*ほんやら洞・甲斐扶佐義のホームページ*


*下記の住所、電話番号は現在使われておりません。
〒602-0832
京都市上京区今出川通寺町西入ル大原口町229
《TEL》075-222-1574
《MAIL》honyarado.kai@gmail.com

日本語Englishfrançais


甲斐扶佐義写真集

お近くの書店、八文字屋の店内で販売しています。
ご注文はお近くの書店または、下記メール、「甲斐扶佐義ウェブサイト」のお問い合わせフォームにてお問い合わせください。
*メール honyarado.kai@gmail.com
甲斐扶佐義ウェブサイト お問い合わせ

お名前、ご住所、お電話番号、希望冊数をご連絡ください。
郵便振替にてお支払いいただきます(口座番号は後ほど連絡します)

*要別途送料(3冊以上ご注文の方は送料無料)

京都猫町ブルース
写真・文/甲斐扶佐義

出版/淡交社
定価/1,365円(税込)
発行/2011年11月
A5判/並製本/160頁/写真152点
*表紙カバー裏に京都猫MAP付き

この一冊をじっくり眺めて、決めました。
私、生まれ変わったら京都の猫になる。(角田光代/作家)

全国の大型書店、Amazonなどで発売中。

★Amazonでこの本を購入する

夢の抜け口
杉本秀太郎 写真・甲斐扶佐義

出版/青草書房
定価/1,900円+税
発行/2010年1月
A5判、写真140点、240頁

京都を知り尽くした名文家が書き下ろした「夢の中の京都」。
誰もがなつかしいと思う日本人の原風景がここにある。

京都木屋町のバー「八文字屋」を営む
写真家・甲斐扶佐義が、35年間撮り続けた150万枚の「京都」。
その写真が、綾小路の町家の当主・杉本秀太郎を刺激する。

君に写された京都が、ほかの写真家の京都とちがっているのは何故か、少しわかってきた。君は京都に媚びない。京都らしさの前に平伏することがない。その代りに、京都が君に媚びるときには、恐れおののいて下から見上げる。ここにあるものはあそこにもある。あそこというのは豊後の山里である。こういう理屈にもなろうかね。---本文より

掲載記事を見るLinkIcon

★Amazonでこの本を購入する


* * * * * * * * * * * * * * * * * *

◆「夢の抜け口」(青草書房)出版記念パーティー◆
  日時 4月3日(土)午後6時〜8時まで
  場所 日本出版クラブ会館(三階 鳳凰の間)
     東京都新宿区袋町6 (TEL.03-3267-6111)
  会費 8,000円

  〈発起人〉青野真士、飯澤耕太郎、石田奈津子、小山鉄郎、清水正夫、
  白山映子、司修、辻村信一、坪内祐三、中川五郎、HATAO、脇坂崇平

  ◆2次会◆
  場所:ロゼッタ(東京都新宿区神楽坂3丁目2-4 TEL.03-3235-2329)

LinkIcon出版記念会の様子

インドちょっと見ただけ

写真/甲斐扶佐義
出版/ほんやら洞
頒価/2,000円(税込)
発行/2009年9月
B5判、写真100点、112頁

1997年12月、「マラーノ学者」である小岸昭先生に同行し、インドの「離散するユダヤ人」の足跡をたどる旅に出た。場所はカルカッタ、ゴア、ムンバイ、コーチン。ぼくはたった一度のインドにすっかり魅了されて、バカスカ、シャッターを切った。インド旅行帰国後、活用されずゴミの山の片隅にあった数千枚の写真がこのたび奇跡的に出現した。そのなかから好きな路上写真を選んだ。

★この写真集は、京都BALジュンク堂、恵文社、京大生協ルネ、アスタルテ書房、ギャラリーマロニエ、ギャラリーテラ、ほんやら洞、八文字屋で販売しています。

路地裏の京都

写真/甲斐扶佐義
出版/道出版
定価/2,940円(税込)
発行/2008年10月
A4変型判、写真176点、208頁

解説:玄月、鈴木隆之、コリーヌ・アトラン、ウィリアム・ジョンストン

彼の白黒写真からは、ある種の安らかなノスタルジーが漂ってくる。いくつもの瞬間が、その儚さを超えた閃光に捉えられ、“京都”という名の、変わることのない流れの中に刻まれる・・・

★Amazonでこの本を購入する


甲斐扶佐義 生前遺作集

写真/甲斐扶佐義
出版/コトコト
定価/4,760円(税別)
発行/2007年10月
ポストカード形式、写真366点
366人の友人・知人からの手書きメッセージ付き

