2016.8/31(水)


昨夜は奇跡的だったので、濱崎さんに、9月10日以降も八掛けで結構です、とメールする。ところが、どっこい。超暇で元気が萎む。
CNNに出ていると、ボケットから「おめでとう。嬉しい」のメール。

Dear Kai-san,
Congratulations on the very good CNN article! Very well done!
I am happy to see you are fighting the situation. it is difficult to remain positive when we become older?
I go to Malaysia next month to speak about the Asian workers on the Thai-Men Tetsudo.
Please do let me know if you think I can be of any help in the important reconstruction of the ashes of your lifework.
Very Best Wishes,
David

一日、この嬉しいニュースの普及に努める。
他は何も出来ず。原稿も。悲しいかな、これも営業の一種か!?こんなことを営業の具にしたくない。
夕方、今日まで半額セールの「95年版八文字屋の美女たち」を市田響さんが買いに来てくれる。
今日は涼しいので、好調かな?という思い、裏切られ、ヒーヒー言う。
電通の高松伸一さんが3、4人の客を連れてくる。借金取りの片山さん。来春、一緒中国に行こうとか、滋賀の梵鐘の寺等景気の良い話ばかり。中原中也の安保由夫作曲の「サーカスの歌」を歌う。鹿さんも来店。美弥子さん話も。カオリンズ、レオ、皆にラキアを飲んで貰う。バンソンのみ。

ページトップへ

2016.8/30(火)


原稿すすまず。
300円しかない状態でオープン。とても、明日の◇万円入金は無理と踏んでいたのに、終わってみれば出来ていた。濱崎さんも大変とメールあり。トイレの電気切れたまま営業。
トップはレオがフランスの可愛い女の子二人同伴。それぞれ、一冊ずつ写真集を買ってくれる。
間髪を入れず、シルヴァン、セバスチャン、アニエスが来て、山拓さんが淡交社絡みの二人を同伴するも紹介せず。不明氏ひとり来て、ピーナッツを買って来たりする。後でガリマール書店の編集者がパートナーと共に合流。セバスチャンは「京都猫町ブルース」を、ガリマールの編集者は美人写真集を買ってくれる。大分の菱東化学の篠原さん来店。
東本願寺の偉いさんが、今度砂布均さんと歌う男(cozy...〕同伴。
ノッコが同僚を同伴。渡さんのプリントを買ってくれる。

ページトップへ

2016.8/29(月)


即◇万円入金に行き、ルパンに残り返済。
ルネのオープンを1時間待つ。飯を食って、雨になる前に戻る。
どうしょうもなくくたびれ、ぐったりしている。気がつけば2時間眠っていた。じゃじゃ降り。稲山さんは堺まで戻り、教会の前任者の安否を確認して、同志社の教学会議に出席し、そこでは、飲み食いせず、4人の牧師仲間同伴。濱崎さんに9月10日の分を先に!と打診。
稲山さんより一足先に田部さんが「汚い所だろう」と言いつつ、教え子のガールフレンド同伴。
チーちゃん、琢ちゃん、段ちゃん同伴。チーちゃんは、YouTubeを笑い転げながら、見る。後で、鉄板道場に稲山さんを誘う。更に、3:30になっているのに、稲山さんをカラオケに誘ったが、稲山さんは逃げて八文字屋へ。

ページトップへ

2016.8/28(日)


一銭もないのに、今日も▽万円入れろ、と休日なのに何度も催促。これも奴さんらの常套手段か?夕方、無理から作る。入金は明日。
朝の久しぶりの雨で涼しくなる。
36年前の知人、小川保博さんとFb友達になる。
ルネで胃にもたれる唐揚げレーメン。後は八文字屋で涼しくなったので、原稿に向かうも進まず。ルパンに返済。
6:00に川口さんグループ来店。話、微妙に食い違う。アートディレクターに会えたのは、良かったかな。お世話になったので、5人分ご馳走する。
7:30には、稲山さんがラキア4本とショットグラス6個持参。45度だけど、美味しい。バイトは浅利ちゃんで、K-Kei来店。
ホームページで散々宣伝したが、目ぼしい客来ず。稲山さん頼りの田部さん、ニューヨークの若いカップルくらい。閉店間際に琢ちゃん、段ちゃん。琢ちゃんは吉田東通りの祭りに感動したと言う。稲山さんはベオグラード式ピースを披露。礼拝でで琢ちゃんが書いた文を活用したと言う。稲山さんが居なかったら、今日の八文字屋はどうなっているのだ。明日もお客さんを二人連れて来るかもとのこと。ありがたし。
4:00帰宅。

ページトップへ

2016.8/27(土)


朝6:15帰宅。
昼過ぎまで寝る。
郵便局で大家へ△万円入金へ。アベノミックスの書類、不首尾あり、パスポートの証明書添付して、送り返す。
ルネで食事。今朝、松屋でトロロ定食をくったので、少し胃がもたれる。
不明電話には出ず。すると、川口さんからメール。
「八文字屋の昼間活用を考えてまして、協力者を捜してます。その一案として、連続トークショーを考えてます。その協力者(ホスト役?)を明日、28日、開店する6時頃に連れて行きます。条件や形態などなど、甲斐さんと色々話し合いたいと思います。他、昼間に食事など出せないか、料理人をあたってます。 また、そけなくしてましたが、資金繰りはまだまだ、きびしいでしょうか。」
これへの返信は以下。
「今、2階とのトラブルで、シンクを普通に使えないので、食事は厳しいと思います。
大家はヤヤコシイ方で、溜めた僕も僕だけど、この1年間で□□□万円返済したのですが、その溜まっていた2年間の損害金(金利14.6%)を払えだの、下へ漏水した分の修理代□□万円払えだの言い募り、それが終わるまで、家賃とは別に毎日▽万円支払え等言われてます。
これが終われば、昼、如何様にも活用出来ます。普通に使用したい方は、特にミュージシャンはいっぱいいます。
フランスの国立図書館の写真部門のトップが、バカンスが終わり次第、甲斐救済のために、博物館、画廊にプリント販売交渉及び親しいフランスの出版社との甲斐写真集の出版交渉予定。これでケリがつけば、万事解決なんですが。
それまでの3,4ヶ月間は知人に金を借りたり、返済したりしつつ、大家に入金なので、かなり厳しい日々です。
この夏はエアコンなしで乗り切っただけに、お客さんの店離れが進行して苦り切っています。
好材料は、フランス、スイス、イタリア人脈は健在で、彼らが日々来て、支えてくれ、今後もこの傾向は持続する筈です。
多分、月曜社からの「ほんやら洞の青春」が年末かに上梓された後は、100人くらいの筆者を動員してユニークな京都本作りをやる予定なので、この秋さえ乗り切れば、八文字屋は間違いなく復活すると確信しています。
ただ、5,6月とフランクフルト、ワイマールでの個展で、その間の留守番にチャーミングな女性を求めています。ソウル、カザフスタン、北京と実は個展予定は目白押しなんです。
大家とのトラブルが解消しすれば、なんとかなる筈です。
フランスでは、20点程の写真プリントを1点20〜30万円で販売する予定です。
多分、大家との決着は▽▽▽万円だと見込んでいます。月々の家賃を払いつつですから、まだ厳しい日々は続きます。
川口さんグループが、昼間、連続講座を間欠泉的に持つのは、素晴らしいと思います。
取り敢えず、28日夕方、ベオグラード帰りの牧師との約束(八文字屋での飲み会)がありますが、お待ちしています。」
夕方、梶田さんが陣中見舞い風な訪問。遅い時間に「むすぶ」のKさん、そして、段ちゃん。


ページトップへ

2016.8/26(金)


