■プロレス文化研究会
2016年10月22日(土) 14:00〜17:00
場所:八文字屋


■カオリンズライブ「袖すり合うもハチ」8段目

2016年10月2日(日)20:00 Start

場所:八文字屋

投げ銭制(要ワンドリンクオーダー)

〈スペシャルゲスト〉
サウザントアベニュー
石本孝二

■カオリンズライブ「袖すり合うもハチ」

2016年9月18日(日)19:00 Start

場所:八文字屋

投げ銭制(要ワンドリンクオーダー)

〈スペシャルゲスト〉
坂田鏡子
林祐介

■祝「既成概念をぶち壊せ!」「追憶のほんやら洞」出版記念ライブPARTY

2016年7月18日(月・祝)18:00開場/19:00開演

場所:UrBANGUILD -アバンギルド-
京都市中京区木屋町三条下ルニュー京都ビル3F
TEL/FAX 075-212-1125

〈会費〉
前売 5,000円/当日 5,500円(『追憶のほんやら洞』付き、フード付き)
*ドリンク注文制

〈出演予定〉
SOA(Jazz Vocal)
井上章一(ピアノ漫談)
三上晋司(ピアノ)
寄田真見乃(尺八)
カオリンズ(ギター&ヴォーカル)
森田哲矢&八文字屋オールスターズ(ウクレレ)
向川賢(ヴォーカル)
杉村昌昭(シャンソン)


+甲斐扶佐義小写真展、ドキュメンタリー「ほんやら洞の甲斐さん」上映、井上章一「京都ぎらい」サイン会

●アバンギルド予約ページ

「追憶のほんやら洞」出版記念写真展&パーティー
甲斐扶佐義写真展 Kai Fusayoshi Photo Exhibition
2016年6月19日(日)〜6月30日(木)
Open.13:00-20:00(初日15:00〜/月・水曜休廊*6/20はオープン)
場所:イレギュラー・リズム・アサイラム
Irregular Rhythm Asylum
東京都新宿区新宿1-30-12-302
[TEL] 03-3352-6916 [Email] info@ira.tokyo
http://ira.tokyo
http://irregularrhythmasylum.blogspot.com

*6/19,20の夕方まで甲斐在廊

出版記念パーティ
6月19日(日)17:00〜
場所:カフェ・ラバンデリア
Café★Lavanderia
東京都新宿区新宿2-12-9 広洋舎ビル1F
[TEL] 03-3341-4845
http://cafelavanderia.blogspot.com

会費カンパ制/ドリンクは要オーダー
*どなたでも気軽にご参加ください。


■ライブ "Blues Feeling I.T.O & P
Guitar & Voice Duo
2016年6月9日(木) 18:00〜
場所:八文字屋
投げ銭(ドリンク代別途)

伊藤久順(Gt) / パクジュノ(Vo)


■「追憶のほんやら洞」出版記念
 甲斐扶佐義写真展「1970年代の京都」
2016年4月29日(金・祝)〜5月5日(木・祝)
Open.10:00-18:00

★4月29日18:00〜ささやかなオープニングパーティ

場所:迦陵頻(仏具美術工芸品製造販売店)
京都市東山区下川原通八坂鳥居前下ル上弁天町440-1
電話 : 075-533-6160

■[ライブ] カオリンズの袖すりあうも八
2016年4月24日(日)
Open18:00 / Start 18:30

ハチ寄席from雑派倶楽部
立命館落研
・立の家福氏
・立の家桃んが
呑海氏フォト語り
ライブ

投げ銭(要ワンドリンク)

■[ライブ] 浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)&春間げん with 砂布均
2016年4月23日(土)
20:00〜

投げ銭(要ワンドリンク)

趙博ホームページ http://fanto.org

■[ライブ] カオリンズの袖すりあうも八
2016年3月20日(日)
Open19:00 / Start 19:30

甲斐扶佐義「フォト芝居」
林祐介+カオリンズライブ

投げ銭(要ワンドリンク)

■[ライブ] カオリンズの袖すりあうも八
2016年1月12日(火)
20:00〜22:00

ゲスト 中川五郎

投げ銭

■[ライブ] カオリンズのソデすりあうも八
2015年12月20日(日)
19:00 Open
19:30 Start
場所:八文字屋

投げ銭制 要ワンオーダー

●19:30〜
落語&マジック
落語演目
立の家福氏 「ちりとてちん」
立命亭仮眠 「のめる」

●20:50〜
ライブゲスト紹介とトーク

●21:00〜
吉田拓郎しか演奏しないバンド
マークⅣライブ

●21:30〜
カオリンズライブ

杉村昌昭さんを囲む忘年会
2015年12月18日(金) 18:00〜21:00
場所:八文字屋
会費:5000円 (飲み放題食い放題)持ち込み歓迎!