1973年から2007年までの「リリカル・シードのある」京都の白黒写真366枚をポストカードの形にした。被写体となった人物へのインタビューはなく、「ぼくの身を、日頃から案じてくれている友人客人たちの励ましのメッセージを各頁の脇にそえて花とし」ている・・・

詳細/書評LinkIcon

**** **** **** 
9月末までにメールでご注文の方には、定価4,998円を4,500円(送料込み)で販売します。

残部僅少。お早めに。
**** **** **** 

★Amazonでこの本を購入する

Beautiful Women in Kyoto
-京都 ほんやら洞・八文字屋の美女たち

写真/甲斐扶佐義
出版/冬青社
定価/3,500円(税別)
発行/2006年6月
B5変形判、256ページ

解説:井上章一、飯沢耕太郎、ギラン・ドゥ・ランクサン、玄月、沢野ひとし、杉本秀太郎、杉村昌昭、谷川渥、鶴見俊輔、司修、中川五郎、永田紅、室謙二

1/1生まれ~12/31生まれまで誕生日順に1日1人以上の美女を集めた写真集。待望の甲斐扶佐義写真「美女カレンダー」第2弾!

詳細/書評LinkIcon

★Amazonでこの本を購入する

京都の子どもたち

写真/甲斐扶佐義
出版/京都新聞出版センター
定価/1,600円(税込)
発行/2003年4月

解説:飯沢耕太郎、ジャン・フィリップ・トゥーサン、ピーター・グリーリィ

いい写真家は例外なく子どもを撮るのがうまい。……偽物だと見抜いた時には、「子どもたち」はヤドカリのように殻の中に身を隠してしまう。どうやら甲斐さんは彼らのお眼鏡にかなったようだ。本書におさめられた写真が、そのことを証明している・・・

詳細LinkIcon

★Amazonでこの本を購入する

京都猫町さがし

写真/甲斐扶佐義
出版/中公文庫
定価/590円(税別)
発行/2000年11月
カバーデザイン/南伸坊

猫を探すと見えてくる町の素顔...。京都出町の喫茶「ほんやら洞」と木屋町の酒場「八文字屋」、二つの店の主人でもある写真家が、長年にわたり撮り続けてきた膨大な猫写真の中から選んだ150点・・・

★Amazonでこの本を購入する

ほんやら洞と歩く 京都いきあたりばったり

写真/甲斐扶佐義 文/中村勝
出版/淡交社
定価/1,800円(税別)
発行/2000年6月

京都新聞紙上での中村&甲斐コンビの大人気連載をまとめた第2弾!

解説:鶴見俊輔、井上章一

中村さんの文章は、甲斐さんのまなざしを、こまやかに、文字をもってほりのこした。写真に反写真をひそませる写真。新聞に反新聞をひそませる新聞。二つのジャンルが相互のりいれするところからうまれた、おもしろい文集だ・・・

★Amazonでこの本を購入する

京都みちくさの景色

写真/甲斐扶佐義 文/中村勝
出版/京都新聞社
定価/1,400円(税別)
発行/1999年7月

中村&甲斐コンビで、1996年11月から98年12月まで、京都新聞夕刊紙上「みちくさの景色」連載(月2回、計50回)をまとめた第1弾

二人の共通点は、それぞれ田舎の高校を卒業して初めて出てきた都会の京都にそのまま居着いた、いわば気楽な居候の身である。おのずと、いささか風変わりな京都の地図が出来上がったのではないだろうか。甲斐さんの撮った京都の町なかの風景は、私にとってどこか懐かしく、しばしば昔の思い出に浸ってしまった・・・

★Amazonでこの本を購入する

Kids

写真/甲斐扶佐義
出版/京都書院
定価/1,000円(税別)
発行/1998年9月

京都書院アーツコレクション189 ポストカード・ブック

★Amazonでこの本を購入する

on reading

写真/甲斐扶佐義
出版/光村推古書院
定価/1,200円(税別)
発行/1997年8月

本書に収めた〈よむ・よむとき・よめば・よめ〉と、章立てされた90点近い写真は、1点を除き、いずれも1975年から1997年までの間に京都市内の私の生活圏で撮影したものだ・・・

