.co.jp/company/public/graphication/g2/

CNNのネット記事にほんやら洞のインタビューが掲載されました。


★甲斐扶佐義写真集「70年代京都」(Kindle 電子本)発売中!

LinkIconUnited States
LinkIconFrance

カイ日乗



2018年




2017年





2016年



2015年




*2015年1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。