今年は、ほんやら洞全焼を初め、八文字屋周辺でもろくなことが起こりませんでした。
一年を終わるにあたって、厄払いの忘年会を持ちたいと思います。
先鋭な現代フランス思想の紹介・翻訳者、杉村昌昭さんが、あたかもその先導者に相応しく、マウリツィオ・ラッツァラート著「記号と機械」(共和国、共訳者は松田正貴氏、368頁、3400円+税)を出版されました。
これを刺身のツマにする忘年会です。
杉村さんには、豊富な経験に裏打ちされた生の声で、市民社会に潜む隷属を強いる資本主義の問題、世界で多発するテロの核心について一席ぶってもらう予定です。
かねてより、八文字屋で、わたしたち後進を叱咤激励する杉村さんの発言がその場限りで消えるのは惜しいと思っており、その一端を来春から復刊する「ほんやら洞通信」に収録する企画も立てております。この忘年会の発言をその第一弾とします。
世界の情勢は予断を許しません。お互い、老いてきてます。
その中を快活に生き抜く知恵を共有するチャンスを増やそうではありませんか。
友人を誘い合わせの上、参集下さい。
なお、当日は、上記「記号と機械」(共和国)を3000円でおわけします。
因みに、「共和国」の下平尾さんは、京都大学出身。学生時代、八文字屋のテーブルに散々落書きをして、賑やかな場を作ってくれていた快男児。「共和国」は今年出来たばかりの大変野心的な出版社で、今後の動向を注目される。

呼び掛け人 永澄憲史

■八文字屋映画会 4「新月の上映会」
2015年12月13日() 17:00〜/19:00〜
場所:八文字屋

「新月の上映会」第三弾!
会場は木屋町のヤポネシアンバー八文字屋!

前回の「爆裂都市」と「ホーリーモーターズ」に引き続き、寂びた未来都市とリムジンの組み合わせを最後の一発!!
今回は、 石井聰亙の鉄人暴走族とクローネンバーグが句読点まで原作に忠実に再現したドン・デリーロの「コスモポリス」!

ご期待あれ!!

↓上映作品&タイムテーブル↓

17時~
狂い咲きサンダーロード / Crazy Thunder Road
監督 : 石井聰亙 / Sogo Ishii
日本/1980年
https://www.youtube.com/watch?v=1tYy2WqLDV0


19時~
コスモポリス / COSMOPOLIS
監督 :デヴィッド・クローネンバーグ / David Cronenberg
フランス/2012年
https://www.youtube.com/watch?v=bN-Oa9ZnLbs


入場無料。要オーダー。
途中退場、飛び込み参加なんでもOK。

雑派倶楽部 ライブセレクションシリーズ vol.239
2015年12月6日(日) 19:00〜
場所:八文字屋

チャージ:投げ銭制 (ドリンクのオーダーが必要です)

【出演】
カオリンズ
バルタン
松山ベイブリッジ歌謡道場
立命館大学落語研究会

企画・雑派倶楽部 のぼりん

■西田勝彦写真展「六條辺りに吹く風は」
2015年11月14日(土)〜23日(月祝) 17:00〜24:00


場所:八文字屋

■八文字屋映画会 3「新月の上映会」
2015年11月15日() 17:00〜/19:00〜
場所:八文字屋

入場無料。要オーダー。

お待ちかねの「新月の上映会」第二弾がやってきました!
今回会場は木屋町のヤポネシアンバー八文字屋!

石井聰亙と レオス・カラックス、日本とフランス、奇才二人のダブルパンチ!
なかなか観れない映画なので、ハリウッド映画を見飽きたキミに!是非!

↓上映作品&タイムテーブル↓

17時~
爆裂都市 BURST CITY
監督 : 石井聰亙 Sogo Ishii
日本/1982年
https://www.youtube.com/watch?v=zS4p4ihS0QE


19時~
HOLY MOTORS
監督 :レオス・カラックス Leos Carax
フランス/2012年
https://www.youtube.com/watch?v=_YY3WaLvNi8

途中退場、飛び込み参加なんでもOK。

第3回 甲斐扶佐義「生前遺作集」精読
2015年11月8日() 17:00〜
場所:八文字屋

・第2回 2015年7月1日(水) 18:00〜(*終了しました)
・第1回 2015年6月15日(月) 17:00〜(*終了しました)

*ドリンクをご注文ください。

甲斐扶佐義が「ぼくはどのようにして写真の道を歩むようになったか」を、月2回ペースでしゃべる会。
写真との出会い、写真に対する考えをどう深めて行ったか、「生前遺作集」の紙背を深読みし、周辺の思想家のアイデアをどう取り入れ、活かしたかを平易に語る。
5回分で写真をふんだんに掲載した一冊の小冊子にするつもりです。

見聞きしに来てくれたみなさんの意見を活かし、その過程で写真集「美女と野獣」ができるように持って行きます。

■[ライブ] カオリンズのソデすりあうも八
2015年10月30日(金) start 21:00

場所:八文字屋

【出演アーチスト】
カオリンズ
ドラスワン
マークⅣ

*チャージなし。投げ銭(店内でワンドリンクご注文ください)