脅迫メールがあったので、低姿勢で、次のように対応。
ごめんなさい。端末機不調のため、メール明示されず、遅くなりました。今日の入金も▽万円です。9月後半はもっと頑張れると思います。
金額の件でも、この2ヶ月、ほとんど客がなく、オーナー様の指示通りの入金が叶わぬこと重々お詫び致します。この膠着(1日に▽、◇万円の入金しか出来ない)状況は9月いっぱい続くこともお詫びします。この数ヶ月、売上が無くても入金可能だったのは十数人に及ぶ知人の短期貸付があったからです。借りて、返して、を繰り返し、その間にオーナー様に入金するという自転車操業のお陰です。今は、多くの恩人にそれらの借りを返済する時期で、特に8月20日から9月末日まで目白押しです。この恩人との約束を破るのは、人非人の仕業で、そうなる訳にはいきません。また、お客さんの少ない時期に、「缶詰」になって6月15日締切の本の書下ろし(原稿書き)約束の原稿に取り組み、何としてでも9月に終えて年内出版に持ち込むべく、頑張ってます。
言い訳は、聴かないと仰りますが、これは如何しても突破しなければならないのです。お許しの程を!
▽円入金。手持ち現金は、329円になる。
原稿苦戦。
18:00オープン。小雨あり。S顔を出すのみ。
トップの客は、10:00の上高地帰りのイスラエルの半導体会社のアミッツ、「ヴィクトリアも今、関空に着いたらしい。甲斐さんによろしくと言っている」と。次は、新井勝憲さん&同僚。新井さん来店で救われる。新井さんのような方が、365日お客さんとしていたら、八文字屋もなんとかなるのだが。
R大のS先生も。1:00には、新井さんらも出る。夜中の3:00新井さんだけが帰ってくる。今晩は、新井さんが帰ってくるのを八文字屋で待ち、彼と共に宿泊。

ページトップへ

2016.8/25(木)


8:00帰宅。
10:30まで横になる。奴さん、しつこいメール。□□000円のみ入金。ルネで冷やしかけ蕎麦310円。12:00にMARUZENに入る。
2時間原稿。アニエスらしき?女性を従えて買物に来ている武田好史に遭遇。
濱崎さんより「追憶のほんやら洞」定価で40部注文あり。有難し。
17:00に八文字屋オープン。9:30に朝日の阪神支局の中村尚徳記者(福岡高校出身、伊勢神宮について連載、元早稲田のボクシング部)同伴の永澄記者来店。「カイさん、京都大全、進んでますか?」と。その後、西出勇志共同通信長崎支局長が二人の仏教学者同伴。そして、京都芸大のイタリアからの留学生(音楽)アンドレアが小春ちゃん、堀奏太郎、小曽根ちゃんらの画塾の先生だった日本画家の女性を同伴。「源氏香文」を見せられる。「これ、なんといいましたか?」と問うも暫し分からず。12:30に誰も居なくなり、4:00まで寝る。辛うじて、最低限を達成。

ページトップへ

2016.8/24(水)


出町での金作に失敗。何処もシンドイのだ。
ルパンの店に「精神障害者は何を創造するか」と八田能さん所から来たアイドルのセミヌード集13冊を持参。1万円を借りる。バナナ2本を食い、飯を炊き、奈良漬、梅干しでしのぐ。やはり、暑く眠くなり、丸善に行き、村元ちゃんの本を買う。三度目。◇万円入金。
Sがリストの価格設定が混乱しているので、夕方来いと言う。行って、多少、チェック。アーニャに3人目の子どもができるので、近々、職場を辞めると聴く。

Nice to hear from you as always. Thanks for sending the YouTube URL. I'll take a look at the party after finishing up some other work. The book of Rexroth's translations in Japanese for Shichosha is moving along, and now I'm doing the proofreading. It should be out in a couple of months. A transcription of the Katagiri-san M.C. and interviewing of Kenneth at Honyarado years ago will be included in the book. So even though the site burned down, it lives on!!!
Looking forward to seeing you again. Please take good care of your health.

Dear Kai,
so good to see you riding your bike to Hachimonjiya!
Glad to know you'll have an exhibition in Germany.
We are in Normandy, doing fine.
Friendly thoughts to you and Sachiko.
Cheers
Emmanuel

八文字屋、浅利デーなのに、低調。10:00前に森田先生、植木屋の山田さん来店。11:00に来たバンソンは暑がって直ぐに帰る。オイタさん、川嵜さん、奈良井さん来ず。富士谷隆さんが東京での二科展の審査の帰りに来る。YouTubeを見せる。そこに、近藤和見。更に、京楽の清水友希ちゃん&30年ぶりという演出の青木ツトムさん、最後に段ちゃん来店。3:00閉店。目標達成せず。寂しい限り。先は長いぞ。
ベンチに横になり、6:00まで。更にもう一時間。

ページトップへ

2016.8/23(火)


佐枝ちゃんから、今夕行くが、リストはあるか?とメール。
やはり、選考委員会に掛けるのに、リストがいるというのだ。
買取が既定の事実でないと分かり、ややガックリ来る。後で、パスカル・ボスは写真担当ではなく、現代美術担当と判る。
Sにリストを作って貰うことにした。
これで収入があれば、奴さんともお別れと思っていたのに、残念。
3:00前に、佐枝ちゃんから、今夕行かないつもりだったが、ボスさんが甲斐さんに会いたがっているので、取りあえず5:30に行くとメール。
ふたりが来て、甲斐売り出しのプロモーション(美術館、ギャラリー、出版社との交渉)をボスさんが全力でやることを確認。氏にとっては専門外外だが、近接領域で知人も多いし、写真専門家を説得する自信があると言う。「これ程のクォリティの高いプリントをこれまで、フランスの何処の美術館、ギャラリーもがコレクションして来なかったということが信じられない」と嬉しいことを言ってくれる。7:30にふたりは帰る。シルヴァンは今晩、学生を引率して、直島に発つので、カリカリしているとのこと。
8:00には笠原のりこさんが共同通信長崎支局長の西出勇志さんと来店(ふたりの出会いは、94年東京『原宿倶楽部』での甲斐写真展だと言う。7月18日のYouTubeを見せる。数年ぶりの来店の沢朱女さん、立誠シネマの女の子も寄る。皆、11:00には消え、ガックリ来ている所、西本願寺付近の宿からパトリック&ヴィクトールがビール一本だけを飲みにくる。
奴さんからしつこいメールあり。全く要望には応えられない。
3:00まで客待ちするも空しい。朝方にお客さんが来る夢をみていた。

ページトップへ

2016.8/22(月)


人喰いバクテリア入院手術後退院から1周年記念日。
ナディア・ポルキャールにYouTubeを送ると「甲斐さん、スーパースターね」と笑けるメールあり。9月に上洛とのこと。
ルネで、三上晋司さんに会う。夜行くと言ってくれる。
Sへ野菜配達後、八文字屋へ直行。
砂布均さんと女友達、三上晋司さん、八頭の加藤幸博の甥っこ(名古屋大学研究生)&同志社美芸院生の女性、造形芸術大卒業の3人が来て、その中のひとり山下雄平さんは、アニーズカフェの竹野さんとバンドを組んだことあると言う。神戸の市職員K氏、中国語通訳のマナさん、Mat、琢ちゃんで終わり。
厳しい日が続く。Hao Wuはパリ第八の院は卒業したとのこと。今、北京だが、来月またパリに戻るとのこと。卒業したことが悲しそうだ。

ページトップへ

2016.8/21(日)


コリーヌ・アトランにyoutubeを送ると、9月15日に京都に来ると返信。
岡林信康に会いに行く夢を見る。
寝付けず、今日も客がなかったらどうしよう?昼会うパトリックにそのことを言うべきか?それとも明日要る分を誰か言おうか?なんて考えいたら目はさえ、ベッドに陽が当たり暑いので、下にいくも荒唐無稽な夢ばかり見る。川端四条で全裸でピッチハイクを試みる女が居て、撮ろうとするが、デジカメで撮ってもUPできないので、iPadでとか思っている内、そんなつもりはなかったのに、彼女と喋るようになり、彼女、目的地がないのを知る。家で泊めてあげるのだが、僕には何故か女性の連れ合いがいて、狭い家に三人団子のように寝る。
専ら金が気になり、寝付けず、(何故か寺町二条にある)岡林信康の家に会いにいった。京子ちゃん、娘らが出て来たが、岡林だけが降りて来て立ち話。秋に甲斐企画のライブをやろうと言い、彼に電話を教える。岩倉の「焼肉屋の舛添」がブッキング・スケジュールを知っている云々言う。
久しぶりに岡林の写真を撮ろうとするが、デジカメのルーターが行方不明でiPadとしか使えないか?と思い止めだと思いつつ起きる。
例の奴さん、また何かと言いがかりを付けて来るようになった。
Sは、清水さんの個展に行ったと言う。
昨夜の八文字屋。トップはアニーズカフェの竹野さん。
フランクフルトのIsolaギャラリーのパトリックさん(コルシカ島出身)が息子のヴィクトール君と来店。来年の甲斐個展の打ち合わせ。概ね、合意。同時期に、ワイマール大学でやるかどうかは、一ヶ月後に決定。シルヴァン・カルドネルさんに通訳をして貰う。
中国語の通訳のマナさんも初来店。深夜、K-Keiが来て、更に遊木さんも。競馬周平さんの話は相変わらず、オモロイ。