★Amazonでこの本を購入する

ツー・ショット

写真/甲斐扶佐義
出版/光村推古書院
定価/1,200円(税別)
発行/1997年8月

双児、姉妹、美女、ファミリー、カップル……私は毎日自分の生活圏でこれらの写真を撮り続けており、ここ10年程はその枚数が1日100枚をくだることはほとんどない・・・

★Amazonでこの本を購入する

京都 猫ノ泉

写真/甲斐扶佐義
出版/白地社
定価/2,800円(税込)
発行/1996年11月

70年代の写真はほんやら洞に住んでおり、仲間のだれかれとなくネコをかわいがっており、気がついたら、そこここにいるネコを撮っていたというものだ・・・

★Amazonでこの本を購入する

笑う鴨川

写真/甲斐扶佐義
出版/リブロポート
定価/2,800円(税別)
発行/1996年10月

この人は町暮らしの臭気をとらえる作家だ。私が路地の記憶をよびもどすのも、この人の、一、二点の写真の背景に、大正から昭和初期にかけての、暗い日常だった日々の思い出が煮つまった、今日の風景があるからである。(水上勉/作家)

★Amazonでこの本を購入する

美女365日

写真/甲斐扶佐義
出版/東方出版
定価/3,800円(税込)
発行/1994年4月

誕生日順美女写真集の第1弾!

解説:針生一郎、鈴木隆之、井上章一

この写真集は八文字屋あるいは京都という窓からみた、1980年代末、90年代初頭の女性群像だが、後世からみれば女性が仕事をもち生きがいを求めて着実に自立しつつある時代相も、いっそう明らかにみえることだろう・・・

★Amazonでこの本を購入する

地図のない京都

写真/甲斐扶佐義
出版/径書房
定価/3,200円(税別)
発行/1992年4月

彼の作風は現代日本の先端をゆくものではなく、一拍も二拍もおくれて、しかも、まぎれようもなく今の日本にゆったりと自分の気分のままにくらしている人びとそれぞれの姿をおさめている・・・

●自費出版写真集

八文字屋、京都の書店にて販売しています。ご注文は、メールまたは「甲斐扶佐義ウェブサイト」のお問い合わせフォームにてお問い合わせください。

*メール honyarado.kai@gmail.com
甲斐扶佐義ウェブサイト お問い合わせ

お名前、ご住所、お電話番号、希望冊数をご連絡ください。
郵便振替にてお支払いいただきます(口座番号は後ほどご連絡いたします)

*要別途送料(3冊以上ご注文の方は送料無料)

*タイトルをクリックすると表紙をご覧になれます。

2007年版 京都愛しの美女たち


頒価/1,500円

詳細LinkIcon

Streets of Kyoto


頒価/3,300円(税別)

猫町さがし


頒価/3,800円(税別)

出町転々 八文字屋有情


頒価/2,500円(税込)

ジュネーブの5日間


頒価/1,000円(税込)

八文字屋の美女たち


頒価/2,600円(税込)
発行/1991年12月

'92八文字屋の美女たち


頒価/2,600円(税込)
発行/1992年12月

'93八文字屋の美女たち


頒価/2,600円(税込)
発行/1993年12月

'94八文字屋の美女たち


頒価/3,500円(税別)
発行/1995年1月

'95八文字屋の美女たち


頒価/3,300円(税込)
発行/1996年1月

'96八文字屋の美女たち


頒価/3,100円(税込)
発行/1997年5月

'97八文字屋の美女たち


頒価/3,000円(税別)
発行/1998年6月

'98八文字屋の美女たち


頒価/2,800円(税込)
発行/1999年3月

'99八文字屋の美女たち


頒価/2,500円(税込)
発行/2000年3月

2000八文字屋の美女たち


頒価/3,000円(税込)
発行/2001年1月

2001京都愛しの美女たち



頒価/3,000円(税別)
発行/2002年7月

大分の誘惑


頒価/2,800円(税込)
発行/1995年4月

先斗町 猫のいずみ


頒価/1,200円(税込)
発行/1995年3月

白川筋の子どもたち


頒価/2,500円(税込)
発行/1995年2月

辻うらあそび


頒価/3,000円(税込)
発行/1993年7月

遠い視線


頒価/3,000円(税込)
発行/1993年5月

われらが仲間


頒価/3,000円(税込)
発行/1993年3月

女の肖像


頒価/3,000円(税込)
発行/1993年2月

KIDS


頒価/2,000円(税込)
発行/1991年7月

狸橋の子どもたち


頒価/1,800円(税込)
発行/1991年6月
あとがきを読む

ho_sachi_kaiをフォローしましょう