The Bonded ライブ
2015年10月28日(水)
open 20:30
start 21:00

場所:八文字屋

ノーチャージ
飲食代のみ‼

お時間ある方は遊びに来てください‼

■プロレス文化研究会
2015年10月24日(土) 14:00〜17:00
場所:八文字屋

U☆K ライブ
2015年10月18日(日)
start 20:30

場所:八文字屋

No charge(カンパ制)

Kei-K (a.sax)
take-bow (guitar)


■八田淳さんを偲ぶ会
2015年10月3日(土) 19:00〜22:00
場所:八文字屋
会費:2,000円

*八田淳氏を偲ばれるグッズ等をお持ちの方は、ぜひお持ちください。

■八田淳 遺作展
2015年9月22日(火)〜10月4日(日) 18:00〜24:00
場所:八文字屋

■浪花の歌う巨人・パギやん(趙博)
「怒!阿呆陀羅経」発売記念ライブ
2015年8月22日(土) 20:00〜
場所:八文字屋
投げ銭(*1ドリンクご注文ください)

【ご予約】080-3119-7074
【メール】info@fanto.org
【ウェブサイト】黄土(ファント)通信 http://fanto.org/

■中川五郎 投げ銭ライブ
2015年8月11日(火) 19:30〜
場所:八文字屋
投げ銭(*1ドリンクご注文ください)

■カオリンズ ライブ
2015年7月12日(日)
場所:八文字屋
投げ銭(*1ドリンクご注文ください)

■プロレス文化研究会
2015年7月4日(土) 14:00〜
場所:八文字屋

■八文字屋映画会
場所:八文字屋
無料
ワンドリンク注文頂けたら、嬉しいです。


・2015年6月27日(土)17:00〜 沖縄のドキュメンタリー、他
・2015年6月20日(土)17:00〜「気狂いピエロ」(監督:ジャン・リュック・ゴダール)
LinkIconYoutube予告編
・2015年6月14日(日)17:00〜「女と男のいる舗道」(監督:ジャン・リュック・ゴダール)

*毎週土曜日か日曜日の夕方、店主が見たい映画を楽しむ会をしています。

■DVD試写会
2015年5月30日(土) 20:00〜
場所:八文字屋

*試写会のチャージはなし。ドリンクをご注文ください。

「ほんやら洞日乗」出版記念パーティー(4/18)の映像と、名古屋の写真展&トークショー(4/25)の映像の試写会です。どちらも参加できなかった方は、ぜひお越しいただきご笑覧下さい。

ホテルという小宇宙
お散歩フォトグラファー 呑海龍哉のスケッチ展
2015年5月30日(土)〜6月21日(日)

14:00-20:00(最終日は17:00まで)入場無料
場所:八文字屋

*5/31(日)17:00〜19:00 オープニング・パーティー





ページトップへ

KG+ (KYOTOGRAPHIE satellite event)
 ロッキー・ローエ写真展「パプアニューギニアは、今」
 Rocky ROE Papua New Guinea Nowadays"
2015年4月17日(金)〜5月10日(日)
Open 13:00-20:00 入場無料
(*4/18は17:00-20:00、4/24, 4/25は休みます)

場所:八文字屋


Rocky ROE(ロッキー・ローエ)
http://www.rockyroephotographics.com/






企画:甲斐扶佐義
協力:パプアニューギニア大使館、佐藤真由美

ページトップへ

中川五郎ライブ「写真を歌う」
2015年4月20日(月) start 19:30
場所:八文字屋
チャージ:投げ銭(*1ドリンクご注文下さい)

ページトップへ

甲斐扶佐義著「ほんやら洞日乗」(風媒社)出版記念パーティー
2015年4月18日(土) 14:00 - 16:00
会場:京都平安ホテル 2F 東山の間
   京都市上京区烏丸通上長者町上ル(Tel. 075-432-6181)

http://www.kyoto-heian-hotel.com
会費:10,000円(著書、ポストカード付)

*出席をご希望の方は、甲斐までご連絡下さい。 →コンタクトのページへ

皆様
ひと雨ごとにきびしい冬から春の気配を感じる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
正月早々、火災に見舞われた私は、これを天佑と受け止め、第二の人生を切り開く所存です。
折りしも、「ほんやら洞日乗」が、皆々様に支えられながら刊行されることになりました。本書は、私の罹災前後の385日間の恥知らずのどん底日記で、はた迷惑なのは重々承知の上です。焼失した約200冊の40数年の日記帳の敵討ち(笑)に免じてご寛恕下さい。
当パーティに参集の皆様が何らかの形で登場しているはずです。
お友達をお誘い合わせの上、お越し下さい。
——甲斐扶佐義

【新聞記事】

ページトップへ