ページトップへ

2016.8/20(土)


陽が上がってから帰宅。
11:00までウダウダ。ルネ、MARUZEN行き。不調。

甲斐さん、こんにちは。この動画まで出来て、出版記念の、
ほんやら洞のまとめが型にはなったという感想です。
甲斐さんの気持ちはまた違うかもしれないけれど。

こうやってしっかりまとめていけるって、
甲斐さんのすごい力だと思います。参加する方、
見ているだけの者も、自分の場所を感じる。

ほんやら洞にまつわる全ての個人のエピソードが旋回して、
行進して、
歴史が残るだけでない生きた印を烙印してもらった感じです。

改めてほんやら洞のスタートから最終地点まで、
おめでとうございます。

京都に行くのは心臓がはち切れそうなのですが、
でも充実した時間にしたいです。もう少しで甲斐さんに会える。
清水さんには沢山お会いしてないのですが、
いつか必ず再会したい方の一人です。気持ちほぐれる。
作品を生で見たかったな。
少しは京都涼しくなっています様に。こっちは23、4度が最高気温。
芳礼

姉からカボス、梅干し、奈良漬が送られ来る。
トップ客は、半年ぶりの長谷川託布(『追憶』買う)、次は、バンソンそして琢ちゃんで終わり。

フランスの作家、セバスチャン・レゼーが谷川渥さん&アニエス(フランスでは、400ケツ《尻の穴》というツイッターかFBが好評)のツーショット@ペテハウスを送って来た。バンソンに見せるとアニエスに会いたいと言い、レゼー氏にメール。近々、アニエス&バンソン&セバスチャンは八文字屋で落ち合うとのこと。


ページトップへ

2016.8/19(金)


エアコンなしはもう二週間はキビシイかな?
お客さんの普通の入り方ではキビシイ八文字屋は苦戦中。あの手この手を使い延命中。
もっと必要な梃入れに苦労している。
また、△万円入金しろのメールあり。冗談じゃない。
鹿さんがYouTubeにUPしてくれたので、20人以上の知人に知らせた。カエルハウスに清水哲男写真展「揺れて歩くーーある夫婦の166日」を見に行く。カナモリコウスケさんが先客で本人は飲めないのに缶ビールを持参とかで、それを戴く。律江さんにたこ焼き、ビールもご馳走になる。会場が狭いのが残念。清水さんの本領発揮出来ず。北ぐちさんもきて「吐噶喇列島」「種子島」等を買う。
清水さんから「八文字屋を止めて、写真と書くことに専念したら」と言われる。
保健センターから、7月15日の八文字屋立入検査の報告書届く。
検査個所は、冷蔵庫取って、水道カラン?、俎板、甲斐本人の手、と指。
以上には以下の菌はマイナス反応とのこと。
赤痢菌、サルモネラ属菌、病原大腸菌(o157等を含む)、黄色ブドウ球菌、ビブリオ科、エロモナス、エルシニア、ガンピロバクター、ウエルシュ菌、セレウス菌
夜は苦戦。西田勝彦さん、マタレーゼの元同僚(井上章一さんの洛星の同級生が知人同伴)、ヨ氏、奈良井さん、バンソンで終わり。辛い。ヨ氏、5〜6万円のエアコンをつけた方がいいよ!5〜6万円以上を逃がしているよ、と言われる。客待ちで6:00まで居るもむなし。

ページトップへ

2016.8/18(木)


変な夢を見ていた。香港に行ったAさんが路上で引ったくりに会い、警察が犯人を捕まえ、盗られたバッグを調べていたら、持ち込み禁制の機器を持っていて、その場でAさんは拘束されたと。昨夜、禁制品についてKさんとNさんが話題にしていた問題。誰も結構、禁制品を持ち込んでいると。Nさんちにお土産を持ち帰る予定でMはそれを楽しみにそそくさと八を出た。ネットのニュースでそれを伝えていた?それが夢そのもの?多分、そうなんでしょう。もし拘束が事実なら、Nさんの家の在り方、ヤバイのでは?という夢。
今月も大きな山が残っている。
でも、神経を傷めつける毎朝のメール攻勢が来週から週2回になる筈でこれで少しは息を継げる。その間に仕事をしなければ。今週はもう何もなく、来週から週2回のやりとりと思っていたが、早速、今日もあり、明日もありそうだ。「工事費が不足。今日、明日と各△万円入金してくれ!後は、調整するから」だと。
□□000円入金。
伊江島のラム酒、Santa Maria、メチャクチャ美味いが京都でも入手ルートはあるのだろうか?
Amazonで買えると稲山さん。
夜は、北ぐちさん、奏ちゃん&小曽根ちゃん、バンソン、イルソン、元気君、谷川渥さん&人形師、オハイオからのパペット作りのMatt Jacksonで終わった。
キビシイ現実に変わりはない。

ページトップへ

2016.8/17(水)


9:00にメールあり。
△万円入金。ルネ。
1:30から八文字屋。17:00オープン。
18:00稲山さんの紹介の土橋さん(堺)、三浦さん(神戸)のふたりが若冲展の帰りに寄る。元小学校教師。68歳と66歳。三浦さんは帰りに4000円カンパしてくれる。ふたりは、8:20に帰り、8:50に川嵜さん来店。9:00に浅利ちゃん到着。Mat Jacksonが早々と到着。食物は、浅利ちゃんの案内でたこ入道へ。奈良井さん、レオ、ミルトンも来る。低調。

ページトップへ

2016.8/16(火)


朝イチに、これからは、毎週、月、水に△万円ずつ入れるということで、赦したるというメールが入ったので「来週からにして欲しい。総額をペーパーで教えて下さい!前から指摘していたまえのペーパーでの二ヶ所の不明点を解明、説得的説明をお願いします、書いたら、先方は、怒った、怒った、「何時からと決めるのも、ペーパーにするしないもこっちの判断だ!お前が、チマチマ入金するから残債の損害金についても、普通、せんでもええことをして、時間を食っているのではないか!そんなことを言うなら、損害支払いペースをスローにするのは、取りやめる。漏水修理費用も全額もて、スローペース認可は白紙撤回じゃい!」
とくる。
朝から、要は、失礼だ!いや、失礼なことは言ってない、失礼料を払え!てな大消耗なやりとり。
他人は弁護士をいれろとアドバイス、弁護士を入れる時は八文字屋を止める時だけ。こんなやりとりを一日中やっていたのでは、原稿もかけない!
フランスの国立博物館の写真部門のトップが、窮状を見かねて、博物館でプリントを買い上げて上げよう、どういうプリントが有るのかリストと価格を明示せよ!と言ってくれているのに、リスト作りの時間がない!!気が変わらない内に間に合うかな?
シルヴァンに次のメールを送る。

お世話になっています。
パスカル・ボスさんの写真の件ですが、二段構えで行きます。まず、今、手元にあるベスト(準ベスト)?200点以上入ったCDを焼いて、パリに送ろうと思います。1〜2週間、もっとネガチェックをして、それを更にCDに焼いて送るつもりです。アドレスを教えて下さったら、送ります。それとも、シルヴァンさんにCDを渡して送って戴いた方がいいのでしょうか?

これに対しては、佐枝ちゃんからメール。取りあえず、20点で良いのでは、今月中、京都にいるので、準備が出来たら、教えて!連れていく、と。
Sと蕎麦。1:30には、八文字屋へ。
6:00には、蓄電計画で喋りたいことが一杯ある冨樫来店。禅カフェの社長が1000~2000万円出してもいいよと言ったとか。当方のプリント売りにも興味示す。
7:00には、徳島の梅村さん来店。
直ぐに東京の文化出版の大槻さんとお母さんも来て10:30までいる。
稲山さんは、9:30到着。伊江島の美味しいラム持参。明後日は、ユーゴスラビアへ発つ。
12:00過ぎに琢ちゃん&段ちゃん来店。
何時に終わったか不覚。6:00に目を覚ます。

ページトップへ

2016.8/15(月)


敗戦記念日。
Wから届くのが遅くやきもきする。N氏より届く。共に頼りになる友だ。
朝から走り回る。15日のお務め。
知恩寺の手作り市、行く気起こらず。
N氏のお陰でルネに行く気が湧いて来る。朝イチで、八で豆腐、ジンジャーエールを飲食し、これで済ませる予定だったのだが、ルネで食い過ぎ。その後で糺ノ森に行き、吉岡にジョージ・オーウェル著作集の件を訊く。ふたセットあったが売れてしまった、と。涼んでいる所に豪雨。1時間の豪雨で足止め。古本屋さんは大変だったはず。明日、改進亭に返済出来れば、いいのだが、Wは予想外の所に振り込み戸惑う。
グッタリ。
盆なので、姉と喋る。
落として傷めたデジカメ、レンズは30~24ミリでしか撮れなくなった。
暫くは、これで行くか。
大日本印刷の金沢勤務の能を趣味にする彼と草葉さん、そして定例デモ帰りの飛鳥井さん一行4人来店。飛鳥井さん「追憶」を一冊買い、ご自身が発行する新聞と一緒に鶴見俊輔さんの死亡記事の束をくれる。それは、元なでしこジャパンの監督だった「俗離山聖空」こと市原聖基さんが綴ったものだとある。そこには上野千鶴子さんの2015年7月24日の朝日新聞の「どこにも拠らず考え抜いた」という「鶴見俊輔さんを悼む」寄稿記事や市原聖基さんが朝日新聞を参考に鶴見年譜があり、その一節に、
「鶴見さんは、1970年、学内への機動隊導入に抗議して同志社大学を退職。1972年にはフォーク歌手の岡林信康さんらと反戦運動の拠点となる喫茶店「ほんやら洞」を京都に開店した。仏文学者の多田道太郎さんらと京都でつくった「現代風俗研究会」では、大衆の中に分け入ろうとした」とある。
この方から飛鳥井さんへの私信もあり、ニンマリする。
「貴重な『ーーほんやら洞』を、、ありがとうございます。なにやら若き日のほとばしるようなエネルギーを回顧しているような気がして来ました。僕は昭和17年生まれですが、二年下の名古屋からやって来たのが、同志社でゼンガクレンを引っ張るようになり、毎夜のようにして我が家に《夜中》やってきてケンケンガクガクを繰り返していたことを思い出しました。デモを先導しては、つかまりそうになり、逃げまどうようにしてやって来たことが幾度あったでしょうか。その頃は太秦かいわいに住んでいたもので、彼らをよくかくまってやりました。みんなエネルギーがありましたネ。
一方では、アカデミックに批判力を構築していた《ほんやら洞》のような社会集団がひじょうにインテリジェンスな息の長い活動があり、、、、。いい時代だったんですね。
平和を願い反戦を叫び続けることは、もっともインテリジェンスなことだと思っています。貴重な書籍たいせつにいたします。 8月9日 市原聖基 」
9:30には誰も居なくなり、夜中1:08過ぎに、渡辺琢ちゃん来店。1時間ほどゆっくりする。八文字屋は閉店は3:00。

ページトップへ

2016.8/14(日)


明日まで□□000円入金しろと来るが、無理と言う。
◇万円入金。
火急な折りのために予備的調査?のリトマス試験紙?的なもの何種類か持ち歩くべし。対象、対処の仕方、その結果得るものの用途についての説明を間違わないようにすること。ここに至ってやっと細心の注意を払うくらいなら、何故、もっと早く気付き、対処をしないのだ!?と思わないでもなし。
Sと飯。蕎麦。
16日まで休みの店が多く、玉屋も無理。担保プリントのラインちょっと厳しいな。
もっと早く手をうつべきだったかも知れないが、先方の出方が見えないからやむを得ない。それにしても、せっかちで無謀だ。
弁護士に任せたいが、それは、決裂の時だけになりそう。嫌がる弁護士を出すと、違うことが起こるか?

Rondokreantの梅棹マヤオさんちに写真集を約10冊、押し売りに行って来た。
少し、値切られたけど、美味しいビールとチーズを御馳走になり、北海道の作家さんとも歓談できた。
岡部昌生さんの話やら、昨日、郭徳俊さんが見に来たというような話も面白かった。
マヤオさんは、一応、甲斐作品全てをコレクションするつもりとのこと。清水さんは、大家とのこと、サッサとべんに任せるべきだと、メール。
佐枝ちゃんより、パスカル・ボスがプリントを購入すると言っているので、リストと値段を教えてくれ!と親切なメールあり。
今晩はお盆に相応しく?低調な八文字屋だったが、トップは少し太り気味の冨樫。最近の暮らしぶり(ビッグになる直前生活?)を浅利ちゃんに語り、後でバンソンにもするが、彼からは笑われ、相手にされない。後で来た奈良井さんは、ちゃんと聴き、冨樫言説の科学性と非科学性に纏わる関連ほんを紹介し、逆に、冨樫が奈良井さんのはなしに耳を傾けて可笑しいことになる。チーちゃんも来て、奈良井宅に18000円下宿が纏まりそうになる。セバスチャン・レゼー&モーリスが3冊本を買ってくれる。元同志社大学新聞の松田周平君が20年ぶりに来店し、7人の客を引っ張ってくれた。お陰で冷や汗をかかずに終えた。谷川渥さんは余り元気なし。パリのアニエスの本を国書刊行会から出すのに、深泥池付近のペテのウチでアニエスに会うのに、セバスチャンを誘い、20日に三条大橋付近のスタバで6:00に待ちあわせる。
深夜はやはり、淋しい。濱ちゃんが佐伯直寛の死で元京都書院のじゃじゃ馬を連れて来て、付け。
Wよりメール。
4:15帰宅。

ページトップへ

2016.8/13(土)


△△000円入金。
改めて、NETでTOGO IKAWA (伊川東吾)のこの25年の仕事ぶりを一瞥して、深い感銘を受けた。1969年の黒テントでの俳優、演出の仕事以来一貫している。今、久しぶりに佐藤信さんと芝居を作っているらしいが、イギリスでベケットの「ハッピーデイズ」を舞台に乗せ、アイルランドでも日本でも上演予定。と言うので、会場について暫し、頭を巡らす。徳正寺では小さいし、イギリスの有名な俳優とあらば、観客も来るだろう。
京都の時は、協力する。2~300人入れる良い箱はないだろうか?春秋座がベストか?
昨日は暑かったせいもあり、八、全然だった。Sの家でソーメンを食うも、不調。
夜の目処、全く立たない。大分出身の立命館卒の京大アフリカ研(セネガル専攻)のW君が大学の同級生の小夏ちゃん(名古屋出身)同伴。そこに毎日新聞の藤田さんに聴いてきたという、元パンクスの女の子が留学先のロンドンで会ったというイタリアのドキュメンタリー映画監督、フィリップを同伴。暫し、踊り、ギターを爪弾き楽しむ。ノルウェイで出会ったパキスタン人の祖父、フィリピン人の祖母を持つノルウェイ人のアルメイさん(ジョンの名も持つ)さんという広告代理店勤務の若者が歯科技工士の優さんと来店。話していたら、アルメイさんは、ディックにオスロ大学で習っていた。ノルウェイより、デンマークの方が暮らし易いよ、と言う。彼らと喋っていると「むすぶ」のKさんがパクポーのLPを持参。窮状を受けとめてくれ、ボトルキープ(が、スペア一本もなし)。12:30には誰も居なくなり、「後ひとり来てくれ!というしみったれの飲み屋の親父もいるけどね、この感覚、常連さんの何割が分かってくれるてくれるかな!?」」と書き込むと、富家大器さんが、それを見て来店。彼が帰ったので、帰宅しょうとしたら、村屋で会った工藤丈輝を尊敬するという舞踏家、ケンジルさんがいっぱい飲んで、「夢の抜け口」を買ってくれる。
とにかく、Togo Igawaさんと再会出来て嬉しかったが、後はロホン、アンドレアスも、阪大院生のチホリさん、奈良井さん、中村さん、そして久々のバンソンが暑い、暑いと、きただけで11:50には誰も居なくなったが、6:00まで寝崩れていた。

ページトップへ

2016.8/12(金)


改進亭に担保プリントで△万円かりる。
○万円入金。
イギリスの俳優、TOGO IKAWAさんと35年ぶりに再会。ゆっくり話したかったが、明日、イギリスに帰るとのことで、1時間半位しか話せなかった。
今、佐藤信と作っている芝居のこと、出ている映画、今度、イギリス、アイルランド、日本で上演するベケット原作「ハッピー デイズ」のこと。奥さんの仕事、息子、娘の仕事、姉との会話、原爆投下のナガサキのこと、当時の父親のこと、ありうべき?「戦争」(元首同士の決闘)について等々。
もっと頻繁に連絡を取ろうと、約束。
共通の知人、佐伯直寛が7月24日63歳で死んだことも。佐伯家は、唐十郎さんだけに知らせようとしたが、周りにバレてしまったとのこと。八文字屋のあとは、学習院絡み?の知人が京都に来てるので、会うことにしたと言いそちらへ直行するまで歓談、今度はイギリスで会おうと約束。一番上は46歳の息子が石井くにこさんとのあいだに居るとも。
アンドレアス、ロホン、中島チホリさん、奈良井さん、中村さん、バンソンで終わり。Nに△万円かりる。
気がついたら6:00。

ページトップへ

2016.8/11(木)


今日は、今年から始まった山の日。
原稿も進まず、金作も上手くいかない。こういう時に、飯を食う時間等で喧嘩はしたくないものだ。
お土産に桃持参。蕎麦を食って、身体が怠いので、ダラダラする。
糺ノ森の古本市を少し覗く。Sが安部公房事典のデザインのため、公房の本をみとけと言われ、泥縄で探す。
明日、○万円支払いの必要があるのに、鰻重を食って、夜の仕入れをすると、現金が全然なくなった。
10:30になっても客はゼロ。同志社のエッサッサの3人がケーキ持参で詫びを入れにくる。
佐枝ちゃん、ジルヴァン、クレール監督、明治の風刺漫画家ビゴーのひ孫、アンスチテュートのアートディレクター、パスカル・ボス等が来て、騙り写真(紙)芝居をやるが、不発。佐枝ちゃんがごめんね、財布、握ってないので、と言う。元バイトのTさんがきて、演出家も来る。演出家、気前よく1万円カンパ。感謝!後で二人は、他所に飲みに行く。演出家、東京の大きな仕事、今回は逃げたようだ。

ページトップへ

2016.8/10(水)


○×000円入れたら、夜のオープン時には200円しかなく、氷も買えない。昼は、ずっと八文字屋に居て、一歩も外には出ず。それで少しバテたかな?
最後に、浅利ちゃんに辛うじて5000円払う。こんな涼しい夜なのに、9:15まで浅利ちゃんと二人きりだと嘆いていたら、川嵜さんが来てくれた。奈良井さん、鹿さん、永澄さん、メディアランドの千葉潮さん、MBSの西村さん、君島東彦さんらが来て、ホッとする。Aさんに紹介する佐々木暁生さんが来たがAさんは東京出張で最終新幹線。


ページトップへ

2016.8/9(火)


1000円しか入れられず、怒らせる。
昼は、マルゼン、高島屋に涼みに行きながら励むも原稿、遅々として進まず。
夜、やや涼しい風が吹く。マタレーゼ&Seijin、竹山聖&もう一人の布野さんの教え子の京大教授、深夜、段ちゃん来店。


ページトップへ

2016.8/8(月)


若い小柄な女の子と寄り添い、ヒックリ返り、いい気分になっているのをあれこれ目撃され、そそくさと帰店して、当分使用しそうもない生酒等を本郷さんに返品して、現金化して、足りない家賃に充てればいい、計算が合うてな夢を見ていた。
9:00郵便局、小野弁護士には、今回はなしということで、という電話を入れる。Ikawa Togoさんより、8月12日来店のメール入る。岡村正史さんより、次回、プロレス文化研究会。10月22日とのこと。
一昨日まで、月曜日に○○万円入金しろと言っていたのに、今朝、いきなり、××万、××万円を入れて下さい、と来る。やれ、やれ、付き合い切れない。▽△000円入金。
MARUZEN、高島屋2階で各1時間涼む。
原稿進まず。
客は、トップはバルセロナ帰りのリカちゃん(精華の建築出身)、日展の日本画の山本さん、チーちゃん&浅利ちゃんが来て、やがて、誰も居なくなる。
今日は、現金350円(氷代のみ)から営業開始。明日、吉田の大家に8000円要入金。全く足りない。

エアコンも壊れているオンボロバー八文字屋は、今日から、甲斐扶佐義の自費出版写真集どれでも半額のダンピングサービスでこの夏を乗り切りたいと思います。8月末日までです。10数種類あると思います。
どうか、よろしく!

というのをFBに出す。絶えず、そういう準備を怠らないようにと肝に銘ず。
10:00過ぎに誰も居なくなり、辛いと思いつつ、ひっくり返り、本を読み、ウトウトしていると、昼夜ハードワークの段ちゃんが1:30に来て起こしてくれ、今まで一緒に飲むのに付き合ってくれた。
その間も、iPadはチーン、チーンとなりっぱなしで不当な要求を突きつけて来ていた。チーンかキーンか知らないが気分が悪くなる。
段ちゃんが来てくれて、ホッとした。吉田はクリア。

ページトップへ

2016.8/7(日)


朝から知らんケータイが四回鳴ったが出ず。小野弁護士だったかも知れない。
如何したものか、徹底的自炊。昨夜、玄ちゃんがくれた桃、トマト3個を食べ尽くす。
稲山さん用に準備したトコロテン、鰤の照り焼きも食う。
「北海道=約束の地?」「井伏鱒二論」「崩壊と訣別 池田浩士『教養小説の崩壊』を読む同『火野葦平論』を読む」「『匙』の頃 ユートピアはあったのか」「自画像について エゴン・シーレ覚え書」「立花隆『シベリア鎮魂歌ーー香月泰男の世界』にふれて」「『最後の誘惑』とは何だろうかーー天使と悪魔の同一性をめぐって」「演劇あるいは劇薬について」「美談の『修正』と『解体』ーー『杉原ヴィザ』をめぐって」「さまざまな記念碑」「細谷貞雄における『転回(ケーレ)』ーー亡き師への追悼」と徳永恂「異郷こそ故郷 徳永恂文芸選集」(せりか書房)の後半をいっきに読む。
重く、深く、ふくよかな著作だった。
「杉原ヴィザをめぐって」等、今後、また取り出して読み返すことになろう。
稲山さん用に準備した鰤の照り焼き、トコロテン、万願寺をオカズに飯を炊いて食べる。
姉、今日も、朝6:00から草毟りとのこと。
気分を落ち着かせるために堀辰雄「燃ゆる頬」尾崎翠「初恋」を読む。
18:00オープンするも誰も来ず。
Aさんに佐々木さんのことを言うと、興味あり、と来る。あいにく、佐々木さんは、今晩は無理だった。
S、「月刊京都」に画像を送ってくれる。その後、宮津へ。
夜の算段するも処置なし。暫く、成行きを見よう。
浅利ちゃん、ひっつめにして、8:35来る。競馬周平さんは、それより、少し前に。3連ちゃんのオイタさん、部屋のアレンジに腐心している奈良井さん、明日は甲子園と琵琶湖花火と梯子すると息巻くチーちゃん、店の手作りクッキーを持参して配るミルトン、そして昼間は大阪ドームを堪能した鈴木さん。
12:35には誰も居なくなったが一縷の希望を抱いて、横になって客待ちを4:00までする。

ページトップへ

2016.8/6(土)


違うKにメールを入れる。
「最近はいかがお過ごしですか?
7月18日のライブは、僕がかって経験をしたことが無いくらい素晴らしいイベントでした。
二週間内にYouTubeの144分UPするので、ご覧下さい!
その打ち上げで、S氏と来年はふたりの監修で、この100年の京都の様々なジャンルでの創造性の栄光と悲惨を対象とした本を作ろうということで意気投合しました。
100人位の執筆者で。
Kさんには、どういうテーマをお願いしたら、良いのだろうか、と考えています。
出版社は、晃洋書房、ナカニシヤ、等が候補に上がっています。
また、相談に乗って下さい。ブレーンストーミングをやりましょう。秋になったら、Sさんと僕と出版社の編集者とでブレーンストーミングを予定しています。
「ほんやら洞の青春 ほんやら洞の老人」(月曜社)を上梓優先です。
そうそう、八文字屋の報告をしないといけませんね。
八文字屋の滞納家賃をこの11ヶ月でなんと、数百万円返済しおえました。日々来店し続けたお客さんに感謝です。
が、その間の損害金===万円及び階下への漏水修理費□□万円を支払えと言われ、泡食い、O弁護士に相談中。
よくチェックしたら、既に□□万円払い過ぎていたり、トイレの手洗いの水が出ないのは大家の仕事なのに、拒否されており、その辺を弁護士に詰めて貰う予定です。
大家の背景は不明な点が多いのです。
前面に立つ男が、例えば、今度の月曜日に△△万円入金すれば損害(金利で、14.6%)をかなり負けてやる、オーナーが苦しいのだと言ってきたりします。オーナーは一人なのか、その上がいるのか、不明です。
まあ、尤も、この男に説かれて、4月1日から先週まで、毎週●●〜▲▲万円の割で毎日入金したお陰で残債が無くなったわけですが。
兎も角、正念場です。
月曜日△△万円というのをクリアすれば、後は弁護士に任せておけば、スムーズに行く筈です。
今が、剣ヶ峰です。
今日、明日で、自力で○○万円は作れるかどうか?
後==万円を、ネガが無くなったオリジナルプリント数点を担保に無心しています。
既にお世話になっている方々には言いにくいのですが、ものは相談です。誰かプリントを担保に立て替えてくれそうな方を紹介願います。
Kさんには、昼間の八文字屋を活用して貰うという約束が宙づりのままです。使用して下さいね。店が少し広くなっています。また、見に来て下さい。
取り急ぎ、急場を凌ぐために知恵を貸して下さい。
多分、プリント担保の無心は、2月で返済出来ると思います。
今の八文字屋には、勢いがあります。
万一(は絶対あり得ない)、僕が返済出来ない場合、超レアなプリントをゲット出來ます。
どうか、よろしく!!」
応答なし。
今日、明日、やるべきことは、弁護士さんのための資料作り。小春ちゃんは休み。工藤丈輝さんの知人オランダ人の上洛の件、返答する。
ルネへ。一時間いる。本郷さんに返済に行き、チビ梅酒、大中買う。その後、明日、稲山さんが来る予定なので、照り焼き用の鰤、トコロテン、豆腐、揚げ、大量の満願寺、干物を仕入れる(夜、稲山さんよりメール、明日は前夜祭が入り、行けません、と。)これは、誤算、痛い!
八文字屋で洗い物。暑い。4:00過ぎ、夕立あり。原稿、ピッチ上がらず。Sとルネで、飯。
予断は許されない状況は続く、と見ておこう。
姉は朝から草毟りと言う。外の方が涼しいのだ、と。
ここのところ、ずっと土日は暇だった。
その程度のチェックもしてないのは、油断以外の何物でもない。
客少なし。オイタさん、奈良井さん、植田元気、ユムさん&ファブリス、玄ちゃん。淋しい限り。

ページトップへ

2016.8/5(金)


睡眠不足。暑くなったので、階下に降りて、焦げたネガの匂いを嗅ぎながら、横になる。このまま、膵臓癌か何かを宣告されて、余命一年と言われたら、このネガとかの処分をどうしようと考える。出町に夜の買物に行き、八文字屋の大家に△△000円入金。△貸してくれると言っていたKからは連絡なし(夜あり)。
このまま行くしかない。後、今日だけで□□000円要求されている。ちょっとした奇跡あり。
6:00前に稲山さんが来た時、上半身裸だったら「いい身体してるね、チャールズ・ブロンソンみたい」と言われ、笑ってしまった。やがて田中さんも来店。ヴィクトリアは休み。三上さんも顔を出す。高林由美子さんは、元(1994年)ルーマニアでサッカー選手をやっていた高橋一仁さん(浄土真宗本願寺派の総合研究所研究員・統合企画室幹事)同伴。高橋さんと稲山さん、最初は歓談したが、一時、紛糾。田部さんもチョイ寄り。奈良井さん、先日「木屋町ホーンズ」のフライヤー持参の男、ヤマザキマリさんの息子さんは友人ふたりを同伴。ろくでなしにいる片山茂樹さんからフランス人写真家を連れて行くと電話があり、直ぐに取り消し。木津川さおりさん、屯風の紹介の少年院の先生が建築家と同伴。
楽しき夜になる。
フランクフルトのギャラリーの館長が来秋、フランクフルトでの甲斐写真展の打ち合わせで、8月21日~25日上洛とのメールあり。
帰ったら、「月曜日、==万円入金しろ!」のメールあり。

ページトップへ

2016.8/4(木)


7:00起床。
どうしようもない1日。
□□万円をどうするか、考える。今日入れる◇万円すらない。通帳に7200記載されていたが、行くと、おろした後だった。
仕方なしに、本郷さんに借りに行く(明後日返済約束)。
見たくないメールを見る。そして、応答。

「ごめんなさい。◇万円しか入金出来ませんでした。オーナーの仰る支払いのピッチになかなか対応出来ないので、どうしたら良いか、午後、弁護士に相談します。
また、契約書の送付もお願いします。
エアコンよりも、トイレの手洗いの配管故障(穴あき?)の方が、ビルの1階から3階まで間の故障なので、当方として弄ることが出来ないだけに、オーナーさんにみて貰うしかないと考えています。
3年前はチョロチョロと流れていたものの、現状では雫が垂れる程度です。
オーナーさんに迷惑を掛けている折りに大変恐縮ですが、いつか修復して欲しいと思っています。
手を洗えないのは、ひと月前に保健所が来た折りになんとかしろ、通常の新規開店では営業許可は出せないぞ!と脅されました。
エアコンは、使用不能は大変辛いですが、業者さんを呼ぶ余裕さえあれば、修理は簡単だと思います。
ハイピッチの金作は不可能に近いので、当分、オーナーにはいい迷惑でしょうが、縋るしかありません。何とかならんか?あっちこっち当たる努力は続けますが、万策尽きた感があります。
また、平成28年1月12日から2月18日の間の当方の入金通帳の齟齬が甚だしい点も再点検をお願いします。
オーナー様の意向に直ぐ添えなく申し訳ありません。」

「入金、承知しました。確認しておきます。
策を練って対応してください。
本来ならば2階テナントから営業補償費用も発生する可能性あるから早めに工事はするので最低でも
月曜日に△△万はお願いします。
トイレは1階から3階までの話なのかは工事業者に確認します。
そこについてはきちんと工事するので、支払いもお願いします。
2階工事費の加えトイレ工事この前の3階床の補修工事もオーナーが一時負担です。
金額の祖語は確認中です。これもそちらが細かく返済するから面倒になっているので待ってください。
また契約書も同様何度も送っているのは3階だけです。
色々と手間がかかっているので支払いくらいはしてください。
でないと遅延金そのままどさっと請求されますよ。
こちらも諸々の作業はすすめるので、まずはあした最低でも○○万はお願いします!」
以上が、今日の昼前後の遣り取り。

月刊京都の取材あり。謝礼貰う。「追憶」も二冊買ってくれる。プガジャ本も売る。「ほんやら洞日乗」続編を出してくれませんか?と訊いたら、どの程度買い取ってくれるかですね、と言われる。場合によっては、という含みがある。キープして置こう。プリント担保は無視される。
けやき法律事務所に行くが、契約書なしでは意味なし?と訊くと、そう、というので引き返す。
担保プリント持参するも出る幕なし。
彩雲堂にも寄るが、不景気だと言われる。斎藤修の奥さんが入院し、娘は浪人だと、他人の不幸話を聴かされる。「また、寄りますわ」と。
初めて、ミルトンの店に入り、コーヒーとケーキを戴く。
折角、1万円入ったので、吉田の大家に1万円いれる。後、4万円残っている。
八文字屋に戻り、もう一度担保プリントを持ってヒルゲートに行き、○万円借りる(鶴見俊輔写真、担保)。
FBにアホな書込み。
50代初めは山あり、谷ありの日々だったが気がつけば、谷底ばかりを這いずりまわっており、出口が見えず、不貞ていたら、更にその底に入れ子式の底があり、慌てて、のたうち回り、谷から山への道が見え、もがき這い上がっていたら、更に谷底に落ちてしまったというのが、現状かな。
「八文字屋から階下への漏水問題解決補償費捻出のために、以下のプリントを担保にして、少額短期借入をお願いします」という書込みをしている時に、久しぶりのヤッさん。ヤッさんは、京都西校では、吉田孝光さんに美術を習ったという。「追憶のほんやら洞」を一冊買ってくれる。京都産大で教えているので、大学の図書館に入れて置く、とのこと。今でも、ほんやら洞の前を通る時は、今でも悲しい、ひとり目の子供はほんやら洞で甲斐さんに抱いて貰ったが、ふたり目は出来なかった。10月8日予定で三人目が出来る、子供に金を残すことは出来ないが、子どもたちが海外に出て活躍出来る程度の育て方をしたい、という。とてもしっかりしている。それに比べると僕なんか、全然ダメだった。10:30まで、ひとりで付きあってくれた。ヤッさんの次は明後日ジュネーブに行くプリンちゃん&日向太の知人のオオクラユウスケ君(京大M2)。プリンちゃんとは1年前に知りあり、「面白いとこがある」と連れて来られた所が、日向太の父親の店だった、と笑う。映像等の分析を通して「中華思想の拡がり」を研究中らしい。そして最近は遅くまで仕事をしているという鹿さんが来て、台湾についての感想をひとくだりぶつ。終わりそうな所に稲山さんが顔を出してくれ、嬉しくなる。堺の自宅を9:00に出て来たのだ。有難し。「稲山さんの居ない木曜日は、、、」に即反応してくれたのだ。
後、小松原沙織さんの音源を稲山さんは聴き、感心する。
稲山さんはタオルを忘れて、カプセルホテルのような寝ぐらに戻る。
それでも、低調な夜だった。稲山様々。

ページトップへ

2016.8/3(水)


Aさんにメールでエール。
「苦しい状況だけど、もう少し、踏み止まって、頑張って!
こういう時は、今の自分の状況を、勉強の片手間に、50枚位の小説で表現したらどうでしょう!?長編にならず、完成することが大切です。幾つかの芸術的素材が目前にありながら、地団駄する女性を愛しい視線でピン止めする、自画像そしてそれを外から見る視線を重ねる。
というのはどうでしょう?
それとも、絵日記風?
何か、考えてよ、苦しくても、そこから、何か掴み、新年のほんやら洞通信で発表するのはどう!?
来年は開けているよ、僕も全力で頑張ってます。
また、お会いするのを楽しみしています。甲斐」
今日は、八文字屋の大家には一銭も振り込めない。
吉田の大家には、1万。まだ5万未払い。
FBからチン!という音が聴こえる、まだ、胸がキュッと締め付けられる気分になる。
今日はないと思ったが、荻野さんの知人の雛元さんのメッセージがそうであった。
「月刊京都」の上野さんからの電話にもビクビク。
明日、取材を受けることになった。
クレール監督が理麻さんにDVDを送ることにしたとシルヴァンからメール。それにしても、シルヴァンからメールの「チーン」という音だけでもドキドキする。
今日は、何も言って来ないかな?と思いきや、左にあらず。
「チーン」「チーン」とiPadが鳴るたびに、オーバーに言えば、心臓が萎縮する(笑)。
昨日は、徳永恂さんの「継ぎだらけの履歴書」一部『生命の糸はきれぎれにして』二部『やがて夜が』更に「長靴の話 あるいは『カントと形而上学の問題』」を読み、今日は「ヴェニスのゲットーにて」「旅の曾良・筑紫の白魚」を読み、日常のペースを掴む。

今日の振り込み金額を教えてください。
ごめんなさい。出来ませんでした。これから、2,3週間苦戦の日々が予想されますが、明日から、必ず、連絡はいれます。申し訳ありませんでした。特に今週の苦戦が予想できるのですが、出来るだけ、頑張ります。
苦戦と家賃及び損害額は関係ないです。
ゼロは有り得ないので明日は最低△万振り込んでください。
はい、承知しています。
△万になるか、頑張りますが、今の段階では、確言出来ません。
工事の事もあるので△万振り込んでください。明後日も同様です。でないと損害額をそのまんま請求となるので。誰かに借りるからペーパーを送ってほしいと言ってましたよね?
そのあたりもいい加減なので、オーナーの印象悪くしたくないので調整し易い状況にしてください。オーナーにはそのまま伝えてるのでお願いします。
はい、ありがとうございます。

夕方、東華菜館でボヤ(のちに、原因は、ヤモリが配電盤で感電、と発表)。
東九条マダンの渡辺さん、小川伸彦さんらと京大のアジア地域研の数人が来店。
深夜のメールあり。
「この前の水漏れ復旧工事費が相当高くつき、下も営業してるから時間ないのでひとまずオーナーが負担します。
壁天井張り替えなどで□□万程度です。ついては、明日明後日で最低△△万と言われました。だいぶ機嫌悪かったので何とか明日○○万、明後日×万を振り込んでください。
その影響で二階の給湯器も壊れそれもオーナーがひとまず立て替えます。来週月曜日までに半分振り込んでもらえればおそらく折半にしてくれると思います!よろしくお願いします。半分とは工事費の半分の◇◇万です。見積もりは別途メールします。遅延損害金は何とか低くおさえるので、瞬間的にオーナー負担になる工事費なので、明日明後日、月曜日は本当に何とかしてください。
オーナーの本音は明日明後日で◇◇万と言われてます!
その後のエアコンもあるので。まずは明日の○○万です。
振り込んだらメールください。
ダメはなしです」
朝、3:30になっても忠臣者から以上のメール届く。
4:30帰宅。

ページトップへ

2016.8/2(火)


なかなか寝付けず、朝イチに小野弁護士に電話をする。8月8日まで海外旅行とのこと。それまで待てない。で、Oさんに切り替え、電話。
今から奈良、明日1:30に事務所へ、と。
昼、久しぶりに、山田詠美さんを連れて来てくれた杉浦さんと鴨川で遭遇。
夜、今日も稲山さん、来てくれる。感謝!
稲山さんは、海人彦と同級生にもご馳走してくれる。
琢ちゃん、来店。
6:00まで寝て行く。
昼のメールのやり取り。
「確認しました。今日は最低でも×万はお願いします。明日オーナーと会うのでその時に損害額の確認します。」
「ごめなさい。全く客がなく、1万円を作るのが、やっとでした。
それで、オーナー様と僕との間でK様が板挟みになるのは恐縮なので、少し考えました。
その前に幾つかのお願いがあります。
一つには、止まったままのトイレの水道の解決をして戴くと共に、備え付けのエアコン(恐らく、○○万円位で)修理可能な金をストックする時間をください。つまり、毎日毎日入金する方法の停止をお願いします。
二つ目は、三つ(3月23日、4月4日、7月23日)の請求明細の再点検をお願いします。
ざっと見たところ、二ヶ所不明瞭な点があります。3月の明細と4月の明細でH26.10.22の未収残高の数字が違います。
これは、どういうことでしょうか?××万×千円以上増えています。これは、合点がいきません。税理士さんの作業だとおもいますが。
もう一つも4月4日の明細の最後、H28年1月の入金金額が大幅に違っています。
ざっと見たところ、××万円以上、当方の入金が、通帳を見てわかるのですが、少なく記載されています。
当方は、△0△00とか、□000とか===00とか細々入金しているのに、戴いた明細では、一律に10万円(中には、5万とかありますが)と記載されており、到底、通帳を反映したものとはなっていません。
もし、最初のH26.10.22の数字が正しいとして、H28年1月の入金が現実を反映していないとするならば、両者の差額を足したならば、■■万円弱の入金が落ちていることになります。
改めて、税理士さんの再点検をお願いします。
これらの問題解決を通じて、K様とも、オーナー様とも感情的な行き違い等が生じるのは、僕の望む所ではありませんので、僕の代理人を一両日内に立てたいと思いますので、よろしく思いします。
長期間、多額の残債を残した事に関しては恐縮しています。
残債返済を最優先にして、電話料金、保険料、出版社への支払い、バイト代をそっちのけでやって来ました。
いまでも、10日前から眼鏡を壊し、新調しない事には何も見えないのですが、眼鏡なしでやっています。
これまでの無礼、また、八月の入金ペースがガタッと落ちることをどうか大目に見てください。代理人は、O弁護士と言いますので、よろしくお願いします。」
「了解しました。まずは明細を再点検します。
これからの話はそこの確認をしてから打ち合わせさせてください。
水道及びエアコンはオーナーの話なのでやらないとは言ってないです。
いずれにしても数字含めて明日打ち合わせしたら連絡します。
これからの話はそこの確認をしてから打ち合わせさせてください。
水道及びエアコンはオーナーの話なのでやらないとは言ってないです。
いずれにしても数字含めて明日打ち合わせしたら連絡します。
(前日は一睡も出来なかったが、昨夜は寝た。)
また過去の言った言わないは嫌のでひとまず代理人ではなくまだ甲斐さんとやり取りさせてください。
工事含めて一通り落ち着いたら今後の件含めて代理人でも構いません。
とにかく今月も家賃が月末に発生するので、少しずつでも入金願います。
あと以前に送った更新契約書の返送を早めにお願いします。」
注意深く言うべきことを言って、後はO弁護士に一任。
これで、スッキリした。
それでも、先方は、トイレの水道の水の出の悪さは大家の責任でないと言い張る。スッキリして徳永さんの小説二つ読了。
硬質の「教養小説」だ。
A・ハックスリーの「肖像画」(筑摩『小さな恋の物語』所収)も楽しく読む。
全然、金はないが気持ちに余裕が出来た。
O弁護士、ほんやら洞の大家との口約束、日記帳さえ、出てくれば、あの土地取り戻せるよ!と言ったが、肝心な約束を綴った日を含む日記、燃えてしまったのだな。
朝、昼、ルネ。
出町で枝豆、アボカド、カマンベールチーズ、手羽先、タンを少々。
9:00坊主かな?と思っていると、冨樫が、様子見に来て、近況を語る。久しぶり。下で、氷を買って来てくれる。
東九条マダンの渡辺さん、小川伸彦さん、韓国に留学中の若い女性も来てくれる。
アジアアフリカ地域研の4人来店。ひとりは、数年前に和崎さんと来店。フィリピンのミンダナオ島で賭博の研究をやっている横浜出身の師田史子さんを撮る。
最後に、久しぶりの森恭彦さん&木須井さん来店。西田大智さんは、9月からは、奈良の橿原の総局長だととのこと。FBで状況を見ての来店の森さんに折田さんだと言うと「偉い、大物ですね」と言う。3個100円のラーメン一つ食べて、2:35帰宅。
昨日、一昨日と本を読む気力、なかったけど、今日はOK。


ページトップへ

2016.8/1(月)


4:00になっても寝付けない。
気分が昂ぶってくる。
朝、先方が何を言って来たか見ての遣り取り。
「○万円確認しました。
明日からは最低×万の振り込みお願いします。
遅延損害額が多額なのでそこはなるべくおさえるので、少しでも誠意を見せてください。
水曜日にオーナーと会うのでそれまでに、月曜日火曜日水曜日で合計最低××万はお願いします。」
「ご好意ありがとうございます。」
ありがとうございます、と言い条、「多額」という語句に動揺している。
「しかし、言い訳無用と仰いますが、この暑さ、エアコンなしでは、後2~3週間は大変厳しいものがあります。」と言って、動揺を隠しつつ、泣きをいれ、凡そを知ろうとする。
「昨日までの3日間で総計10人しか客はなく、今日、○○000円入金がやっとです。8月はバイトも入れず精一杯頑張りますが、損害金の総計は幾ら程に登るか教えて貰えないでしょうか。」それに対して、先方は兎に角、掻き集めようという魂胆。
「午前中に○○000円入れてください。
あなたの入金が細かい金額の繰り返しなので計算がややこしいのでもう少し時間かかります。」
「年率14%からの始まりなので当初の残債からだと相当な金額です。▽00万はくだらないのでなるべくおさえます。
調整含めて少しお待ちください。」
「よろしくお願いします。」と言ったものの、動揺は隠しようもない。一気に憂鬱になる。
「入金したらメールください。」
「はい」
前後策を練る必要がある。トイレの水道詰まり、エアコン修理とで相殺する方向に持って行きたいが、これには、小野弁護士が良かろう、と思うが、眠れない。後、1,2月で完全脱出と思っていたが、そうは問屋が卸さない。
小野弁護士に、朝イチ会いに行こうと思えども、何を考えておくべきか、いや、もっと悠然と構えよう。
兎に角、我武者羅に月曜社の原稿を書かねば、早く上げよう、と思うだけだ。その前に会計士に請求書を見て貰い、どうして、こういう間違いが起こるのか、中村会計士に訊こうとするが、掴まらない。
「近くに気安く税理士さんはいませんか?」とFBで呟いたら、
向川賢さんが、「義弟に気のいい、税理士事務所で働くのがいます」
と反応。
転んでもタダではおきないぞ!今日からの日乗、面白く書こう、と考える。貧乏日記だ。
小野弁護士に本を送り、手紙を添えることを考える。
まず、牛ちゃんに××000円、吉田の大家に##000円、八文字屋大家に▽△000円入れる、そうすれば、350円しか残らないと思っていると、温ちゃんから「前田さんはNAOSHIMAを見たようです」とメールあり。シルヴァンにもその事を伝える。

ページトップへ

カイ日乗



2018年



2017年



2016年



2015年


*1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。2015年以前の日乗は、ほんやら洞のホームページよりご覧下さい。








カイ日乗



2018年




2017年





2016年



2015年




*2015年1〜3月は、ほんやら洞のホームページに移動します。

お知らせ&イベント

(11/7更新)

カイ日乗 9/1〜30まで更新しました。
イベント情報更新しました。

★「GRAPHICATION2 No.16」(電子版)に、「対抗文化のなかの『ほんやら洞』」が掲載されました。(下の画像をクリックするとWEB版をご覧いただけます)

・PCで閲覧する場合は、富士ゼロックスHPから、パソコンでご覧になる場合はこちらから電子版16号(2018年6月号)」のリンクをクリックするとWEB版がご覧になれます。

・無料アプリ(電子書籍版)のダウンロードについては、下記URLをご参照ください。タブレット端末やスマホでご覧いただけます。
http://www.fujixerox.co.jp/company/public/graphication/g2/

CNNのネット記事にほんやら洞のインタビューが掲載されました。


★甲斐扶佐義写真集「70年代京都」(Kindle 電子本)発売中!

LinkIconUnited States
LinkIconFrance